青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

スカート、cero LIVE『Spring Fever!!!』

渋谷WWWにて『Spring Fever!!!』に参加。昨年も5時間弱の長丁場だったわけですが、今年も5組で5時間の長期戦でありました。トップバッターはスカート。トランペット(MC.sirafu!!!)とサックスの加わった6人編成。これがむちゃくちゃ甘美でいかしていたのです。冒頭の「返信」「ストーリー」の連打でノックアウト。白眉は「新しいウーリッツァー」だ。CURTIS MAYFIELD「TRIPPING OUT」のリズム

つまり山下達郎の「甘く危険な香り」で、小沢健二の「天使たちのシーン」なわけです。澤部君の熱を帯びるようなギターソロも「天使たちのシーン」での小沢健二のそれのようだった。昆虫キッズ、カメラ=万年筆、マンタ・レイ・バレエと各バンドからメンバー召集し、果てには管楽器さえも従えた澤部渡が、かつての小沢健二にダブって見えたんだ。この人が!100キロ超えのこの人が、もしかたら俺らのオザケンなのか!?と興奮した次第です。でも、その後おっぱい揺らしながら太鼓叩いている姿を見て目が覚める。オザケンちゃう!しかし、ライブ中には女性から「かわいー、かわいー」と声援を送られ、ライブ後には「澤部さん、2ショットお願いしていいですか?」とか聞かれて女子に囲まれている姿を観て、嫉妬しながら気づいたね「この人アイドルなんや」と。まぁ、達郎だろうが、オザケンだろうが、アイドルだろうが、何せよスカートはポップモンスターからポップスターへの変身を華麗に遂行中なのであります。







昨年は3番手に登場したceroがトリ!昨年の『Spring Fever!!!』でのライブ(オリジナルメンバー+MC.sirafu体制のラストライブでもある)

個人的にこのあたりからceroのライブはグッとよくなってきたような気がしているのですが、更なる成長を見せつける貫禄感溢れるライブ。祝祭感溢れるファンキーなグルーヴはもちろんの事、大人っぽいといいますか、滋味溢れる演奏を披露しておりました。四管楽器、ボンゴ、スティールパンらで奏でられたラストの「(I found it) Back Beard」「小旅行」は派手さはないもののじんわりくる、これぞcontemporary exotica rock orchestraだ!という感じ。「21世紀日照りの都に雨が降る」も「入曽」も「武蔵野クルーズエキゾチか」も「さん!」もやらずして、この満足感。ceroはどんどんすっごくなるね!2ndアルバム、今年中に出ますように。


そして、言及せずにはいられないのが、ゲスト演奏で登場したスカート澤部氏と高城氏が見つめあいながらのキッス。会場の誰もが心の中で「キスしろ!」または

(藤子F不二雄『ノスタル爺』より)
となっていたわけですが、その期待に見事に応えたあのキッスはあの日世界で1番美しいキスでありまして、今年の夏コミは高城攻め澤部受けで決まりだね!ってなもんです。どなたかよろしくお願いいたします。