青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

今週のこと前半

月曜日。退社後、下北沢空間リバティへ。三四郎、浜口浜村、ドリーマーズによる『三組のライブ(仮)』へ。このライブは平日の下北沢であろうと駆けつけたいと思っている。ときに、現在の下北沢の駅は、東京に存在する全ての駅で1番使いづらいんじゃないかしら、いや、まじで。完成形ではないとはいえ、あの乗客の動線の描けてなさは異常。すべての工事早く終わりますように。話を戻して、『三組のライブ(仮)』なのですが、1500円というお値段でトーク3本、ネタが各組2本、企画2つという構成の大ボリューム。とにかく楽しい。現行の漫才師で好きな3組を挙げろ、と言われたらもうこの3組でいいかもしれない。この日はドリーマーズ(人力舎)がとにかくたまらなかった。

テンポも悪いし、ワードチョイスも適切じゃないし、滑舌も良くないけども、素晴らしい。アノラックが良く似合う漫才師だ。この日に披露していたネタはバナナマンの世界観をブラックマヨネーズでグチャグチャにする、みたいな漫才で、なんかもう最高でした。浜口浜村がこのライブで披露する漫才はだいたいネジが外れ過ぎている。外でやったら信じられないくらいスベりそうだけど、好きと言わざるを得ない。三四郎、1本目は好きなネタ。2本目はこの間の『ライラックブルー』で披露していたネタだった。ちょこちょこ変わっていた。「〜であれよ!」「〜だろがい!」という小宮さんの2つはここ数年で凄くはやるのではないかと思う。小宮さん・浜村さんのトークで、出会った頃の話が聞けたのがよかったな。浜村さんが「ずっと面白いと思っていたけど、小宮のかわいさ(面白さ)がブラウン管越しでも伝わる事に驚いているよ」と言っていた。8月に大阪でこの『3組のライブ(仮)』を開催するそうなので、関西方面の方はぜひ。


気圧にやられて、頭痛。ロキソニンを飲んだ。薬と言えば、もう花粉症終わりそうだしいいか、とアレグラを飲むのを止めたら、途端にクシャミと鼻水が止まらない上に2日後には喉をやられた。アレグラってむちゃ効いてますわ。大野くんありがとう!大野くんって最近CMめちゃくちゃ出ている気がする。Jr時代から歌とダンスが上手だったけどミュージカル専門組という感じで、まさかこんな人気者になるとは誰が予想しただろうか。僕は大阪くんとかも好きでしたが、元気でやっているのだろうか。小原くん、高橋くん、浜田くん、国分くんにタキ翼+川野くんに嵐の面々がいたジャニーズJr黄金時代について。『りぼん』読んで、Jr観て、私は小学生時代、ゴリゴリの女子だったのかもしれない。



火曜日。仕事を早めに抜け出し、池袋の映画館へ。私立恵比寿中学の武道館ライブをライブビューイングで鑑賞。まさかの17時半スタートで1時間以上は見逃してしまう。約2年ぶりに観るエビ中のライブはいい意味であまり変わっていなかった。ひなたが妙にアンニュイになっていたり、裕乃さんがエンターテイナーとして美しく進化していたりはしましたが、基本的にみんなキャラクターが変わっていなくて安心しました。会場で観るとまた違うのだろうけど、カメラの俯瞰だと、歌もダンスもまだまだ下手っぴでかわいらしかった。けど、オーラが出ていましたね。しかし、安本さんいい子過ぎるな。もらい泣きしそうになった。私は安本・美怜推しです。ぁぃぁぃの鬼の神様のようなダンスも最高だった。

エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~

エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~

エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~』を通勤中聞いて予習ばっちりだった「約束」「イッショウトモダチ」「また明日」のまっすぐさも素晴らしかったが、改めて聞く「えびぞりダイヤモンド!!」とかたまらないですね。オルタナティブアイドル。前半にやってしまったようで聞けなかったけど「オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜」「エビ中1週間」とかほんとどうかしている。歪さが音楽になっているというか。

ヒャダインさんのペンが再び冴えわたる事を祈ります。「ほぼブラジル」「頑張ってる途中」も間に合いたかったなー。音源を聞きながら帰ったけど、やっぱり杉山勝彦とさつきがてんこもりの楽曲は最高過ぎる。「ガリ勉中学生」「売れたいエモーション」「無限ルーパー」もやって欲しかったな。久しぶりに聞き返した『中人』は思っていたよりもいいアルバムだった。
中人

