読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと(2016/05/17~)

最近のこと。5月の気候、ファボりたいくらい心地よくてお気に入り。「ファボる」って早くも死語になった感があります。今、住んでいる部屋は風がよく通るので、この季節は窓を開け放って過ごしている。掃除は大変だけどもたまらなく気持ちいい。そして、この時期だけはとにかくよく歩いている。足が棒になりそうだけども気持ちいいので止められないのだ。さて、昨年優勝しながらも低迷の続く我らがヤクルトスワローズ、先日とうとう最下位に転落致しました。負けていても最後まで応援するのが本当のファンだ、みたいな低次元なレベルで応援していない。序盤に11点もとられるような草野球をお金払ってまで観ていたら、怒って帰るのが本当のプロ野球ファンだ。プロ野球選手はアイドルじゃない。勝ち負けが全ての世界だ。野球に関する記述は減ると思いますので、ご安心下さい。



火曜日。仕事を終え、職場から家まで歩いて帰る。歩きであれば、音楽を聴いても怒られないのもいい。自転車に乗りながら音楽聞く行為は禁じられてしまった。自転車を漕ぎながら聞く音楽が1番素敵に聞こえた気がする。無心に近いからか、ペダルを漕ぐリズムに秘密があるのか、はたまた風か。高校時代、自転車を漕ぎながら聞いたくるり「ワールズエンドスーパーノヴァ」や銀杏BOYZの感触が忘れられないだけだろうか。絶対安心安全な道路があって、どんな運転も許される自治地区を作って暮らしたいくらい。その国では「絶対安心安全なんて本当にあるのか?」という事を問いかける芸術が流行り、僕らはなんだかウンザリしてしまうんだろうなぁ。流川楓が羨ましい。
f:id:hiko1985:20160523145025j:plain
ayU tokiOとChance The Rapperの新譜を聞いてのウォーキング。あぁ、どちらも本当に新しくて(そして、懐かしくて)素晴らしい。帰り道のスーパーで思い切って買った鴨肉のスモークが美味しかった。帰宅して、録画してあった『ゆとりですがなにか』5話を観る。面白いな。主要キャストが一様に素晴らしく、特に安藤サクラは抜群だ。でも、何かこう感想を書きたいという気持ちが起こらないのは水田伸生の演出のせいだろうか。想像力を刺激されない。そういえば、坂元裕二の『Woman』(2013)の時もそうでした。今期ドラマの『世界一難しい恋』を見逃しているのが悔やまれる。凄くいい評判を聞く。今から何かしらの方法で間に合わせようかしら。『ダウンタウンなう』の菅田将暉の回、観ました。菅田くん、とても良い。圧倒的に面白かった頃のダウンタウンをまた観たいな。『ガキ使』の立ちフリートークが『M-1グランプリ』のどのコンビの漫才より面白いではないか、という軸が失われてしまったのは本当に悲しい。菅田くんが話していた「今年のポールスミスのネクタイは長すぎる」ってやつ懐かしすぎるのですが、DVDではどの巻には収録されているのかしら。今の高校生は日曜日の憂鬱をどう吹き飛ばしているのだろう。



水曜日。やっぱり気候が良くて気持ちいいので、またしても歩いて帰る。ペットボトルのお茶が久しぶりに美味しく感じた。薬局で無くなりかけていたシャンプーの詰め替えとトニック入りのクールシャンプーを購入。夏に備える。帰宅して野球の中継を眺めながらご飯を食べた。最近、鳥肉ばかり食べている。ビフテキが食べたい。「いきなりステーキ」の単価が半分になってくれたら、週2で通うのに。1食2000円以上かかるのに(ランチ時は除く)、そんなにお手軽さを強調されてもな、と思うのだ。お風呂に入って、『重版出来』の5話を観る。世間の評判ほどには既存のドラマと比べて抜きん出たものを感じないのだけど、黒木華がかわいいので観てしまう。噂通りに、あの役を能年ちゃんが演じていたら事故が起きるような。安田顕の奥さん役が内田慈だった。『トットてれび』にもちょっとだけ出ている。あれ?と思って画面を観ると、内田さんがいる事多い。般若がKREVAを挑発した回で初めて『フリースタイルダンジョン』観ました。絶対に面白いのだろうから初回から全部観てみたいのだけど、どうしても億劫で手をつけられない。ミツメの来月リリースされるニューアルバムからのリード曲「あこがれ」のMVが公開された。
youtu.be
むっちゃくちゃいい。ちょっと涙腺にきました。衣装も最高だしギターとドラムの人の新しい髪形もいいな。サウンドはThe1975ですが、映像から漂う、そこはかとない往年のくるり感。若者的音楽最高峰という事だ。スカートの「CALL」も良いですねー。
youtu.be




