青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと(2021/09/08~09/12)

f:id:hiko1985:20210913135931j:plain

2021年9月8日水曜日

ひさしぶりの在宅勤務。「cafe Europa」という喫茶店でモーニング。わりと近所にあるにも関わらず、平日しか営業していないので、1年間もその存在に気づかなかった。ここも雰囲気があり、珈琲も美味い。店内は冷房が効いておらず少し暑かったのだけど、とても太ったサスペンダーの常連さんらしき人が来店したら、冷房がプスプスと音を立てて入り出した。気遣いのできるお店です。

9時からパソコンの前に座って仕事。昼は家で軽く済ませて、The Beach Boys『Surf’s Up』を聴いて、休憩。「Disney Girls」の美しさにため息。18時まで真面目に働く。Official髭男ismの福井公演の落選のメールが届いて落ち込む。しかし、なんとしても「Shower」を生で聞きたいので、まだ懲りずに申し込む所存。業務を終えて、セブンイレブンに夜ご飯を買いに行く途中で職場の上司に会った。近所には転勤組がたくさん住んでいて、少し気まずいのだ。上司はランニングに出かける様子だった。

『有吉の壁』がお休みなので、プロ野球中継の阪神戦を観る。大阪では阪神戦はだいたい地上波で放送しているからすごい。豆腐とキムチとゆで卵をサントリーの「のんある晩酌 レモンサワー」で流し込み、デザートに井村屋の「ごろろん果肉アップルパイバー」を食べる。これも新作なのだろうか、とても美味しい。10月から空気階段の地上波初の冠番組が始まるという報があって、とても楽しみ。『有吉クイズ』のレギュラー化もうれしい。あと、緊急事態宣言が延長とのこと。Paraviで『想い出づくり。』の3話を観る。田中裕子が断トツだけども、鈍くさい森昌子もかわいい。そして、暴走する柴田恭兵。22時からは『水曜日のダウンタウン』を観た。『キングオブコント』の審査員が変わるらしい。寝る前に昨日の『爆笑問題カーボーイ』を聴く。ネタ合わせの時に田中さんがコンビニで太田さんの分のお菓子も買ってくるくだり、何回聴いても好き。

2021年9月9日木曜日

仕事の精神的疲労がしんどい。車の中で、昨夜のオードリー若林がゲストの『星野源オールナイトニッポン』を聞いた。すばらしき言語化能力のぶつかり合い。『アルコ&ピースD.C.ガレージ』のTKO木本ゲスト回の立ち回りも、様式美という感じで良かった。帰り道はKREVAのニューアルバム『LOOP END/LOOP START』を聴く。気持ちいい音。Benny Singsの新曲「Dancing In The Dark」も聴いた。あと、BTS「Butter(feat.Megan Thee Stallion)」のダンスパフォーマンス動画が最高過ぎて8回ほどリピートして観入ってしまった。Official髭男ismの大阪城ホールの公演に当たってうれしい。

帰宅して、ご飯を食べながら『家、ついて行ってイイですか?』の録画を観る。今、1番好きなテレビ番組かもしれない。今期から始まったテレビドラマ版はちょっと厳しいけども。TVerで観た『霜降りバラエティー』の「石川と佐々木に戻ろう!!大阪リベンジャーズ」がとてもいい企画だった。10月から時間帯降格らしい。テレビ朝日のバラエティーおもしろいんだけども、好きな番組はだいたい終わっていく。『伯山カレンの反省だ!!』の復活求む。『トゲアリトゲナシトゲトゲ』『ぼる塾の煩悩ごはん』『にゅーくりぃむ』『キョコロヒー』『かまいガチ』あたりは気が向いた時に観ています。

『ハライチのターン』を聴いてから寝る。結局この日までにマイクロマジックポテトは手に入れることができなかった。最後のポテトの放流のシーンのイマジネーション、素晴らしい。2人のフリートークの聞いていて自意識が疲れない感じとか、何周か回って今1番身体に合うラジオ。

