青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ロロ『夏も』


ロロの本公演『夏も』を鑑賞。相変わらず、つめこみ過ぎでいびつで不細工で(役者は男の子も女の子もみんなとってもかわいい)見づらいんだけど、どうにも憎めない。いや、むしろ好きだ。すっきりと体裁を整えて見やすくしてしまったらロロではないと思う。『夏も』で描かれているのは「わかり合う事」ではなく「わかり合えない事」の許容や肯定だと思うの。相手が何を言っているかよくわからなくても「うん、うん」と一生懸命相槌を打つ少女。いつしかそれは素敵なメロディーになる。神様も妖精も馬も男も女にすれ違いながらも平等に扱われている。


劇中で大林宣彦『転校生』よろしく男の子と女の子の魂が入れ替わってしまう。文字通りの魂の交流があってもなお、2人は交わらない。永遠の片想い。でも、しっかりと「バイバイ」という2人に「受け入れる」事の力強さを感じた。劇中ではチープなJ-POPが流れたり、歌われたりするのだけど(多分)EXILE

君と過ごす夏は倍以上アツイ! FEEL MY HEART

なんて歌詞だって私は受け入れる。多分72℃くらいとう事でしょう。役者に負荷をかけて、そのグルーヴによって一人の魂が全員に憑依していくシークエンスは確かにハイライトなのだが、これは先日観たマームとジプシー『塩ふる世界。』に軍配が上がる。若い同世代が切磋琢磨していく現在の演劇界、非常におもしろい。