青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ももいろクローバーZ『5th dimension』


ももいろクローバーのライブにおける圧倒的なポジティブさと少女達のひたむきな運動が蔓延している幸福感が、シニカルなサブカルクソ野郎だった私をアイドルの現場に運ばせるようになった最大の要因である事は疑いようもありません。そして、何より音源が素晴らしかった。『ピンキージョーンズ』『ミライボウル』のカップリングを含めた2枚のシングルのクオリティはつんく♂がアイドルソングにおいて為した功績を一気に推し進めるエポックメイキングだ!と興奮したものです。しかし、所詮シニカルなサブカルクソ野郎、蜜月の関係は長くは続きません。1stアルバム『バトル&ロマンス』

バトル アンド ロマンス

バトル アンド ロマンス

後のトゥーマッチな運営の戦略に、ご多分に漏れず気持ちが離れていきました。今、現在も、その戦略が彼女達の瑞々しい10代という貴重な時間と相性のいいものだったかは、疑問符が立ちのぼる次第でして、それはこの『5th dimension』においても同様です。しかし、彼女達への思い入れが薄まった今、このアルバムを徹底的に作り込まれた演芸の一種として、素直に楽しめてしまう自分がいる事に気づきました。前置きが長くなりました、このアルバムは滅法に面白いのです。



TwitterでこのももいろクローバーZKanye Westの衣装(と言うかお面)がカブっていた、という指摘から『5th dimension』と『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』

My Beautiful Dark Twisted Fantasy (Clean)

My Beautiful Dark Twisted Fantasy (Clean)

の類似性にまで発展しているツイートを見かけたのだけど、これはあながち妄想でもなさそうであります。美しくも歪に捻じれたダークファンタジー、これは正に今回のももクロのアルバムそのものでありますし、ゴージャスでプログレッシブなサウンドも似ていると言えば似ている。そして収録時間は共に68分だ。何よりKanye Westというアメリカミュージック界の頂点を極めた男の栄光と吐露にまみれたあのアルバムに、念願であった紅白出場を果たし、今後の方向性を模索するももいろクローバーZを重ねてしまうのは容易い。『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』での印象的な

「Who Will Survive in America」
「Now this would be a beautiful death」

という2つのラインが、あえてどうとは書かないが、現在のももいろクローバーZに重くのしかかってきやしないか。ももいろクローバーZがこのアルバムで示した”五次元”というコンセプト。仮に四次元における四つ目の空間を"時間"と解釈するのであれば、五次元とは時間を超越したフィールドの事を指すのであろう。アイドル活動と”時間”の美しくも残酷な関係は言うまでもないが、その場においては加齢は”死”とイコールで結ばれると言っても過言ではない。それらを超えて行こう、というのがこのアルバムでの表明であり、彼女達の言う「紅白の向こう側」というものなのだろう。そうなってくるとこのアルバムに漂う異様な死臭、そしてそれを受け入れるかのような祝祭性にも理解を抱けるものです。過剰に展開されていく楽曲はまるで何かを終わらせないためのようでもあります。


まぁ、五次元やら宇宙やらといった壮大な中二病コンセプトを差し置いても、このアルバムが面白いのはその楽曲でございます。デジタルロック、ヒップホップ、ファンク、クラシック、合唱曲、メタル、オペラ、etc・・・ジャンルという次元を飛び越えながらも複雑にこじらせた楽曲の異様な情報量は、現代のミクスチャーミュージックと呼ぶに相応しい。さぞかし聞きづらいのかと思いきや、サビにキャッチーな歌謡、アニソンテイストなメロディーを用意して口当たりをよくしているのも計算高い。久しぶりに聞いたメンバーの歌唱の表現力上昇も頼もしいし、「ロゴス」「ゲノム」「シュプレヒコール」「エリントン」「デリンジャー」「メメントモリ」「魂のチャーチ」etc・・・多分どれも意味もわからず歌っているんじゃないだろうか、という感じがバカらしくていいですね。シングルリリース時は全くピンと来なかった所かコケ落としていた、THE GO!THEAMによる「労働賛歌」、ティカ・α(やくまるえつこ)による「Z女戦争」がこのアルバムにおいてコンテンポラリーミュージックの最新形として輝いている事実には謝罪したい気持ち。


間に挟まっているOK Goによる「ゲッダーン」も跳ねたリズム良質なソングライティングが冴えたバブルカムエレポップな良曲です。抜けのいいヒップホップナンバー、MUROいとうせいこうによる「5 The POWER」もいい。初期HALCALIのアップデートだ。「宇飛ぶ!お座敷列車」もノっている時の奥田民生が手がけるPUFFYもしくはユニコーンのようだし、中期ビートルズに想いを馳せてしまうアレンジの「月と銀紙飛行船」もいい。語りのパートが泣かせるのだ。

なんだかちょっとわからなくったりする時もあって
自分に「お前何!?」みたいに思ったり
でもね そんな時 みんなの顔見て
あ、ここだって思う
そう、だからここからなんです
ここから始まっていくんだって気持ちが
なんかこう 近づいてくって感じで 
後戻りはできない
いつだって時間は進んでいくわけだし
うん、だから歩くなら後ろじゃなくて前だよね

こう、こういうのが本当は聞きたいんです!と叫びだしたくなります。ちなみにこの曲

僕らはドアをさがすよ
僕らはドアをたたくよ
震えているけど泣いてなんかないよ
僕らは旅の途中で
何、誰に、会えるだろう
神様、あなたに見える未来は一つだけなの?

というキラーフレーズも待ち受けている。ドアをノックするのは誰だ?ぼくらが旅に出る理由、神様はいると思った、時間軸を曲げて!失礼、興奮し過ぎました。最終曲は前山田健一(作曲)と近藤研二(編曲)という素敵なタッグによる「灰とダイヤモンド」も紛れもない名曲。エレピが絶妙にアクセントをつけながら、豪華な管弦ストリングスが乱舞する。リズム隊が生なのも憎い一大バラードであります。

霧が晴れた向こう側 綺麗ごとだけじゃなかった
でもまけないよ どんなにすごい風や砂にまかれても
過去よりも高く翔ぶために 助走つけるために
何度も うまれかわってる
閃光 夜明け 輪廻

というラインに注目したい。つまり「五次元」とは「輪廻」の事を指すのではないか。Kanye Westの放った「Now this would be a beautiful death」というライン。ももいろクローバーZはその自身のアイドル活動を”輪廻”に重ね合わせ、”死”(=加齢もしくはスタイルの変化もしくはファンの入れ替わり)を肯定する。「甘き死よ来たれ」という感じにこの一大モンスターアルバムを作り上げたのだ。いやー頭でっかちですねぇ。しかし、これを作り上げたももいろクローバーZのこの次の一手は、とても気になる所です。