中人

でも、スタッフ側の演出とか客のノリとかはやっぱり肌に合わない所があるのが正直な所だ。個人的には夏のライブの発表とかは後日でいいので、この日のライブは最後まで3人に花を持たせてあげて欲しかったな。武道館のチケットは7000円もするので、ライブビューイングには中高生のファンがたくさんいました。でも、3000円もするんですよね。会場によるのかもしれないけど、サンシャインシネマのスクリーンと音響はわりとひどいものだったので、この値段設定には不満。すぐ慣れたけど、開始30分くらいはずっとガッカリしていました。前に観た宇多田ヒカルのライブビューイングがとてもよかったので、過度な期待を持ち過ぎたのかもしれません。ライブ後、映画館の目の前にあるデニーズでジャンバラヤを食べる。

デニーズ40周年記念で、復活希望を募ったところ1位だったそうな。『めしばな刑事タチバナ』効果だろか。確かに強い懐かしさがあった。




帰宅して『Fライフ』を読んでいたら、著名人の選ぶF作品ベスト3という企画ページがあって興味深い。自分だったら・・・と考えるも、3本に絞るのは本当に辛いことです。SF短編集を入れるとキリがないので除外するとしたら『ドラえもん』『エスパー魔美』『モジャ公』かしら。しかし、『オバケのQ太郎』『T・Pぼん』『パーマン』『チンプイ』『21エモン』といたマスターピースを外すのは心が痛む。後、小さい頃は『ジャングル黒べえ
ジャングル黒べえ (藤子・F・不二雄大全集)

ジャングル黒べえ (藤子・F・不二雄大全集)

が世界で1番面白いギャグ漫画だと思っていた。西尾維新ドラえもんの大長編で3本選んでいて、1本目(1位?)がなんと『のび太の日本誕生』だったのが、なんだか意外でグッときてしまった。『のび太の日本誕生』というと、高校の頃、同じく藤子マニアである部活の先輩と「ドラえもんクイズ」を出し合っていて、先輩が「ギガゾンビの本名は?」と聞いてきたのにはまいった、という思い出。知るわけない。



水曜日。土曜日に結婚式があるのでスーツをクリーニングに。結婚式ラッシュがまだまだ続く。近所にいくつかあるクリーニング屋はどこも混んでいて、スムーズに出し受けできた試しがない。後、クリーニング屋の客ってどこか店員に対して高圧的じゃないですか?気のせいですか?いつもピリピリしたムードが流れていて苦手です。帰宅して、『弱くても勝てます』の1話を観る。

木皿泉作品や昨年の『泣くな、はらちゃん』の河野英裕プロデューサーの作品。今回もクドカン作品とキャストをかぶらせてきている。というか『あまちゃん』から4人。正直「う〜ん」という感じだが、ドラマ自体はそれなりに面白かった。これからもっと面白くなっていって、キャスティングのあざとさを吹き飛ばして欲しい。木皿泉の次のドラマは自身の小説『昨夜のカレー 明日のパン』(感想:http://d.hatena.ne.jp/hiko1985/20130516/p1)らしい。BSプレミアムってたぶん観られないけど、楽しみにしておこう。まどマギ新房昭之が総監督を務める『メカクシティアクターズ』の1話も観てみたけど、まだ面白いのかよくわからない。『僕らはみんな河合荘』も2話まで観た。やっと先輩のかわいらしさに気付けてきた。多分、視聴継続。水沢めぐみの『おしゃべりな時間割』を読み、異様な胸キュン感に包まれながら眠る。



昆虫キッズの新曲のMVが公開。

アラン・ドロン。かっこいいな。アルバム楽しみだ。『BLUE GHOST』ってタイトルいいよなぁ。



ロロの三浦直之が東京カランコロンのMVの監督を担当したそうな。

楽曲にピンと来ないのでいいとも悪いとも言えないけども、ロロメンバーが集結している。7月に新作公演があるそうなので、待ち遠しい。ロロが舞台やらないのですっかり演劇から離れてしまった。しかし、東京カランコロンってこんなバンドだったっけか。