木曜日。あえて迷子になるスタンスで適当に歩いていたら、本当に知らない場所に辿り着いた。あんな所にイオンがあったなんて、と驚く。行動範囲内に思いもしない施設が立ち並んでたりすると、夢を見ているみたいな気持ちになる。こんなような感覚を見事にリプレゼントした柴崎友香の『ドリーマーズ』という短編集がとても好きなのでひぜ読んで欲しい。

ドリーマーズ (講談社文庫)

ドリーマーズ (講談社文庫)

初めて入るブックオフで、柴崎友香『寝ても覚めても』と岡倉天心茶の本』を文庫で買いました。
茶の本 (岩波文庫)

茶の本 (岩波文庫)

はるか昔の話ですが、『MEN’S NON-NO』か何かで加瀬亮が愛読書として『茶の本』を挙げていたのを思い出します。むちゃくちゃ尖っているな、と憧れました。家でweb上にあがっているロロ三浦直之と範宙遊泳山本卓卓の対談を読んだ。面白い。童貞である事を声高に宣言していた三浦くんに、いつの間にか彼女ができていたらしい。ど、ど、ど、童貞ちゃうのか、もう。「いつ高」シリーズでの飛躍は彼女ができたからなのでしょうか。



金曜日。朝、信号待ちをしている時にすれ違った中学か高校くらいの女の子達が「ねぇ?どうでもいい話なんだけどさ。私たち、この信号で止まったことないよね」と話していて、あまりに文学だと思った。きっと今の彼女たちが進む道にある扉は勝手に開いていくのだろうな。そして、やっと週末カミング。帰り道にあった「ビックボーイ」に寄ってサラダバーで野菜をたくさん食べた。帰宅してシャワーを浴びて少し落ち着いた後、近所のシネコンに『64 ロクヨン 前編』を観に行く。
f:id:hiko1985:20160523145320j:plain
前半の素晴らしさに比べると終盤にかけて心理ドラマに収束していくのがちょっと物足りないのだけど、物語として面白いので、楽しめる。真相が気になるので、早く後篇が観たい。脚本の細部はちょいちょいハテナマークが浮かが、気にならない範囲。とは言え、佐藤浩一の娘が「あんたにそっくりのこの醜い顔を整形したいのよ」と泣き叫ぶシーンは本当に意味がわかりませんでした。演じているのが芳根京子なのですが、階段から降りてきた登場シーンは、一瞬、若かりし頃の満島ひかりが表れたのかと思いましたね。とにかく、いい顔のオンパレード、中でも主演の佐藤浩一と三浦友和椎名桔平は絶品でした。筒井道隆が出ているのも地味にうれしい。瑛太~筒井道隆中井貴一という系譜を私の中では構築している。しかし、ここまで邦画名優揃い踏みであるなら、後篇にはぜひとも中井貴一浅野忠信加瀬亮にも降臨して欲しいものです。『ミュージックステーション』にaikoが出ていたらしいので観ればよかった。夜中にコンビニで乃木坂46と「おかめ納豆」のコラボ商品を思わず購入。
f:id:hiko1985:20160521133945j:plain
西野七瀬さんにしました。これは別にいらないけど、買ってしまう見事な商品だ。片想いの2ndアルバム発売の報!うれしい。飛び跳ねるほどにね。とりあえず1st名盤なんで聞こうぜ!
hiko1985.hatenablog.com




