読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

池辺葵『雑草たちよ大志を抱け』

『繕い裁つ人』『プリンセスメゾン』の池辺葵が手掛ける最新作は青春群像劇である。主人公に選ばれているのは、クラス(=世界)の中心となってキラめくタイプではない。『雑草たちよ大志を抱け』というタイトルが示すように、誰にも気づかれることなく、無邪…

レイモンド・ブリッグズ『さむがりのサンタ』

寒い日があまりにも続くようならば、「クソっ!さむい さむい」てな具合に悪態をついてみるのもいい。そうでもしないと暖まらない、途方もない“寒さ”というのは確かに存在するのだから。イギリスの絵本作家/イラストレーターの巨匠レイモンド・ブリッグズの…

最近のこと(2017/02/11~)

少し早起きして、近所のミスタードーナッツでモーニングを楽む。原田治への追悼、というわけでもないのだけど。ホットコーヒーとハニ―ディップとシナモンオールドファッション。シナモンのドーナッツが好きだ。子どもの頃、日曜出勤の父を家族で駅まで見送る…

坂元裕二『カルテット』5話

30分の放送を経て、やっとのことタイトルバックが現れる。その直前に披露されるのはカルテットによる実に幸福な路上演奏だ。1話のオープニングを思い出したい。路上でチェロを独奏する世吹すずめ(満島ひかり)に足を止めるものはいなかった。誰からも耳を傾…

ティム・バートン『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

バートンお得意のゴシック調のおどろおどろしいOPから一転、”フロリダ”というクレジットとともに、太陽が燦々と照りつけるビーチが牧歌的に映し出されるのには思わず笑ってしまう。主人公ジェイクが働くドラッグストアでのクラスメイトとの一連のやりとりを…

最近のこと(2017/02/06~)

職場が変わって(引っ越した)、30分ほど早く起きるようになった。電車が空いてるかなと少し期待していたのだけど、むしろ混んでいて座れない。世の中の人は思っているよりも早起きだ。これまでは辺鄙なところに通っていたのだけども、新しい職場はわりと都…

坂元裕二『カルテット』4話

軽井沢の別荘にゴミが溜まっていく。なるほど、カルテットのメンバーは皆一様にして”捨てられない人”だ。たとえば、すずめ(満島ひかり)ならば同僚からの”出てけ”のメモを引き出しが一杯になるまで溜め続けていたし、巻(松たか子)は失踪した夫の靴下をそ…

モリナガ・ヨウ『築地市場 絵でみる魚市場の一日』

イラストルポというのが好きだ。圧倒的な密度の情報を記憶し、記録し、分類し、イラストという形で再構築する。それは何かがそこに確かに”在った”という事実に、ペンでもって挑むことだ。あぁ、かっこいい。憧れる。中でも1番のお気に入りはモリナガ・ヨウで…

かもめんたる『ノーアラームの眠り』

かもめんたるは凄いぞ。第18回単独公演『ノーアラームの眠り』もまた最高傑作を更新するかのような完成度。全てのコントが高水準であったけども、中でもとりわけ気にいったのは「山菜狩り」「相談」「フードファイター」の3本。「山菜狩り」はかもめんたる的…

最近のこと(2017/01/30~)

花粉症のはじまりを感じている今日この頃です。駅から職場に向かう途中で、小さな娘を肩にかついで通勤する超人スタイルの大柄なサラリーマンによく遭遇する。肩の上でいつもご機嫌の娘ちゃんがかわいくてすっかりその親子のファンなのだけども、初めて見か…

坂元裕二『カルテット』3話

親子でしょ? という岩瀬純(前田旺志郎)の屈託のない問いかけが、世吹すずめ(満島ひかり)に纏わりつく”呪い”をギュっと締めつける。20年以上音信を絶っていた父の危篤。家族の死に目には駆けつけるのがホームドラマの定石、いや、この世界の”常識”のような…

坂元裕二『水本さん』

現在、TBSドラマ『カルテット』が絶賛放映中の脚本家、坂元裕二が2016年度より東京藝術大学大学院において映像研究科の映画専攻・脚本領域で教授として教鞭を振るっているのをご存じでしょうか。2005年に設置されて以来、北野武、黒沢清、筒井ともみなど錚々…

最近のこと(2017/01/23~)

youtu.be 三寒四温の意味を身体に教え込まれているような気候ですね。たまに夜が春の匂いでドキドキします。「春の夜の匂いだ」と我々に思わせるあの感じは何に起因するのだろう。こういう匂いが春の夜の匂い、とはどうにも定義しがたいあの感じ。 月曜日。…

