青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

矢口史靖『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』


タイトルと予告編のあまりのセンスのなさに騙されていた。これは矢口史靖の快心の1作ではないでしょうか。『ロボジー』(2012)も決して悪い作品ではなかったが、あちらに欠けていた映像を観る喜びが今作にはある。ダイナミックでスリリングな林業のシークエンスは極力CGやスタントの使用を控えているらしい。 大木に刃を入れ切り倒す、高い場所へ登る、降りる。その一連の動作を、身体性を信頼しフィルムに収めた。その事実が疑いようもなく”映画”の魅力に繋がっている。被写体として、とにかく素晴らしいのが染谷将太伊藤英明だ。染谷将太の様々な感情が混濁したあの笑顔。そして、どこか脱臼した身体。あれに”若さ”という概念を全て託してしまいたい。近年では希少な35mmフィルム(『横道世之助』!)に若き染谷将太の表情と肉体を収めた、という点だけでもこの映画は評価に値するのではないかしら。誰もが言及せずにはいられないであろう伊藤英明のトラック飛び乗りの長距離長回しシーン。あの英明、最高過ぎるでしょ。三池の『スキヤキ・ジャンゴ ウエスタン』も『悪の教典』もノレなかったが、この矢口の伊藤英明はいいではないか。鍛えられ上げた肉体と身体能力が役者としての説得力を与えている。この映画は台詞でなく肉体で語る。矢口史靖にとって『ウォーターボーイズ』(2001)

ウォーターボーイズ [DVD]

ウォーターボーイズ [DVD]

以来の裸映画と言えるかもしれない。「林業やってみたい!」とか「田舎最高!」とかそういった事とは関係なし、映画の中にずっと浸っていたいと思わせるような、甘やかな時間が流れている。車で2時間かけて向かうスーパー、勇気(染谷将太)と山太(子役)で交わされる「おやすみ」のあいさつ。勇気と直紀(長澤まさみ)の関係性の描き方もよかった。神様の手触りを元に2人が手を繋いでしまうシーンなんて最高に巧い。祭りの儀式の上で結ばれたり、紙切れに導かれた想いが布切れ(お互いの身体を拭いたタオル!)に託されたり。絶妙な伏線とズラしが大変好みでした。多分誰が観ても楽しい絶対オススメの1本です。