青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『Maseki Geinin Collection 2013 夏』

『Maseki Geinin Collection 2013 夏』を新宿シアターモリエールで観てきた。

マセキ芸能社が熱い、というのはお笑いファンの暗黙の了解のようなものなのでしょう。ウッチャンナンチャンバカリズム出川哲郎、狩野英考、いとうあさこなどの売れっ子のイメージが強い印象ですが、ライブシーンにおいてもナイツを筆頭若頭として、実に充実した戦力を誇っているのです。ジグザグジギーツィンテル、ニッチェ、三四郎、浜口浜村、エル・カブキ、モグライダーと活きのいい若手がウヨウヨしている。『Maseki Geinin Collection』はそのマセキの精鋭に他事務所のゲストを交えて行われるネタライブ。今回の出演はマセキからナイツ、ニッチェ 、ジグザグジギーツィンテル、ルシファー吉岡、モグライダーでゲストにオジンオズボーン松竹芸能)、瞬間メタル(タイタン)、ラブレターズ(ASH&Dコーポレーション)、シソンヌ(吉本興業)、 ニューヨーク(吉本興業)、ドリーマーズ(人力舎)の12組。ナイツによる出演者紹介のOPがらずーっと面白かった。ナイツの司会は悪ふざけとホモソーシャル感と大御所感がないまぜでとてもいい塩梅。全組楽しめたのだけども、特に印象に残ったコンビをいくつか。


まずモグライダー。序盤の若手はつまらないだろうと構えていたので、1番手の漫才師からすこぶる面白いのは、拍子抜けするほどだった。エルシャラカーニの漫才をよりポップにしたような印象。インプロ感を匂わせながらも、破綻せずまとめてくる技術に感心してしまった。モグライダーなんて完全にノーマークだったけども、あそこまで面白い漫才を見せてくれるのだからマセキはやはり凄い、と改めて唸りたくなる。


今回の収穫は、熱心なお笑いファンに言わせれば、「何を今更」という感じでしょうが、吉本興業のシソンヌだ。恥ずかしながら名前しか知らなかったのですが、良質なコント職人だった。「本当に美味しい物を食べると身体が震えるんだ」と、じろうが様々なバリエーションで震えからの「うんめぇ〜」というアクションを見せてくれて、これだけでも充分な面白さなのだが、中盤「お前それアレルギーだよ」というツッコミが入り。正直に言えば、この時点で「あーダメだな」と思っていたのですが、「アレルギー」とシチュエーションを限定してしまったにもかからず、そこから今度はツッコミの長谷川がハチミツ二郎系譜のクールかつクレバーなツッコミをバシバシと決めていき、笑いがギアを変えて高まっていく。実にテクニカル。惚れました。


そして、ラブレターズは貫録の1本。溜口の狂気が叫び声となって放出される力技の1本。会場は悲鳴に包まれた。受けの時の表情の凄味といい溜口は本当に逸材だ。しかし、本を書いているのは塚本、というズレもたまらない。ラブレターズ登場時のナイツ塙による「見た目が抜群に面白いよね!江戸時代の人達ってこんなサイズ感だったんだろうなぁ、っていう」といういじりが秀逸だった。8/12(月)の東京グローブ座での単独公演には駆け付けたい所存。


そして、お目当てのジグザグジギー

ライブでこんなに笑ったのは初めて、という程に笑った。腹筋が痛み出すほどに数分間、途絶える事なく声を出して笑ってしまった。凄い、凄過ぎる。本当に好みどストライクのコンビなのだ。この感覚を上手く言葉にできないのが悔しいが、音楽で言えばceroに出会った時の感動に等しい。何やら音楽の例えばかりになってしまって申し訳ないが、ジグザグジギーはテクノ耳を持っていると思うのです。何も今回のネタ「超高性能家政婦ロボット」がひたすら爆音が流れるネタだから、という事ではなく。ミニマルなグルーヴを絶妙な言語感覚で操作してファンクさせる。とにかく信頼しているのは、ネタ中の不条理に対する「何故?」への解答に一切時間を割かない点。「運動」は理由が明確にされないほうが躍動する、という事を本能的に知っているのだ。かっこよすぎるぜ。池田勝の言語センスに疑いの持ちようがないし、宮澤聡の顔やアクションの面白さは一見さんも抱え込むであろう。なんせ2人共ルックスがいい。池田勝は長身痩躯のイケメンでわかるが、宮澤聡はただのおっさんじゃないか、と言う人もいるかもしれない。いやいや、20代であの貫録と気品は出せるもんじゃないですよ。何だかわからないがとにかく高貴なんだよな。つまり、テレビ映えもバッチリという事でガシガシテレビにも出ていって欲しい。とりあえずは、2013キングオブコントの決勝は是が非でももぎ取って欲しい。


ツィンテル、ニューヨークなどもよかった。瞬間メタルやルシファー吉岡は温かい目で観たくなる。ルシファー吉岡は五反田団などでお馴染の黒田大輔に顔が似ているような気がして異様に親近感を抱いてしまいました。ナイツは浅草の師匠を紹介というテレビで散々コスっているエピソードでの漫才で、本意気な感じではなかったので、そこそこの面白さだった。ガチンコの漫才が観たかったけども、司会が面白かったし、いっか。しかし、この面白さで2000円は破格だ。よしもとで行われている同様のイベントの数倍面白かった。マセキライブ、これからも大いにチェックしていきたい。