青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

鈴木卓爾『ポッポー町の人々』

『シネマ☆インパクト』は、新進映画監督と共に映画を製作するスタッフと出演者を一般から募り、決められた予算内で実践的に映画作りを学んでいくプロジェクト

その第1弾の5作品の中の1つ、鈴木卓爾『ポッポー町の人々』を観てきた。

鈴木卓爾の監督作品『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房

私は猫ストーカー [DVD]

私は猫ストーカー [DVD]

ゲゲゲの女房 [DVD]

ゲゲゲの女房 [DVD]

は近年の邦画界の生んだ奇跡でありまして、その監督の新作とあれば、何としても観ておかねばならぬのです。先に挙げた2作は撮影:たむらまさき、録音:菊地信行という国宝級のスタッフに支えられていたわけだけども、有志スタッフで撮られた今作に置いても鈴木卓爾の素晴らしさは揺るがなかった。『シネマ☆インパクト』第1弾はほぼ全ての作品が「震災」をテーマにしているようで、「フィクションはこの現実においてどこまで有効か」を実証しようとしたチェルフィッチュの『現在地』に緩やかに共鳴しているように思える。撮影開始は2012年3月11日、舞台は架空の街「ポッポー町」。震災以降、ポッポー町から外に出るのは何故だか困難になっているらしい。ロケ地は早稲田〜高田馬場周辺であり、デンシャムシ(都電)が走っている。地に縛り付いてグルグルと回っているように見えるそれは、震災で愛する人を失い前に進めない住人達の気持ちである。しかし、その住人達をカメラが俯瞰で捉える際、実に印象的に路地(雨で濡れており灯りが艶やか反射している)や坂道が奥にスッと伸びたロングショットとして映し出される。この奥へ続く空間に、循環を打ち破る直線の運動が示唆されており、クライマックスの原発デモの行進へと繋がっていくのだ。映像作家の仕事を観た!と高揚してしまう。死に囚われた人々が生へと転化していく際の葛藤「でも(but)」が「デモ(demonstration)」に託されているのも秀逸。音も印象的で、『ポッポー町の人々』は現実の街の音と映画の嘘の音が混ざり合い、境界を融解している。『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』と同様に、「映り込むものの全てを矛盾も含めて愛すのだ」という鈴木卓爾の眼差しが存分に感じられた。閉鎖的な重たい作品かと思いきや、無茶苦茶ポップに開けている。映画の嘘の音が現実に浸食するスリリングな瞬間を見逃すな!


そういえば、ポッポー町を歩く登場人物は皆何かしら関わりを持っていて、その無理矢理に関係性を与えられていく様が、ロロの『父母姉僕君』に似ているな、と思って観ていると、ラストには各々が楽器を持って演奏を始める(楽曲の質感も少し似ていて)ものだから、同時代を生きる作家のリンクにじんわりと興奮してしまう。後、鈴木監督のとんかつへの偏愛にも興奮。ところで、あのナツミの兄で、原発デモのリーダーのあの男は、神聖かまってちゃんのの子。が歳を重ねた姿なのではないかしら、というくらい雰囲気が似ていた。