青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ヤーレンズという漫才師について

ヤーレンズという漫才師が面白い。
f:id:hiko1985:20141117170023j:plain
オードリーを擁するケイダッシュステージ所属。ダブル眼鏡というだけでなく、楢原の飄々とした人をくったようなボケ、ツッコミの出井の柔和な感じの良さ、それぞれ小木と矢作を連想しない方が難しいだろう。しかし、彼らは単なるおぎはやぎフォローワーには陥っていない。ちなみにコンビ名にレンズが入っているのは眼鏡からではなく、サザンオールスターズの「YARLEN SHUFFLE~子羊達へのレクイエム~」という楽曲からだそうだ。


ヤーレンズの漫才はまさに”お喋り”である。かつては関西に活動の拠点を置いていたようだが、”しゃべくり漫才”というのとは違う、まるで深夜のファミレスでの”駄弁り”を想わせる絶妙なボンクラ感がある。ヤーレンズの2人はそれぞれ楢原と出井という自分自身から抜け出さず、突拍子もない事は話さない。例えば、“きのこの山”と“たけのこの里”のどっちが好きかは日によって変わるけど、本当の”きのと”と”たけのこ”、”山”と”里”だとほんとどの人が”きのこ”と”里”を好きだっていう法則に気付いたわ・・・といったような何の意味もない話を延々と続ける。話題はシームレスにスルスルとチェンジしていく。話題と話題の間に脈絡はなく、リズム感もビートレスであるが故に、一見すると稚拙な漫才に見えてしまうかもしれない。しかし、これが何故か面白い。2人のやり取りには無駄がなく、発想やフレージング等が実に洗練されているから。


ヤーレンズは男2人のダラダラとしたお喋りを演芸として成立させようとしている。ラストには、「そろそろ漫才するか」と、15秒ほどの設定を固めたショート漫才を披露する。ネタの9割を占めるそれまでのダラダラとした”お喋り”を自ら「漫才ではない」とするメタ構造なのだが、それが逆説的に「ヤーレンズの”お喋り”こそが漫才だ」と宣言しているように聞こえてくる。横山やすしダウンタウンの漫才に対して放った「チンピラの立ち話」というあの有名な批判を、ヤーレンズは更に現代的に解釈し、漫才に新しさを持ち込もうとしているように思える。ライブシーンではめきめきと人気を獲得しており、以前紹介した

ランジャタイと共に、新しい波を巻き起こすであろう要注目の漫才コンビでございます。