青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

古田喜昭ワークス、シュガー「アバンチュールはルックスしだい」

「HAPPLEのコーラスの感じが好きなら、Sugar.(シュガー)とか好きなんじゃないの?」というサジェスチョンが入ったので、レコード屋で7インチを2枚買ってみた。「ウエディング・ベル」と「アバンチュールはルックスしだい」の2枚で100円。


Sugar.というのは80年代に活動していたコーラスを主体とした(アイドル?)ガールズバンド。まだ日本のポピュラーミュージックが「J-POP」ではなく「ニューミュージック」と呼ばれていた頃の音楽。1stシングル「ウエディング・ベル」が70万以上を売り上げ、紅白にも出場したそうだが、その後ヒットには恵まれず解散。一般的に言う所の一発屋のようです。聞いてみると、なるほど、HAPPLEの押田ボーカル曲などに似たフィーリングを感じとれる、気がする。というか、今回購入した2枚のシングルむちゃよいです。それもそのはず、2曲共に作詞・作曲があの「ときめきトゥナイト」「パーマンはそこにいる」などを手掛けた古田喜昭なのですね。しかも、1981〜83年あたりは代表曲を連発する脂の乗り切った時期。「くたばっちまえ アーメン」というインパクト大の歌詞とキャッチーなメロの「ウエディング・ベル」

も捨てがたいが、個人的には「アバンチュールはルックスしだい」を推したい。

ときめきトゥナイト」にて更に研ぎ澄まされるトロピカルシティポップのアーバンなサウンド感覚がこちらでも貫かれているし、流麗なハーモニーもソフトロック感あり。メロディーの旨味を残したまま、日本語の音の気持ちよさも両立させている節回しも見事。やっぱり古田嘉昭は歌詞が凄い。「ときめきトゥナイト」の

満月に向かって ノラ猫たち
狼を気取って フニャロ フニャロ
月灯りの中で
そっとドレッサーをのぞけば
バスタオルに包まれた

とか、意味はほとんどないのに全ラインがフックになっていて、メロディーと合わせて聞くと、これが「音楽の快感か!」と叫び出したくなる跳ねがあるんだよな。凄い。「物理学的には 今の私 三角関係の 一点なの女の子だけが持ってるウルトラエクセレンス第六感コンピューター分析の結果 現在フィフティ・フィフティみたい」もやばいよな。「デリケートに好きして」の言語感覚だけでも音楽的だ。古田嘉昭ワークスを早く1枚にまとめて欲しい。とにかく購入したSugar.の7インチは渋谷系、更には現代のインディーシ―ンやマニュエラなどの源流を伺う事ができる素晴らしさがあります。持ってなければ即ゲット推奨です!