青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

是枝裕和『そして父になる』


「子どもの取り違え事件」という、おもしろいと言ったら語弊のある、「強過ぎる」題材に、映画が物語に喰われてしまうのではないか、という不安はあった。しかし、見事な演出力でもって同道と物語に立ち向かっている。手触りとして、想起したのはエドワード・ヤンの『ヤンヤン 夏の想い出』だ。

ヤンヤン 夏の想い出 [DVD]

ヤンヤン 夏の想い出 [DVD]

車窓からのなめらかな車の運動を捉えたシークエンスであったり、東京の夜が美しく収められている点であったり。何より、「後ろから少年がカメラを通して視線を向けている」という類似点。ピアノの音色や風船の浮力に託された不協和音の調律などはホウ・シャオシェンの『ホウ・シャオシェンのレッドバルーン』なども想わせる。アジアの巨匠の崇高な2本の名を挙げるのはいささか怯んでしまうが、今作における是枝裕和の演出力はそこにかなり迫っているのではないだろうか。



福山雅治演じる野々宮良多は挫折知らずのエリートであり、一流の建設会社に勤め高層タワーを中心とした都市計画に全力を注ぎ、超高層マンションに住む。そんな彼は序盤においては、執拗にエレベーターや階段などの上昇の運動に身を置いている。しかし、斎木雄大(リリー・フランキー)が良多の高層マンションに足を踏み入れた事に象徴的だが、ドラマが進むにつれその優位性は薄れていく。それに呼応するように画面の運動も、看護師のアパートを降りたり、テラスから釣り竿を下げたり、星が流れたり、良多がオフィスから雑木林まで降りたり、と下降のイメージで満たされていく。ドラマの転機となるいくつかの場面では横の運動のイメージを持つ電車が画面を通る。ハイライトと言える、良多の慶多(二宮慶多)への語りかけのシーンでは、対面上の道で、そして徐々に良多の道が下降し、とうとう彼が下の位置から息子に語りかける形となる。凝り固まった価値観からの解放は”凧”や”風船”に託されている。良多が腕時計を外すカットが何回か撮られているのも見逃せないだろう。劇中で数回に渡って話題にのぼる凧を良多はついぞ上げる事ができない。息子である慶多は冒頭の小学校受験のテストの中で風船を自らの手で作りフワフワと幸福感に包まれながら上げる。もう1人の息子、斎木琉晴(黄升荽)は良多の支配から「凧を上げたくなった」と言って逃げ出す。エンディング、並の作家であれば、良多は息子と共に凧を上げてしまうだろう。しかし、是枝はカメラを凧のようにフワフワと上昇させる。もし、この作品に小津を重ねるのであれば、”家族”というタームではなく、こういった手さばきにではないだろうか。カメラが上昇しながら流れるのはグレン・グールドによるJ・S・バッハの『ゴルトベルク変奏曲』のアリア。グルードの呻き声のような、しかしながら旋律と調和した鼻歌が、解放の上昇の運動と同調するよう。



メロドラマとしても楽しめてしまう点も見逃せない。はっきり言って泣ける。ドラマを成立させている俳優陣も素晴らしい。『最高の離婚』コンビである尾野真千子真木よう子は言わずもがな。福山雅治は本年度、西谷弘の『真夏の方程式』に続いての傑作との巡り合わせ。映画に愛されている。リリー・フランキーと彼の子どもを演じた子役達の演技という重力を感じさせない不思議な空気は、この作品を「映画」という枠だけに抑え込まない豊かさをもたらしているように思う。