青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ザ・なつやすみバンド『S.S.W(スーパーサマーウィークエンダー)』


ザ・なつやすみバンドが『サマーゾンビー』から1年の時を経て、夏の新曲をドロップ!なんと期間限定フリーダウンロード配信です!タイトル『S.S.W(スーパーサマーウィークエンダー)』でございます。録音とジャケットは信頼の得能直也&惣田紗希。夏のアンセム!にしてバンド最大の異色作。バンドのディスコグラフィーを参照にするならば、VIDEOTAPEMUSIC「ポリネシアン観光センター」のカバーが1番感触としては近いでしょうか。シンセサイザーの音色を主体としてエレクトロな質感にアーバンなコード感、クラブシーンに出自を持つMC.sirafuの多様性がザ・なつやすみバンドのパブリックイメージを更に拡大させ、夏の夜を彩ります。

スパサマ スパスパサマサマ
アーイヤイヤイヤー ウーイエー

聞けば一発で口ずさめるサビのチャラさも最高。Aメロのニュアンス(歌詞もナイス)とそれを乗りこなす中川理沙の歌声、フックに満ちた遊び心だけとっても、僕はこの曲を、いや、ザ・なつやすみバンドを支持したい。このサウンドであえて打ち込主体でなく、生のリズム隊のドタバタとしたちょっといなたい感じで攻めていくのも、絶妙。この巧妙な「ズレ」が楽曲のポップさに拍車をかけるのです。終盤ではチェロやヴァイオリンなどの弦楽器の音色も混じり合い、新しいポップスの境地へ。前述のいなたさに、楽曲は「サマーゾンビー」でもお馴染みの3人姉弟「はな せい おん」のキッズコーラスが重なり、幼児帰りしていくと言いますか、不思議な万能感を獲得していく。90’sを彷彿とさせる豊かなメロディーから、中盤のMTV全盛の80年代洋楽を彷彿とさせる早弾きギターソロと、なんだか楽曲構成も時間を遡っていくようです。Dorian、STUTS、mantaschoolがそれぞれ担当した2~4曲目に収録されたリミックスも、徐々に幼児性を獲得していくよう。子ども達の声に彩られたアンビエンストラックと化した「S.S.W (endless)」は過ぎていってしまったあの季節を永遠に閉じ込めてループしていくような輝きと切なさがある。週末の夏の夜のクラブ遊びから、幼き頃の夏休みがサラっと接続してしまう。

時が過ぎてもまだぼくらは夏のこどもちたち

というラインにもあるように、この『S.S.W(スーパーサマーウィークエンダー)』とは時間の不可逆性に抗うポップソングなのだ。「毎日が夏休みだったらいいのにな」という子どもから大人まで共通のボンクラ願望が、切実な祈りに変容を遂げるこの音楽の魔法に耳をすませよう。

神様ウカウカしてるから 世界は終末みたいね

と「週末」を「終末」で踏み、更に「S.S.W」という響きを「スーパー・サマー・ウィークエンダー」から「シンガー・ソング・ライター」に変容していく様もお見事だ。

ベソかいて フラフラする いばらのような毎日を
謳歌するあなたは 誇れるS.S.W(シンガーソングライター)

人生とは歌で、僕らは毎日を歌っていくのだ。



更に今後、随時公開されていくというトレーラーはあの瀬田なつき(『彼方からの手紙』『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』)が監督を務めているという。

ザ・なつやすみバンドの予想のつかない展開に魅せられっぱなしです!