青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと(5/1〜)

最近のこと。GWもあっという間に過ぎ去ってしまった。ずっと部屋の窓を全開にしておきたこの5月の気候の心地よさも、すぐに梅雨の湿気に変わってしまうだろうから存分に楽しんでおきたい。GWは自転車で出掛けたり、ライブや芝居を観に行ったり、満喫。天気もよかったし、ナイスなGWでした。より最近の事となりますと、先週の土曜日は雨が降りそうだったので、のんびり過ごす。お昼に近所の中華屋でカレーを食べた。
f:id:hiko1985:20150516122918j:plain
小麦粉でトロトロなカレー。正しき街中華カレー。500円。美しさとはこの事か。ちなみにこのお店のオムライスはこんな感じ。
f:id:hiko1985:20150502140804j:plain
このお店、夫婦でやられているんですが、いつも『後何年やれる事か」って言っていて辛い。なくなっちゃたら泣くなー。


日曜日は自転車で出かける。三鷹でままごと『わが星』の再々演を観賞。前回観たのが4年前とは時の流れの早い事よ。変わらぬ強度がありました。演劇を試しに観てみたい、という方の入門に最適なので、むちゃオススメです。ワイルダーの『わが町』のほうを結局未読なので、早く読みたい。コメダ珈琲で茶をしばいて、新宿に移動。かもめんたるの『ふくライブ』の後継イベント『かもめんたるコントライブイン茶会記』に参加してきた。非常に近い距離でかもめんたるのコントを拝める貴重な機会。企画のコーナーもなかなかドープでフェイクドキュメンタリーなんでは?と疑ってしまうレベルでした。複雑な自意識をエンターテイメントにまで昇華してくれるのはかもめんたるだけで、彼らのコントを観ていると本当にうれしくなってしまう。ライブ後はふくライブ同様、座談会のような形がとられていたのだけど、私は岩崎う大さんに心酔しているの上に、ややこしい自意識ゆえに待機している時とか退出のタイミングとか色々考えていたら気絶しそうになったので、参加せずに帰る。実にめんどくさい人間だ。この日は日差しが強く、日焼け止めを塗らなかったので、全員が真っ赤に焼けていた。火傷みたいに赤い。毎年5月の紫外線を見くびっている。



5月に観たものメモ。HAPPLEのサークルサウンズでのワンマンショー。前回に続き、本当にいいライブでした。異常なまでに高いホスピタリティ精神(フリーフードのプルルタ食堂、美味過ぎでした)と、それでいてお客さんとベタベタし過ぎないHAPPLEの距離感が心地よい。しかし、サポートが加わり、5人編成になったHAPPLEの演奏は実にタイトでグルーヴィー。楽曲の良さも底抜けです。新曲群はブライアン・ウィルソンがヒップホップビートを獲得したかのような驚きがあります。アルバム楽しみだな。ceroの六本木でのフリーライブを観た。野外でのcero。サウンドは風に散っていくものの、BREEZIN'にクールな演奏でした。まさにサマーソウル。youtu.be
間もなくリリースされるアルバムが愉しみでなりません。六本木から麻布十番に移動して、浪花屋で焼きそばとたい焼きを頂く。
f:id:hiko1985:20150506155803j:plain
老舗中の老舗で、ド定番ですが、やっぱり美味しい。店頭でたい焼きを買うと待ち時間が結構あるので、2階に上がって喫茶で注文するのがオススメです。その後、恵比寿に写り、さくら学院の転入式を観る。まさかの最前列でトロけました。4人の卒業生が抜けて、たった6人になってしまったさくが学院に不安もあったのですが、何のその!素晴らしいパフォーマンスに目頭が篤くなりました。最高学年になった大賀さんが、そのポテンシャルをパフォーマンスでもトークでも炸裂させていて痛快。おおいに空回りしていきそうな所も含めて楽しみです。そして、磯野さんの会長就任うれしい。ちばあきおの『キャプテン』で最後に近藤がキャプテンに就任したのと同じ感動がありますね。ちなみに私は昨年度からこっそりと倉島颯良ちゃんを推しています。こちらがオウガさんと颯良ちゃんです。
f:id:hiko1985:20150519232120j:plain
よろしくお願い致します。最前で観てみると、颯良ちゃんはダンスの時とか凄いいい表情になっていて、ビックリしました。新入生6人加入には驚きましたが、これからむちゃくちゃ盛り上がっていそう。そういえば、書き忘れていたけど卒業式もちゃんと観に行きましたよ。


中野で観た『ベストエンタ』も最高でした。豪華な出演者でしたが、ランジャタイと湘南デストラーデの漫才二本が飛び抜けて面白くて、痺れまくった。2015年は完全にこの2組のものかもしれない。ランジャタイのこのひの漫才、妹の食べてるラーメンの器に飛び込んでアワアワしているくだり、最高。文字にしても何の事や。終演後、回転寿司を適当に食べて帰ろうとしたら、ランジャタイの2人がいたのでサインを貰おうとしたけど、書くものも何もなかった。「いつでも書きますよ」と爽やかな2人でした。ヤーレンズの楢原さんとメイプル超合金のなつさんと一緒に歩いていったわけですが(なんて胸踊る組み合わせ!)、コンビが一緒に群れてるの珍しい。お笑いライブでも後ろの席に2人が見に来ていた事もある。仲いいんだなー。


最近聞いているもの。

クオリティ・コントロール

クオリティ・コントロール

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造

さんだる

さんだる

unknown possibility vol.2

unknown possibility vol.2

MOON GLOW (紙ジャケット仕様)

MOON GLOW (紙ジャケット仕様)

思いついたままに聞いているだけど、統一感はありません。達郎さんの『MOON GLOW』はアナログで聞いて、その魅力に改めて取り憑かれている。たまの知久さんの歌聞いていると涙が出てくるモードに入ってきたので、初期の3枚をちょいちょい聞いています。youtu.be




