青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

坂元裕二『最高の離婚』最終話

坂元裕二脚本の『最高の離婚』最終回11話観賞。素晴らしかった。本当に素晴らしかった。喜劇と悲劇の狭間を最後の最後まで突き進んで最高のエンディングを見せてくれました。しかし、完璧な脚本だ。面白い名前の店員さんがいた事を報告したい、そんなさりげない事こそが、他人である2人が一緒に生きて行く理由なのかもしれない、といった真実を「ビデオ屋の店員イナヅマさん」の1フレーズに込めてしまうのだ。恐れ入る。


あの時会わなかったら、今でも他人のままだったの。
どっかの会社の受付ですれ違うそれだけの間だったの。
私が死のうと生きようと、あなたは知らないし、あなたには関係なかった。

いつ居なくなってもおかしくない人と一緒に暮らしてる。
いつ無くなってもおかしくない時間を過ごしてる。
いつお別れがきたっておかしくないのに好きだって事を忘れて生きてる。
そういう、そういう風に生活してる。まあ、短くまとめると・・・・大切な人だと思ってます。

人生の偶然性と有限性への言及も素晴らしい筆致だ。しかし、上記のような告白をもってしてもなおその後の2人の会話は平行線を辿っていく。


「人と人は永遠にすれ違って生きていく」という冷酷な、かつ紛れもない事実を2組のカップルで描いてきた本作のラストは4人共に元鞘に収まるというハッピーエンディングである。これを単なる温いエンディングと思うなかれ。ハイライトと言える、光生と結夏の電車のシーンを思い出して欲しい。

2人は対岸関係にある座席に腰を下ろす。2人は永遠に平行線をたどりながらも、同じ箱に乗ってレールを進んでいく。これが坂元裕二の提示した美しい真実なのだ。そして、その平行線は時に、交わり合う。例えば、暴発的でいびつなキスなどによって。最高だ。そして、第1話で描かれた光生と結夏の出会い(2011.3.11の夜のハイキング)が美しく反復していく。反復しなかった(光生が歌うはずが父親に歌われてしまう)コブクロの「永久にともに」も見逃せない。代わりに光生が歌うのが沢田研二の「君をのせて」というナンバー。この楽曲は「共に〜」と連呼するコブクロの楽曲とは異なり、

君のこころ ふさぐ時には
粋な粋な歌をうたい Ah…
君をのせて夜の海を 渡る舟になろう


沢田研二「君をのせて」

と一方向の愛の形が歌われる。これは「共に」というクリシェの否定であり、光生の取る行動のメタファーになっているのだ。ひやー、2013年ベスト脚本賞は『最高の離婚』に決まり!