青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

マームとジプシー『待ってた食卓、』『塩ふる世界。』

マームとジプシー『待ってた食卓、』『塩ふる世界。』を横浜にて観賞。

オムニバス公演『20年安泰。』において上演された『帰りの合図、』を含めての3部作が完結した。まず、『待ってた食卓、』の完成度の高さにひれ伏す。あれぞ、マームとジプシーのリフレインという手法の完成系じゃないだろうか。リフレインが作中だけでなく、前作の『帰りの合図、』からもやってくるのにはまいった。振り返ってもいいのだろうか、帰る場所はあるのだろうか。残酷なまでの時の不可逆性への抗いに嗚咽を漏らすのを堪えるのに必死でした。また、リフレインを様々な角度から繰り返す事で、台所、居間にちゃぶ台、庭、2階のベランダ、と舞台に古き良き日本家屋が立ち上がってくるのもおもしろい。成瀬、小津や向田邦子ドラマすら想起させる瞬間があった。最終的に街が浮かび上がってくるいつものマーム節も堪能できる。『帰りの合図、』でも素晴らしかった尾野島慎太郎と成田亜佑美のより一層のエモーショナルな演技には心掻き乱された。


そして、3部作のラストをかざる『塩ふる世界。』なのだが、『待ってた食卓、』での完成度を1度捨てさり、全く新しいマームとジプシーを魅せてきた。Deerhunter(!!)が全編爆音で鳴り響く中、役者の肉体に激しい運動によって過剰に負荷をかけながらのリフレインの嵐。負荷が増幅していく事で、一度無化し、わかり合えないはずの感情や肉体の痛みが、演者全員に同一化されていく。そんな感覚。構成力などを敢えて捨てて挑んだ新しいこのスタイル。今後マームとジプシーがどうなっていくのか、震えが止まらない思いである。


今作でひなぎく役を演じた青柳いづみ、やはり僕はこの人が演劇界で1番好きな女優さんだ。なんて声の鳴り方がする人なんだろう。なんて不思議な肉体の動かし方をするんでしょう。吉田聡子のいつ見ても禁忌的な性の匂いの出方はちょっと凄い。なんでなんだろ。爆音で聞くDeerhunter『Microcastle/ Weird Era Cont.』

Microcastle

Microcastle

にすっかりやられてしまった帰りの電車でもずっとヘッドフォンで聞いていました。