読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

西野七瀬『風を着替えて』

f:id:hiko1985:20160929220250j:plain
乃木坂46西野七瀬は素晴らしい。奇跡的なパーツのバランスで成り立ったお顔や均整のとれたプロポーションももちろん素敵なのだが、何より声がいい。言葉数は少なく、声はとても小さいのだけども、なんとも切ない響きをしている。あの声には、ノイジ―な日々の暮らしにおいて、零れ落ちてしまう様々な感情をこっそりと託してしまいたくなる。そんな彼女の2ndソロ写真集『風を着替えて』もまた実に素晴らしいのだ。『普段着』というタイトルに反してそこはかとないアンモラルさが浸っていた1st写真集(撮影は藤代冥砂!)に比べると、実に健康的で瑞々しい。まるで憑き物が落ちたかのような幸福な笑顔。あのか細い声の不安気な女の子は、異国の地マルタでの束の間のバカンスを心から楽しんでいる。そんなショットの数々を眺めていると、世界というのは本当はとてつもなく素晴らしい場所なんじゃないだろうか、と思えてきます。カメラマンに川島小鳥、装丁に祖父江慎というクリエイティビティに満ちた人選も文句なしにはまっている。フィルムによる撮影の少しザラついた質感の写真は、バカンスの持つ有限性を際立たせ、見る者を少しセンチメンタルな気持ちにさせる。遠くの地に旅に出ることを、”風を着替える”と表現してしまうリリカルさもナイスだ。そう、この写真集のモチーフは”旅”である。



1ページ目には、空港でしゃがみこむ西野七瀬。こんなものを見たならば、

「元気でいて」とギュッと抱きしめて 空港へ先を急ぐのさ

というフレーズが舞い降りてきてしまうではないか。川島小鳥が2014年の木村伊兵衛写真賞を受賞した『明星』という”雨のよく降る”台南という街の若者達をカメラに収めた作品は、どう考えても小沢健二の「天気読み」なのだ、と信じてやまない私は、今作にもやはり小沢健二を探してしまう。写真集の終盤に、パジャマ姿で歯を磨く西野七瀬のカットが挿入されていて、「あぁ」とひとりごちる。なんだやっぱりこの『風を着替えて』が切り取ってているのは、”ぼくらが旅に出る理由”というやつではないか。

遠くから届く宇宙の光 街中でつづいてく暮らし
ぼくらの住むこの世界では旅に出る理由があり
誰もみな手をふってはしばし別れる


小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」

異国の地の眩い太陽と人々の営み。そして、儚いアイドルの、だからこそ弾けんばかりの笑顔と肢体。そんなものが詰まったこの写真集から、”ぼくらが旅に出る理由”を受け取ってしまうのでした。

西野七瀬写真集 風を着替えて

西野七瀬写真集 風を着替えて




関連エントリー
hiko1985.hatenablog.com
hiko1985.hatenablog.com