青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

江本祐介『ライトブルー』

f:id:hiko1985:20160713134034j:plain
恋愛至上主義者やら恋愛ジャンキーなどでは全くないのだけども、誰かが誰かを好きになる、あの瞬間に発生する爆発的にロマンティンックなエネルギーのポジティブさに関しては全肯定していきたくって、いつだって誰もが誰か愛し愛されて生きていて欲しいと祈っています。しかし、人生はそんなにイージーではなくて、ときにはとてつもなく寂しい私たちだから、ポップミュージックは賑やかな場所でかかり続けるのでしょう。


人が恋に落ちる瞬間をはじめてみてしまった

というのは羽海野チカハチミツとクローバー』に登場する名台詞でありますが、その一瞬の(しかし永遠のような)のキラメキというのは一体どんな音をしているのだろう。なんてな命題にパーンと正解を突き付けてしまったのが、この江本祐介による『ライトブルー』という7インチレコードである。この僅か3分半のポップミュージックには、人が恋に落ちる瞬間というのがものの見事に真空パッケージされている。ライトブルー。そう、恋はみずいろ。


少しだけ、プレスリリース的な情報も添えておこう。表題曲の「ライトブルー」は、松本壮史が監督を務めた乃木坂46のキャプテン桜井玲香の個人PV『アイラブユー』(シングル『ハルジオンが咲く頃』のType-Bの特典に収録されています)において、やはり主人公が恋に落ちる瞬間に使用され、音源化を熱望されていた楽曲。みんな大好き、Enjoy Music Clubのトラックメーカー兼メインボーカリストである江本祐介(E)の初のソロ名義での全国流通盤になります。7インチレコードの形態での発売ですが、DLコードつき、配信販売もあり。これは本当にマストバイアイテムではないでしょうか。作詞には松本壮史(M)も大幅に参加しているようで、まさにEMCクオリティ。

あれからずっと3センチくらい
浮いてるよ ハロー ハロー
この声は風に乗って
一瞬で世界へ溶けるのかな

最高の歌詞ではないでしょうか。仮に恋に落ちた事のない少年も、すっかり恋の味を忘れてしまった中年も、完璧にその感覚を理解してしまうはず。世界に向かってハローなんつって手を振る、そんな感じ。

まだまだそんな君の事 知らないけれど
多分、きっと楽しいの連続だよ
昨日の月9の話とかしてさ
今夜の月も綺麗だね

そうだ、恋に落ちた僕たちは月9のラブストーリーの話で盛り上がらなくてはね。全てのラブストーリーはまた別のラブストーリーに繋がる。そこらへんについては、個人PV『アイラブユー』についてのエントリーに書いてありますので、ご一読をお願いします。他にも「ハルジオン咲き乱れて」といった乃木坂ファン号泣のフレーズも差しこまれていて、もういちいち全部が憎いほどに良い。独特な譜割りながらもキャッチーさをキープし続けるメロディーメイカ―としての才能、鍵盤やストリングスの音色から伺えるミュージックラヴァー感溢れるアレンジ力も、EMCの『FOREVER』含めて、改めて評価したい。


鮮やかな色した景色の中で
光よりも速く
僕らは走り出すのさ
未来へ向かって
ふたり踊ろう

この歌い出し一発でノックアウト。そのメロディーで景色は変わり、心臓が脈打つビートは少し足早に。それポップミュージックに求める事の全てが入っていやしないだろうか。安心なぼくらが旅に出る為の新しい決定打。なんたってB面には小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」のカバーも収録されている。この『ライトブルー』をポケットに忍ばせて、一歩踏み出そう。全ての事が上手くいくような、そんな気にもなるんじゃないかな。




関連エントリー
hiko1985.hatenablog.com
hiko1985.hatenablog.com
hiko1985.hatenablog.com