青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

古沢良太『デート〜恋とはどういうものかしら〜』2話

f:id:hiko1985:20150129194735p:plain
古沢良太という作家のおもしろさは、”共感”という作劇における最も甘い蜜に背を背け物語っていく態度だろう。『リーガル・ハイ』の古美門研介を例に出すとわかりやすいだろうか。今作での、結婚を「契約」と言い切る依子。結婚を「寄生」と恥ずかし気もなく云ってのける谷口。おおよそ感情移入する事の難しいこの2人を主人公に据え、「フジテレビ月曜9時」という”ラブストーリー”の名門に殴り込む。”共感”という保険がなくとも“ラブストーリー”というのは、かくも滑稽で愛おしいものなのだ、という事を古沢は提示しようとしている。


前述した「契約」と「寄生」という理論。我々視聴者は、依子の父(松重豊)と同様にしてそれを理解する事ができない。つまり、2人のデートの動機を感情的に共有できないという事だ。「動機→アクション」という式のアクションの部分(=デート)のみが独立している。この式は「過去→現在」と置き換えてもいいだろう。つまり、今作におけるデートでは”今”という時間のみが躍動する。だからこそ、まぶしく、そして可笑しい。プロポーズというラブストーリーにおける一大イベントが谷口のダンス(広末涼子の「大スキ!」にのせて)というアクションでなされる点も見逃せないだろう。主題歌であるザ・ピーナッツの「ふりむかないで」の歌詞を思い出したい。

ふりふかないで お願いだから
いつも腕をくみ 前を向いて
きっとね 幸せつかまえましょう

”ふりむかない”で欲しい対象は、他ならぬこのデートの”動機”である。「いつも腕をくみ/前を向いて/きっとね/幸せつかまえましょう」における、"前を向いて"の箇所が、実に端的にこの作品の構造を歌い現わしているではありませんか。


いくらなんでも趣味に走り過ぎた2話レビューになってしまいましたので、もう少しポップな話題を記すとすれば、衣装と音楽がとてもいいですね。長谷川博己の似合いすぎているハリスツイードのジャケット。谷口は「(自分は)お金がかからない」と言っていたけど意外と着道楽でもあるのでは。杏のアウトドアルックもキュートでした。ノローナのピンクのアウトドアブルゾンにノルディック柄のベスト。劇伴は住友紀人というバークリー出身の才人が担当しているらしい。後、谷口の理想の女性像である「ヘプバーンと原節子峰不二子メーテルを足して4で割った女性」というのがそのまま依子である事にじわりじわりと気づいて参りました。3話も期待。