2021年9月10日金曜日

朝起きてすぐに何かしらのラジオを流すようにしている。話芸で脳みそを起こす。この日は『安住紳一郎の日曜天国』のポッドキャスト版を聴いた。スロベニアという国が異様に蕎麦を消費しているという話。この間の『古舘伊知郎オールナイトニッポンGOLD』で話していた、安住紳一郎古舘伊知郎の「薬局ドリンク売り」を一晩徹夜して完コピした後に「先輩がバラエティーに戻ってきてくれた」と泣いた、という『ぴったんこカンカン』の映像が観たいんですが、どこかに転がっていませんかね。どちらも悪人という感じが好き。安住さんにも古舘伊知郎の『トーキングブルース』みたいなライブをやって欲しいのだけど、才能に溢れながらも局アナサラリーマンに縛られているところも魅力なんだよな。ときに古舘伊知郎とわたしの母親は小学校の同級生らしい。

大塚誠也のSOY JOYの抹茶&マカデミアを食べて、歩いて会社に向かった。ZOOMで参加しないとイベントがあったので営業所で内勤。新入社員が2週連続で事故って落ち込んでいたので、お昼ご飯を奢ってあげた。事故の話を聞く以外、特に話すことなし。喫茶店キーマカレーが温くてあまり美味しくなかった。3時間ほどオンライン上で話を聞いていたのでどっと疲れる。

帰宅すると頭痛。このところ、金曜日を終えると頭が痛くなる。なんとなく買ったものの読んでいなかったスーパーマーケット特集の『dancyu』に目を通す。「スーパーオオゼキ」がとても褒められていた。大阪にはないな、オオゼキ。「コモディイイダ」も「いなげや」も「OKストア」も「サミット」もないな。わたしは長野県にたくさんある「ツルヤ」というスーパーが好き。品揃えが良くて、ワクワクする。「ツルヤ」の軽井沢店はあの『カルテット』にも何度も登場するのだ。インスタで長濱ねるさんがレコードプレイヤーを買ったとBruno Major『A Song For Every Moon』を回していたので、ひさしぶりに聞きたくなり流す。長濱ねるのインスタ投稿にめちゃくちゃ影響を受けていて、彼女が久石譲のコンサートで聞いて感動したという「アシタカとサン」という曲を、最近よく聞いています。劇中のどこで流れていたかまったく覚えていないけどとても美しい曲。人の薦めているものを好きになるのが好きだ。冷蔵庫に入れてある大量のキムチが臭い。このところキムチと納豆と豆腐ばかり食べているのは、来週の月曜日に健康診断なので、健康体に向けての悪足搔きなのだ。ときに、納豆って“小粒”とか“極小粒”ってやつでも、「思っているより全然大きいな」となりませんか。わたしは大粒の納豆って食べたことがないのかもしれません。

2021年9月11日土曜日

何の予定もない土曜日。朝起きてすぐに喫茶店「リヴォリ」へ。1番お気に入りの席が空いていたのでうれしい。週替わりメニューは今週も絶品。豚肉と大葉とチーズのピカタ。焼き玉葱の付け合わせも美味しい。食べ終えても、まだじっくり本を読みたい気分だったのでアイスウィンナーを追加。生クリームが美味しい。神保町にある東京堂書店の店長だった佐野衛が日記や本への想いを綴った『本の気配 書店の棚』を読み終えた。佐野衛が「クラシックはバッハしか聞かない」「バックハウスのバッハの1枚は大切にしないといけない」と書いていたので、Spotifyで検索して、Wilhelm Backhaus『Bach Recital』を聞いた。便利な世の中になった。また、本書には立花隆がよく登場する。『エーゲ 永遠回帰』が読みたくなったので、今度本屋に入ったら買おう。本を読んでいく中で次に読みたい本が生まれてくる。これは読書という体験の中におけるとびきり楽しい効果のひとつ。以前、爆笑問題の太田さんがラジオで紹介していた立花隆が宇宙飛行士たちにインタビューしたものをまとめた『宇宙から帰還』も手をつけていなかったので一緒に読もうと思う。立花隆というと、学のないわたしにはどうしてもまず連想されるのが映画『耳をすませば』での雫の父親に声をあてたあの朴訥とした音だ。立花隆本人も、雫の父親のあの感じのルックスをイメージしてしまう。