最近観たDVD。『STAR WARS』の新3部作を観ました。

面白かった~。オビ=ワン・ケノービが中間管理職な感じでかわいそうで、かわいくて大好きです。ケノービって名前もいい。なのにルークは偽名のベンって呼び続けていたのが解せません。しかし、エピソード1から3までのシス卿の策略というか脚本、むちゃ良くできているのだけど、一気に観ないと、どういう事だったのか理解できない程度の複雑さはあって、リアルタイムで観た時は、もしかしたら全貌を把握できてなかったかもしれない。年末には新作が観られるって未だに信じがたいな。間もなく新作が公開されるらしいのでスティーヴン・スピルバーグジュラシック・パーク』を観た。
ジュラシック・パーク [DVD]

ジュラシック・パーク [DVD]

何度観てもとてつもなく面白い。演出のお手本集のような。ひたすらにハラハラドキドキさせられる。バカバカしいのが観たいと思って『ハングオーバー!』を久しぶりに観直す。あのハンサムな人がブラッドレイ・クーパーだって気づいてなかった。マイケル・マンの『ヒート』も『ブラック・ハット』に備えて観直す。
ヒート プレミアム・エディション [DVD]

ヒート プレミアム・エディション [DVD]

3時間あるのでいつも観るのを躊躇してしまうのだけど、観始めさえすれば、ただただ極上の体験が待っている。永遠のマスターピース押井守は『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』撮る前に、100回くらい『ヒート』観直すべきだったのでは。とは言え、アクションシーンはまだいいほうで、とにかくショットのいなたさと無神経さ、キャラクター造詣と役者の安っぽさにウンザリしてしまった。『機動警察パトレイバー 2 the Movie』というウルトラ級の名作の続編があんな程度の実写で片づけられてしまうのは哀しい。続きまだやる気ありそうなので、ぜひアニメでお願いしたい。後藤隊長に会いたい。そういえば「マイケル・マンの映画より熱い」ってブッダがラップしていたな。youtu.be
そういば、Dev Large山下達郎バンドのメンバーを召喚したソロシングルまだ聞いてなかった。追悼リスニングしたい。youtu.be
インタビューで達郎さんが「あの音は僕がいないと出ないよ」って言ってたの、大人げなくてクールだった。確かに達郎サウンドとはちょっと違う使い方だけど、クール。



ラブレターズSIREN』、バイきんぐ『Jack』、ロバート『ベストコント作品集1998~2013』とコントDVDを3本。

ラブレターズのこの公演は観に行かなかったのだけど、前回の公演より数段おもしろくなっていた。バイきんぐの『Jack』は大好きで何度も観てしまう。ロバートのベストコント集も圧巻だった。秋山は新しいコードをお笑いにもたらした人だな、とつくづく痛感。昔のネタが特にやばい。その他に『カンニング恋愛中毒』『THE VERY BEST ON AIR of ダウンタウンのごっつええ感じ』『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…』の大好きな矢部っち回も観た。前にも書いたけど『カンニング恋愛中毒』のスギちゃんの性体験エピソードまじで面白いから観たほうがいいです。後、鳥居みゆきとブレイク前夜のバイきんぐの面接が最高です。カンパニー松尾の『Bisキャノンボール』も観た。ファン以外は観る必要ないかなー。一緒にハマジムの柳井監督の新作も借りて観る。女優さんが歩くのが早くて、食べるのも早い、っていう所を収めているのが、よかった。最後にどついたるねんのライブ映像が3曲分くらい流れてむちゃ笑いました。



ヤクルトが5月に入って急失速。首位から最下位へ。1軍に希望が抱けないので、戸田球状まで2軍の試合を観に行きました。2軍とは言え、プロの球をバックネット裏くらいの近さから観られるのは痺れる。しかも、この日はヤクルトの先発は由規!制球はよくなかったけど、だいぶいい球投げていたので、オールスター明けくらいには戻ってくる事を期待したい。この日の感じ0だと、藤井と川崎は1軍で観たいと思った。ちょっと前まで大観衆の前で投げていた杉浦がボール拾いとかやっていて、結構驚きました。早く戻ってきてくれ!2軍ではコーチとして池山や土橋といったレジェンド選手の姿が拝めるのも非常に熱いですね。



最近想うこと。「雪印コーヒー入り牛乳」の少量サイズをセブンイレブンで見かけた。長年のベストセラー商品であるが、実は飲んだ事がないのだ。おそらく甘くてあの量は飲みきれないだろう、と思って手を出してこなかったのだけど、あの濃い茶色のパッケージがどうも心をくすぐる。スクールデイズの象徴みたいな所もあるし。学校とか塾で毎日誰か1人は飲んでいた印象ある。『寄生獣』の完結編でも、事件のあった校舎の前に「雪印コーヒー入り牛乳」がお供えしてあって、まじで細部にぬかりないな、と感心した。絶対に好きな味じゃないけど、今度こそ青春の味にチャレンジしてみよう。後、ほんとうにどうでもいい話なのですが、オリエンタルラジオの武勇伝あるじゃないですか。藤森が「凄い 伝説ベスト10」って言う所、ずっと「凄い!伝説ベスト10」という風に、いったん「凄い!」と感嘆してから伝説を紹介していく、っていう構成だと思っていたのですが、最近もしかして「凄い」は単なる伝説にかかる形容詞なのかな、とも思い始めてきて、いったいどっちが正解なんだ、と悶々としています。音的には「凄い」と「伝説」の間に拍があるような気もするし、伝説は元々凄いものだから、重複形容になると思うので、どうか「凄い!伝説ベスト10」が意図する所と信じたい。