NHK『ドキュメント72時間』〜宮崎 路上ピアノが奏でる音は〜

『ドキュメント72時間』の1/27放送回「宮崎 路上ピアノが奏でる音は」が実に素晴らしかった。この『ドキュメント72時間』という番組の魅力を端的に表現しており、早くも今年度ベストに推したい気持ちを押さえられません。ナレーションは昨年デビューながら既…

坂元裕二『カルテット』2話

言葉と気持ちは違うの! この家森諭高(高橋一生)の叫びがまさにこのドラマの見方を端的に示している。巻真希(松たか子)が「わたし、弾けない」「無理です、わたし上手く弾けません」などと囁けば、次のカットでは必ずや活き活きとヴァイオリンを演奏する…

バカリズム×オークラ『住住』

バカリズムとオークラが脚本を手掛け、バカリズム、オードリー若林正恭、二階堂ふみの3人が本人役で出演。もしも、3人が同じマンションの同じ階に住んでいたら・・・を描くシチュエーションドラマだ。主題歌はなんと我らがEnjoy Music Club「そんな夜」だ。…

大童澄瞳『映像研には手を出すな』1巻

『映像研には手を出すな』は抜群に面白い漫画である。こちらがデビュー作という大童澄瞳はなんと若干23歳。まさに「新星、現る」である。 浅草みどりはアニメ制作がやりたいが、一人では心細くって一歩が踏み出せない。 そんな折、同級生のカリスマ読者モデ…

ナカゴー『ベネディクトたち』

超人ベネディクトとその周辺の人々との摩擦の話で60分。ちょっとどうかしているほどにおもしろい。物語の話法にしろ、ぶち込まれるギャグの発想・発話にしろ、他の何ものにも似ていない”笑い”がここにある。というよりも、あらゆる笑いの文法がパッチワーク…

最近のこと(2017/01/12~)

東京メトロの広告、1月は石原さとみがホームズ的な探偵の格好をしていて、大変良い。しかも、舞台は中野ブロードウェイ。小原愼司の『菫画報』的だ。1月ということで、部屋が寒い。暖房が苦手なのでコタツから出れません。なんでも今の時期が寒さの底である…

坂元裕二マニアのみなさん、こんばんは

坂元裕二マニアのみなさん、こんばんは。みなさまにおかれまして、TBS火曜ドラマ『カルテット』の放送が開始され、俄然盛り上がってきた事と思います。坂元裕二マニアへと邁進すべく、日々研鑽を重ねる中で、ある重大な事実に気づいていました。わたくしはち…

坂元裕二『カルテット』1話

坂元裕二が脚本を手掛ける新作ドラマ『カルテット』の放送が開始された。『問題のあるレストラン』(2015)にしても『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016)にしても意欲作であり、充分に我々の琴線を揺さぶってきたわけであるから、こうい…

こだま『夫のちんぽが入らない』

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間を含めて二十年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。 なんという”いきなりさ”だろうか。どう転んだって面白そうな導入だ。”普通ではない”物語を覗けそう、と…

大島弓子『秋日子かく語りき』『ロングロングケーキ』

あなたは大島弓子を読んでいるだろうか。その眩いばかりの傑作群は、漫画作品のみならず現行のあらゆるジャンルのポップカルチャーに根強く影響を与え続けており、今なお必修のテキストなのである。*1いや、そういう言い方は違うかもしれない。大島作品を読…

ホセ・ルイス・ゲリン『ミューズ・アカデミー』

台詞の詳細を追いかけようとすると、一部のインテリ層を除けばすぐに置いていかれてしまうだろう。ベアトリ―チェ、エロイーズetc・・・記号的にしか見聞きしたことのない創造のミューズ達を巡る教授と学生の文学的対話、或いはジェンダー論、芸術論。その矢…

大久保「Spicy curry 魯珈」の極上ハイブリット

2年前の八角旋風、1年前のビリヤニとの衝撃的な出会い。スパイス革命により、私の味覚は地殻変動を起こしている。世界の中心は台湾とインドにあり。とりわけ台湾のソウルフードであり、日本人の味覚にも最も適した魯肉飯にはもうメロメロ。日本でも、台湾料…

