青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『アーバンソング』 高城晶平(cero)&MC.sirafu LIVE

四谷にあるスナックアーバンで行われた『アーバンソング』というイベントに行ってきた。九龍ジョー先生企画。出演はおまつとまさる氏(松倉如子と渡辺勝)と高城晶平(cero)&MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)という素晴らしいブッキングでございます。初めて聞くおまつとまさるのライブも素晴らしかった。渡辺勝というレジェンドのような存在(はちみつぱいに所属していた事もあり)の歌をあの距離感で聞けたのはうれしい。佇まいや説得力が違う。松倉如子という人も才能でできているといった感じの方でした。


そして、高城晶平&MC.sirafu。スナックの名前はアーバン、シティボーイセッションというワードから、オザケン的なものを想像していたのだが、何とフリッパーズ・ギター「青春は一度だけ」のカバーを披露。場末感のあるスナックでフリッパーズ!

いらだちさえ僕は
抱きしめたいと思った
週末に間に合うように
手紙を書くつもり

後で高城さんに聞いた話によると、サニーデイもやろうかと思っていたそうな。シティボーイやわぁ。ムーンライダーズフリッパーズ・ギターサニーデイ・サービスceroというラインが浮かんでくる。ceroのナンバーから「ターミナル」「outdoor」「exotic penguin night」などを披露。ソロ用の曲(?)もとてもよかった。「この世界の片隅に」というこうの史代の作品にインスパイアされた曲が素晴らしかった。高城さんの歌声って高尚かつポップだ。そして、うつくしきひかり「ともだちを待っている」

片想い「踊る理由」

のカバーも飛び出す。天才MC.sirafu(ラップも泣ける!)の名曲集だ。貴重なものを聞けました。

この方は本当に多忙だそうで片想いも26日のインディーファンクラブは何と5回ライブに参加するらしい。シラフファンクラブフェスじゃないか。しかし、そのおかげで音源がなかなか制作されない弊害が。シラフさん!片想い、ザ・なつやすみバンドの音源早く聞きたいです!


ラストは松倉如子を加えて、カラオケ(スナックですから!)でドリカム「決戦は金曜日」を披露。これが楽しくて実にアガる。ドリカム上がるわぁ。各夏フェスはドリカムの出演交渉に躍起になるべき。カラオケもっと聞きたかった。リクエストを聞かれたら、kinki kidsの「硝子の少年」をリクエストするつもりでした。場末シティーポップス。


行ったことを自慢したくなるような素晴らしいイベントでした!