読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

2016 BEST MOVIES 20

1.片渕須直この世界の片隅に

f:id:hiko1985:20161223162715j:plain

2.ジャン・ゴンジェ『ひと夏のファンタジア』

f:id:hiko1985:20161230162756p:plain

3.クリント・イーストウッドハドソン川の奇跡

f:id:hiko1985:20161223162747j:plain

4.黒沢清『クリーピー 偽りの隣人』

f:id:hiko1985:20161230162941j:plain

5.リッチ・ムーア/バイロン・ハワード『ズートピア

f:id:hiko1985:20161223162813j:plain

6.ロン・ハワードザ・ビートルズ ~Eight Days A Week』

f:id:hiko1985:20160923122358j:plain

7.岩井俊二リップヴァンウィンクルの花嫁』

f:id:hiko1985:20161230163134j:plain

8.スティーブン・スピルバーグブリッジ・オブ・スパイ

f:id:hiko1985:20161230163315j:plain

9.鈴木卓爾『ジョギング渡り鳥』

f:id:hiko1985:20161230163400j:plain

10.リチャード・リンクレイタ―『エビバディ・ウォンツ・サム!』

f:id:hiko1985:20161230163558j:plain

11.新海誠君の名は。

f:id:hiko1985:20161206105704j:plain

12.黒沢清『ダゲレオタイプの女』

f:id:hiko1985:20161230163930j:plain

13.ロバート・ゼメキスザ・ウォーク』 

f:id:hiko1985:20161230164030j:plain

14.是枝裕和『海よりもまだ深く』

f:id:hiko1985:20161230164121j:plain

15.ジェームズ・ワン死霊館 エンフィールド事件』

f:id:hiko1985:20161230164204j:plain

16.ジョン・ワッツ『COP CAR コップ・カー』

f:id:hiko1985:20161230164404j:plain

17.トッド・ヘインズ『キャロル』

f:id:hiko1985:20161230164459j:plain

18.村川透『さらばあぶない刑事

f:id:hiko1985:20161230164604p:plain

19.ダン・トラクテンバーグ『10 クローバーフィールド・レーン

f:id:hiko1985:20161230164806j:plain

20.デヴィッド・ロバート・ミッチェル『イット・フォローズ』

f:id:hiko1985:20161230165015j:plain

 ドーン。これがマイベスト20本。今年はあれも観なきゃ、これも観なきゃ、というのから解放された気がする。このラインナップに共通するフィーリングなり技法のようなもの、をウンウンと唸りながら探してみたのだけど、巧く見つからず。しかし、「固有であること」と「大衆であること」、「明瞭であること」と「不穏であること」、「勇敢であること」と「無謀であること」、など相反するフィーリングが共存したラインナップになったように思う。20本の内、半分くらいは個別エントリーで感想が書いてあると思うので、探して読んでみて下さい。いつか観た映画全てに納得にいく言葉を書き記せるような技量を身につけたいものです。また今年の最後に観た、濱口竜介『天国にはまだ遠い』も30分台の短編ながらベスト級の鮮烈さがありました。

 

また、すいませんでした!「この作品を鑑賞しておきながら、「テレビドラマだから」という理由でこの作品を“2016 BEST MOVIE”に選出しない批評家などがいるものなら、まったくその勇気には感服してしまうだろうな。少年がカメラを掲げ、暗闇の寄る辺なさの中で光や音の交感が描かれる、今作が映画でないならば、何が映画というのか。」というような大変生意気なことを書いておきながら、『ストレンジャー・シングス』を選出しないという愚行をお許し下さい。2016年の文句なしのベストワンはダファー兄弟の『ストレンジャー・シングス』なのですが、テレビドラマという文化を再興させるという意味で、ドラマ枠に入れさせて頂きます。こちら、2016年のテレビドラマベストです。『ちかえもん』『ゆとりですがないか』『徳山大五郎を誰が殺したのか』あたりもグッド。『ハウスオブカード』や『ゲーム・オブ・スローン』『高い城の男』などの海外ドラマはまだ観ている途中なので、ランク外です。いやはや、時間がない。Netflix、Hulu、amazonプライムなどの充実はポップカルチャーラヴァーとしてはうれしい悲鳴なのであります。

 

『ストレンジャー・シングス』

 

『火花』 

 

逃げるは恥だが役に立つ

 

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

 

『ゲットダウン』

 

 『LOVE』

 

トットてれび

 

『富士ファミリー』