三四郎がゲストの『佐久間宣行のオールナイトニッポンZERO』を聴きながら、1週間分溜まった洗濯と掃除を済ませる。週に1回の植物への水やりも土曜日。ウンベラータはずっと元気なのですが、シュフレラは元気がないのでベランダに出してみたら猛暑の日差しであっという間に枯れてしまった。Park Hye Jin『Before I Die』を聴きながら少し散歩をする。「古書 象々」で中川李枝子・山脇百合子『なぞなぞえほん』を300円で購入。詩のような謎々にかわいいイラスト。ぐりとぐらも登場する。対象年齢が4歳からとのことなので、2歳の甥っ子がもう少し大きくなったらあげようと思う。吉田健一の『東京の昔』がハードカバーで置いてあり買いそうになったが我慢。読んだことある本を別版で買い揃える行為は自重しよう。お昼に堺筋本町寄りの北浜にある「ニュー上海」で天津カレー炒飯を食べる。所謂「バカが食う食べ物」ってやつだが、抜群に美味い。量が多すぎるので、夜ご飯を美味しく食べる予定がある人は注意が必要です。北浜には駅の近くに「龍門」という中華屋もあって、ここも天津カレー炒飯が有名らしい。姉妹店なのだろうか。

帰宅して、The Pharcydeの2ndアルバムを流しながら仕事。The Pharcydeを聴くと、いつも「これ好きだと思うからあげるよ」と1stアルバムをくれたバイト先の先輩を思い出す。わりとかっこいいし、人柄もいいのに、なぜかいつも辛酸を舐めているという人生を損しているタイプの人で、その要領の良くなさが好きで、わたしはなついていた。バイト後に真夜中に公園でダベったり、家に遊びに行ってヒップホップのCD
を聞かせてもらったりしていた。冴えない日々だと思っていたが、振り返れば青春そのものだな。

サム・ライミスパイダーマン』をNetflixで視聴。ジョン・ワッツ×トム・ホランドの今のスパイダーマンは最高にキュートで大好きなのだけど、ライミとトビー・マグワイアスパイダーマンはとにかく鬱屈としていて、これはこれで好き。ウェブシューター(手首から放出させるクモの糸)が、発散するこのできなかった性欲の放出にしか見えない。逆さまに宙吊りになってのキスシーンは白眉。昔はビッチが過ぎると思っていたキルスティン・ダンストンのMJだが、田舎のカーストトップが都会で堕ちていく生々しさが、今観ると切実だ。『ゴッドタン』のみなみかわフューチャー回、良かった。

2021年9月12日日曜日

起きてすぐに湯を溜めて、朝風呂に入りながら読書。『エリック・ホッファー自伝』を読み進めた。手に取る本に“盲目” というモチーフが妙に続く。風呂から出て、YouTubeチャンネル『五反田ガレージ』の猫の動画をひたすら観ていた。会長(千住猫)と新入り猫の邂逅を捉えた動画は珠玉で声に出る。会長が実にいじらしい。森田と山根マネージャーの猫への愛情の注ぎ方が素晴らしくて、さらば青春の光がますます好きになってしまう。溜まっていた『さらば青春の光がTaダ、Baカ、Saワギ』を聴く。パンサー向井と東ブクロのラジオスターを巡っての争い、最高。

やることがなく、天気も悪く、やる気も沸いてこないので家に引き籠る。マクド月見バーガーUber Eatsで注文。サム・ライミスパイダーマン2』を観ながら食べる。そのままソファーに寝転んで『スパイダーマン3』まで観終える。明日、健康診断なのにすごく身体に悪い生活をしてしまっている。

家から一歩も出ないのもなんなので、近所を少しだけ散歩。Nancy WilsonとCannonball adderleyのアルバムを聴いた。スギ薬局で目薬、セブンイレブンでオマールエ海老のビスクを買って帰り、豆腐と納豆と一緒に食べた。採血があるので、21時以降は何も口にしてはいけないとのことなので、なんだか落ち着かなくなる。テレビで『爆笑問題霜降り明星のシンパイ賞』と『テレビ千鳥』を観る。続けて、Tverで『かまいたちの知らんけど』を観る。これが実に素晴らしくて、最近のテレビでは1番グッときたかもしれない。濱家が37年間通ったスーパーである「イズミヤ上新庄店に別れを告げるという特別編なのだけども、まさに五感と記憶を巡る最高のドキュメント。必見です。スギ薬局で歯磨き粉を買うべきだったな、チューブを絞る。歯を磨く時はだたい手にスマホか本を持っているので、この一行程がとても億劫だし、歯磨き粉は言うほど粉じゃない。