青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

土井玄臣というアーティストについて


土井玄臣というアーティストとの出会いは2005年だ。くるりが立ち上げたレーベル「ノイズマッカートニー」のコンピレーションアルバム第2弾に「終点はあの娘の家」という曲が収録されていた。かれこれ5年、ふと思い出したようにこの1曲だけを聞き続けていた。その土井玄臣が1stアルバムを完成させ、それを無料配布している(送料まで!)という噂を聞きつけさっそく注文してみた。届いたアルバムは『んんん』というタイトルだった。

ここ最近買った新譜何枚かをほったらかして、ずっと聞いている。上手に笑えない、そんな些細なことが始まりで、朝から夜からもこぼれ落ち、世界からはみ出してしまった。でも、唄うことで、君と、世界と、繋がったり、祝福したり、されたり。必死に接続しようとする。そんな2人の物語が紡がれたこのアルバムだ。


こういう書かれ方されると嫌がるかも知れないけど、七尾旅人が『雨に撃たえば...! disc2』への関西からの回答のようである。このアルバムは、時間とか性差とか感情などが全部融解していて、とても混乱してしまうのだけど、それがとても心地よい。このアルバムが広まり、土井玄臣がたくさんの音楽を紡げますように。