石山さやか『サザンウィンドウ・サザンドア』

団地やマンションの均等に並んだたくさんの窓の灯りを遠くから眺めていると、あの灯り1つ1つに自分は決して知り得ることのない無数のドラマがあるのだ、と密やかな興奮を覚える。というような事を何気なく女の子に話したら*1、「私はそれってゾッとするな」…

大石静『しあわせの記憶』

MBS開局65周年を記念して制作された新春ドラマ『しあわせの記憶』を観た。渡辺謙が出ているなら、というくらいの軽い気持ちで眺めていたのだけども、気付けば完全に魅了されてしまった。まずもって役者陣がいい。渡辺謙の屈強さと軽みは言わずもがな、北川景…

伏原健之『人生フルーツ』

『人生フルーツ』は大変素晴らしい作品である。『平成ジレンマ』(2011)、『死刑弁護人』(2012)、『ヤクザと憲法』(2015)など数々の傑作ドキュメンタリーを生み出している東海テレビが手掛けた新作劇場版。カメラに収められているのは名古屋のベッドタ…

最近のこと(年末年始)

あけましておめでとうございます。年末年始の休暇の為に1年間を過ごしていると言っても過言ではないというのに、風のように過ぎ去ってしまった。今、我々は年末年始から1番遠い場所にいるのだ、と思うと涙が零れそうではありませんか。絶対に迎えに行くから…

木皿泉『富士ファミリー2017』

洗いたてのコップみたいな夜か 生まれ変わろうかな こんな宝石みたいな台詞が当たり前のようにポンポンと飛び出してくるのだからたまらない。木皿泉の作品をして「あまりに誰もが誰もいい台詞を吐き過ぎる」といった批判があるのは理解できなくはないのだけ…

2016 BEST MOVIES 20

1.片渕須直『この世界の片隅に』 2.ジャン・ゴンジェ『ひと夏のファンタジア』 3.クリント・イーストウッド『ハドソン川の奇跡』 4.黒沢清『クリーピー 偽りの隣人』 5.リッチ・ムーア/バイロン・ハワード『ズートピア』 6.ロン・ハワード『ザ・ビートルズ …

『SMAP×SMAP』最終回スペシャルによせて

『SMAP×SMAP』最終回ですが賛否両論、いや、何やら批判のが大きいようです。確かにその結末はとてつもない”不条理劇”、やるせなさと悔しさと哀しさで頭がおかしくなりそうでした。ラストパフォーマンスの「世界に一つだけの花」も舞台演出など含めて、私たち…

欅坂46『初ワンマンライブin有明コロシアム』

欅坂46の初の単独ライブの2日目を有明コロシアムにて目撃!これがもう”夢”のような楽しさで、ステージが終幕に従うに連れ、その”夢”から現実に引き戻される寂しさには思わず落涙を禁じえないほどでした。素晴らしい芸術というのは、そういった”寂しさ”を必ず…

最近のこと(2016/12/15~)

youtu.be 最近1番好きなクリスマスソングは断トツでこれ。もうすっかり年末気分で浮足立ち気味です。1年で1番いいもんな、年末は。ここのところ、妙に暖かくてちょっと不満です。どうせなら、年末は厚手のコートで木枯らしに吹かれたい。マフラーを君と同じ…

野木亜紀子『逃げるは恥だが役に立つ』最終話

みくりさんは自分の事を”普通じゃない”と言うが 今更です とっくに知ってました たいしたことじゃありません 僕達は最初から普通じゃなかった という平匡(星野源)の台詞にもあるが、このドラマの登場人物はみな一様に、世間一般で言うところの”普通”に該当…

2016 BEST MUSIC 30 

年間ベストの季節ですね。年々モチベーションは下がってきているのですが、そもそもブログを始めたのはこういうことがしたかったからのはず、という原点回帰で楽しんでいきたいですね。ブクロ最高!はて、ときに何故これまでかたくなに1位からドーンと表示し…

最近のこと(2016/12/05~)

最近のこと。またしても間が空いてしまった。理想としては1週間単位で書きたい。そういえば、ここに書き忘れていたのだけど、EMCの松本壮史さんがブログに「青春ゾンビ」のことを書いてくれたのです。 ssmtmt1988.hatenablog.com うれしい。黙々と書き続けて…

野木亜紀子『逃げるは恥だが役に立つ』10話

いやはや、10話も面白かったですね。輪ゴムからコンドームを連想するガッキ―なんて!セクシー禁止女優の新垣結衣を逆手にとった演出の数々は逆にエッチで大変けしからん。頑なに眼鏡を外さない平匡(星野源)と、おそらくお気に入りであろう白い洋服を着てナ…