土曜日。朝起きて、昨夜の乃木坂納豆でオムレツを作って食べる。素晴らしい天気で午前中は洗濯機を2度回し、合間は掃除に精を出した。床の水拭きまで気合を入れてこなし、お昼は近所の中華屋で半チャ―ラーメンを食べる。本当に古くて汚い時代に取り残された店だが、昼時は車で訪れてこの半チャ―ラーメンを食べに来るお客さんも多く見かける。化学調味料で舌がヒリヒリとするような下衆な食べ物だが、この21世紀においては既に古典芸能の趣を放っている。カレーやオムライスも旨い。大好きなお店だ。帰ってきて、お風呂の掃除をして、シャワーを浴び、読書に勤しむ土曜の昼下がり。読書に飽き始めた頃、セブンイレブンにアイスコーヒーを買いに出掛け、今週の『いろはに千鳥』観てゲラゲラ笑い、乃木坂46のMV集と個人PV集をパラパラ眺めた。何度観たって桜井玲香さんの『アイラブユー』が本当に素晴らしいのだ。
hiko1985.hatenablog.com
この先もこれを超える個人PVは出てこないのでは、という程に完璧に好きです。おかげで桜井キャップの大ファンになりました。監督の松本壮史さん、音楽の江本祐介さんありがとうございます!という気持ち。桜井さんを舞台に、白石さんをコメディテイストのドラマに起用するの急いだほうがいいと思います、世の中。夕方に出かけた池袋の芸術劇場に巨大なこけし風船が鎮座していた。特にも気も止めていなかったのだけど、突如警備員さんが「危ないので離れて下さい」と現れ、何でもこけし風船の中に空気を循環させていたモーターが止まってしまい、こけしが凋んで落ちてくると言うのだ。「いや、まぁそんなに危なくないと思うのだけど、一応ね」と警備員さんははにかんでいた。珍しいものが観られた。
f:id:hiko1985:20160521182433j:plain
f:id:hiko1985:20160521182902j:plain
しぼんでいくこけし。1枚目はかわいいが。2枚目なんかは切ない。



cero野音ライブを観る事ができたかった(何度申し込んでも外れた)腹いせに、思い切って焼き肉を食べた。思い切って食べる美味しい肉は美味しい。そして、美味しいお肉は高い。ceroの「ロープウェイ」という新曲(タイトルからして良い)、大変気になるのですが、どんな音でしたか。『ゴッドタン』にエルシャラカーニと三拍子が出演していた!嬉しい。しろうさん(坊主のほう)のトークはテレビサイズでもイリュージョンで大笑いしてしまった。ここの所ずっと『アメトーーク』が毎回のようにつまらなくて、『クレイジージャーニー』の録画に切り替えたいと思う。ナイナイの番組は軒並みつまらないし、さまぁ~ずへの熱も醒めてきているので、やっぱりくりぃむしちゅーしか信頼できないという気持ちになってきております。熊本の震災の事もあるし、今年はくりぃむがテレビに出まくって日本を元気にして欲しい。



日曜日。昼まで寝てしまう。湯船を沸かして、のんびりお風呂に入る。今日も天気がいいので、シーツや枕カバーも洗濯。ミツメをアナログで聞いたり、プリンスの2ndを聴いて過ごす。現在の小沢健二の業界クンなおぼっちゃまブランディングのダサさに怒り心頭だったわけですが、どうやらライブのチケットが余り定価割れをおこしているらしい。ネット上では3000円代のチケットも見かけた。ファンの年齢層を考えてない日程のせいなような気もしますが、これはポップカルチャー的に大問題なので、チケットを確保してその行く先を見届ける事にしました。とか言って行ったら行ったで、「きゃー小沢君!!!」なんつて最前列で気絶してみせようかと思います。楽しみだなー。これ、本当に内緒なんですけど、僕、未だに冷蔵庫にオザケンのポスター貼ってますからね。まじ魔法的じゃないですか?