青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

cero「Contemporary Tokyo Cruise」と連続テレビ小説『あまちゃん』


素晴らしきワンマンライブのタイトルにもなっているceroの「Contemporary Tokyo Cruise」という楽曲の素晴らしさを最近改めて感じていてよく聞いている。この曲って朝ドラの『あまちゃん』によく似ているな、と思う。勿論、あの主題歌に似ているという事ではありません。だたの妄想&こじつけなので軽く読み流して頂きたいのですが、

幽霊船に揺り揺られ揺られ
辿り着く波止場はどこでも
ララバイ 奇妙な歌声に誘われ暗礁のなかへ

「幽霊船」を「北三陸鉄道」とすると、東京と岩手の間を行ったり来たりするアキ(能年玲奈)や春子(小泉今日子)を彷彿とさせるラインに聞こえる。「奇妙な歌声」とは「潮騒のメモリーズ」であり、「暗礁」とはあの楽曲がもたらすアキや春子に待ちうけていた困難の事だ。そして、何よりこのライン。

いかないで 光よ わたしたちはここにいます 巻き戻しして
(うみなりかきけす)
いかないで光よ…

元々、震災後に作られた楽曲であるからリンクするのも不思議ではないのだけども、これはまるでユイ(橋本愛)をはじめとする北三陸の人々のアキ(=光)に向けた祈りのようだ。もしくは、20年前の罪に悩まされる太巻(古田新田)と鈴鹿ひろみ(薬師丸ひろ子)にとってのアキ(光)と言えるかもしれない。そして、重要なリンクは「巻き戻しして」という部分。

あまちゃん』の中に、天野アキが出演する『見つけてこわそう』という子供向け劇中番組がある。身近なものを壊しては、最後に「逆回転だー」と言って(テープの逆再生で)元に戻してしまう。この『見つけてこわそう』の「逆回転」は、『あまちゃん』において、春子の「人生は逆回転できない」という諦念に隠された祈りに応えるように、彼女と太巻と鈴鹿ヒロミを巡る「潮騒のメモリーズ」が修復させ、ユイの「アキちゃん、逆回転してよ」

という願いに応えるように、アキが物語を逆再生し再び北三陸に舞い戻らせる。そして、震災前の日常を回復させようと試みている。ceroの「Contemporary Tokyo Cruise」もまた、「巻き戻しして」というリフレインと共に、音源が逆再生され、民族音楽のような祈りの音が立ち上がっていくわけでして、やっぱり似ているのだ。だから何だ、という話なのですが、私はこういう同時代性の表現者のリンクに興奮してしまう性質なのだ。最初は上の頭になんか巻いているceroの画像に対して、「ほら、まるで海女さんのようではないか」というのを本文にしのびこませようとしていたのですが、あまりにひどいので止めました。


でも、どうなんだろうなぁ、宮藤官九朗はもっとパンクとかサイケよりの音楽を好む印象だからceroは聞いていないかもしれないんだけど、何かで耳にしていたりしないのかしら。とにかく、まぁ、後半月で『あまちゃん』がどう着地するのかわかりませんが、「Contemporary Tokyo Cruise」の続きを見せてくれるんじゃないか、とクドカンとあきちゃんに期待しているわけです。