野木亜紀子『逃げるは恥だが役に立つ』1〜9話

このブログをお読み頂いている方ならご承知の事かと思われますが、私、星野源のことが好きで好きで好きでして。好き過ぎるあまりに、彼の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にしっかり向き合うことができていなかったのです。しかし、それでは歪んだ愛だ…

ウェルビー名古屋紀行

名古屋に行ってきました。高速バスを使った格安1泊2日コース。目的はただ1つ、全国のサウナー憧れの地”ウェルビー”でございます。サウナ&カプセルホテルの施設(残念ながら男性専用)でありまして、そのサウナの質、独創性は他の追随を許しません。サウナ…

松本壮史『日本郵便WEB CM 「SNSでつながるあの子』篇』

日本郵便のWEB CM「SNSでつながるあの子」編、ご覧になられましたでしょうか。「住所を知らない相手でも、SNSのIDだけで年賀状が送れるよ―」というサービスのCMなんですけども、これがまっこと素晴らしいのだ。SNSで知り合った、まだ顔を合わせたこともない…

『M-1グランプリ2016』感想

今田耕司、上戸彩の盤石の司会・進行、シンプル明瞭なシステムによる賞レースとしてのカタルシス、昨年の復活で改めて痛感させられた『M-1グランプリ』というコンテンツの優秀性に加え、オール巨人、上沼恵美子、松本人志といったレジェンド級が審査員復活(…

panpanya『動物たち』

キャラクターを俳優に見立て、同じ特徴の人物をあらゆる作品に抜擢する「スター・システム」というのが漫画界にあって、手塚治虫作品におけるヒゲオヤジやロックといったキャラクターを思い浮かべて頂くとわかりやすいだろうか。これまでに発表された単行本3…

大山「しゃぶ亭福家」

東武東上線の大山駅に「しゃぶ亭福家」というオススメのしゃぶしゃぶ屋さんがある。駅と隣接した商店街(都内最大級)ハッピーロードに40年、軒を連ねる老舗。しゃぶしゃぶ屋というと敷居が高い印象がありますが、こちらにはそんな壁は一切ございません。お…

最近のこと(2016/11/25~)

最近のこと。やばい、全然覚えていない。この2週間くらい一体何をしていたんだろう。「最近のこと」は書きそびれる度に記憶から零れ落ちていく。「松屋」で豚テキ定食を食べたのは覚えているな。デフォルトでサラダにポテトがついていたのがうれしかった。こ…

坂元裕二×満島ひかり×松たか子×高橋一生×松田龍平『カルテット』制作発表!!

あぁ、こんなに素晴らしいことってあるだろうか!この度、情報が解禁されました2017年1月からのTBS火10ドラマ『カルテット』の話です。脚本は我らが坂元裕二!もう、わたくしめなどは”坂元裕二”という4つの漢字の連なりを目にするだけで、心がウキウキしてし…

ジャド・アパトー『LOVE』

ジャド・アパトー(『40歳の童貞男』『フリークス学園』)が制作総指揮をつとめるNetflixオリジナルドラマ『LOVE』は必見である。インテリ眼鏡の優男ガス(ポール・ラスト)とドラッグ&アルコール中毒かつ恋愛依存症のミッキー(ジリアン・ジェイコブス)と…

こうの史代『長い道』

この『長い道』という作品は、映画『この世界の片隅に』がヒット上映中のさなか、改めて手にとるべき1冊と言えるだろう。1話3~4ページからなる「ほのぼの夫婦漫画」の体をとりながらも、こうの史代のイマジネーションが自由気ままに炸裂した作品でもある。S…

井口奈己『人のセックスを笑うな』

朝方、空は白む直前、夜通し遊んだ帰り道だろうか、3人の若者を乗せたタウンエースが疾走し、トンネルに差し掛かる。そこで、若者は或る女に遭遇する。女は何故か靴を履いていない。 「幽霊かな?」 「いや、足あったから幽霊じゃないでしょ」 何やら終電を…

鳥山明『COWA!』

「お~怖っ」(Ⓒガリガリガリクソン)って誰かが言ったら、「誰が”鳥山明先生の次回作にご期待下さい“じゃい」と返さなければいけない、という謎のルールが親しい友人との間にあって、これは勿論、鳥山明の『COWA!』という短編作品に起因しているわけなので…