読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

リッチ・ムーア/バイロン・ハワード『ズートピア』

f:id:hiko1985:20160427110029j:plain
エッジを失いつつあるピクサーに反比例するように良作を量産しているディズニーの最新作『ズートピア』でありますが、これがまたしても大傑作!名作揃いの『ボルト』以降のディズニー作品の中でも個人的にはベストに近いほど好きですね。なぜならこれがハードボイルド探偵活劇だからだ。動物が人間のように暮らす世界でウサギちゃんとキツネ君のコンビが大騒動を巻き起こす、というどこまでもかわいいルックの中で、チャンドラー、もしくはトマス・ピンチョン『LAヴァイス』(ポール・トーマス・アンダーソン『インヒアレント・ヴァイス』でもいいのだけど)のようなヒリヒリとした冒険が描かれる。

インヒアレント・ヴァイス [DVD]

インヒアレント・ヴァイス [DVD]

そのズラし方だけで痺れてしまうではないか。「居所を探して欲しい」というお決まりの依頼がマフィアや組織と複雑に絡み合う。「この人はどこかいるのだ」と、いなくなってしまった人の痕先を辿る、というのはもうそれだけでエモーショナルな運動なのだけども、主人公は捜査の中で、この世界に”本当は在るはずのもの”を炙り出していく。まず炙り出すのは「肉食動物の狩りの本能」という負の側面だ。多様性と差別というこの世界が抱える問題を、映画の外に寄りかかるのでなく、映画の中から定義し、内包していくのがあまりに優秀だ。社会を語る事が映画である事を壊していない。あくまでエンターテイメント。もうこれは音楽で言えばケンドリック・ラマーくらい美しい。さて、当然のように物語はポジティブな方向に進み、全てを受入れあっていくわけだが、その役割を似合う主人公がウサギとキツネなのが良いではないか。ディズニーランドのアトラクション「スプラッシュ・マウンテン」でお馴染み(正確には『南部の唄』の、だがこちらの作品は黒人差別問題でほぼ未ソフト化)の対立し合っているウサギどんとキツネどんが手を組むわけだ。



ディズニー作品の活劇としての素晴らしさはもはや言及するまでもないが、今作もまた魅力的なアクションが物語を牽引していく。カースタントは勿論、西部劇さながらの列車激突までありサービス精神。とびきりに素晴らしかったのが、主人公ジュディとニックが真にわかり合っていく過程を上昇するロープウェイで魅せたシークエンスだろう。2人の屈指なさが、高い場所、尊い場所に導く。
f:id:hiko1985:20160427110051j:plain
その他もいちいち細部が充実(歌姫ガゼルはいまいち効いてなかった気がしないでもないが)しており、スタジオの大ヒット作『アナと雪の女王』の「ありのままに」を差別的に使ってみたり、キツネ君がスターバックスコーヒーを愛飲していたり、超小柄なミスター・ビッグに、スピード違反するナマケモノ、などユーモアもバッチリ。反復を多用した構成も嫌みなく決まっている。複数の脚本家で練り上げたというのが存分に感じられる、とびきりウェルメイドな世界。誰が観たって面白い、GW映画のマストチェック作品ではないでしょうか。