読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

最近のこと。暑い。湿気が凄過ぎて、自転車を漕いでいると水の中を泳いでいるようだ。と書くと、素敵な感じだが、ネガティブな意味で。息苦しいのだ。しかし、カレーを煮込んだり、スイカバーを食べたりして、愉快に夏を過ごしています。後、豚しゃぶをむちゃ食ってます。茹でに茹でている。それときゅうり。梅味噌をつけて食べます。これが夏の鉄板じゃ。



LIBROの池袋本店が閉店してしまった。池袋は青春の地。思い出もさぞかしあるだろう、今回のメインテーマは「LIBRO池袋本店と私」に決まりだ!と書きだしてはみたものの、意外と出てこない。1997年にジュンク堂ができてからはどうしても品揃えのより豊富なそちらを贔屓してしまう傾向にあって、交差点を渡るのが面倒くさい時に利用するのがLIBROという感じだった。雨の日とか。でも、参考書とかはジュンク堂よりLIBROでよく買った気がする。後、LIBROの本のカバーがとても好きでした。池袋も昔は中型本屋が何店もあったものだけど、完全に淘汰されてしまったな。そういえば、ジュンク堂とLIBROの間にあるカラ館はかつてダンキンドーナッツだったような気がする。ダンキンってどんな味だったか思い出せないな。



ヤクルトスワローズのこと。7/11に神宮球場へ行き、館山の1000日ぶりの勝利を祝う。1安打しか許さぬ、完封リレーで実に気持ちよかった。館山がしっかり戦力として復活を果たしてくれて、本当にうれしい限りだ。勝った日は財布の紐も弛み、ついつい「しがみつきツバ九朗」などというコンセプトのよくわからないグッズを買ってしまう。
f:id:hiko1985:20150711233947j:plain
(私の山下達郎の『SPACY』割れてるじゃないか!)しかし、かわいい。かわいいぞ、ツバ九朗!マスコットのかわいさでは12球団1!と贔屓目なしに思うのですが、どうでしょう。その内、『POPEYE』でシティーボーイは「スワローズを応援しよう」という記事を書いて神宮観戦を推奨してくれると信じよう。同じ都内でもジャイアンツよりはスワローズに肩入れしてしまうのがシティーボーイの気分なのだ、とかなんとか。「球場では思いっきりジャンクに攻めよう」とフード紹介もあるに違いない。ちなみに私のオススメは一塁側にある牛丼です。
f:id:hiko1985:20150711173818j:plain
あれは美味い。カルビ丼や生姜焼き丼もありますが、牛丼がベスト。さて、ヤクルト後半戦、調子いいです。火曜日には1イニング11得点という爆発を見せており、打線の繋がりを感じる。山田哲人が夏に入り、更に調子を上げてバケモノの子である。来季はぜひミスタースワローズの背番号1を掲げて欲しい。若松、池山、岩村、青木らが背負ってきた番号です。オールスターは2試合共にテレビで鑑賞。セリーグの完全勝利で交流戦の鬱憤を少し晴らしてくれました。しかし、西武の森に全て持っていかれた感じ。初めて映像で見たのですが、本当に凄まじいスイングで、打とうが打つまいがエンターテイメントとして成立している。大谷や藤浪の投球を見て、ヤクルトにも豪腕投手がいたら、と思う。由規の復活を待ち続ける!



最近観たもの。新宿のバティオスで『6人のライブ(仮)』を久しぶりに観た。相変わらず楽しい。芝さんがトモシゲ君よりボケまくるモグライダーの2本、むちゃくちゃ笑った。賞レースでは評価されないタイプの漫才が日の目を見る機会ってどこかにないものか。このライブに来ると、ザンゼンジの武田さんの面白さにいつも驚いてしまう。テレビで活躍する姿が早く観たい。ライブ後、沖縄料理を食べた。お酒の飲めない珍味好きなので、沖縄料理は琴線を刺激してくるものが多々ある。先週の日曜日はお台場へ行き、ceroのライブを観た。会場はZEPP TOKYOである。豊洲からゆりかもめに乗ってお台場方面に行くまでのだだっ広い未来都市観のある風景が好きなのだけど、これもオリンピックまでに変わってしまうのだろうか。ダイバーシティーのカルビープラスで揚げたてポテトチップスとじゃがりこを食べた。この揚げたてシリーズ、ポテトチップスは温かいだけという感じでしたが、じゃがりこは本当に美味しい。
f:id:hiko1985:20150712170018j:plain
ホクホクと甘い。千鳥が『いろはに千鳥』で「棒状のもんで1番美味いんとちゃう?」とおっしゃっておりました。『いろはに千鳥』のDVD早くシーズン2出ないかな。1も繰り返し観て笑っている。売り出し中のグラドルとの番組も楽しみ観ております。ceroのライブは疲れてしまった事もあってか、楽しみきれず。ZEPPの音が好きじゃなかった。松本のライブハウスで聞いた音のほうがずっと良かった、と個人的には思った。しかし、広い会場に負けない貫禄のある演奏と歌でした。秋に中野サンプラザで着席ライブを行うというアナウンスがあって興奮。中野サンプラザの音は好きだ。特別な会場だ。無くなってしまう前にceroがライブできてうれしい。湿気の凄い日だった。途中で退出して、海の匂いが色濃いヴィーナスフォートレッドブルのサマーエディションを飲んでから帰る。



最近観た映画。冨永昌敬『ローリング』面白い。カメラもいいし、ふざけていた脚本にも最後少し泣かされる。三浦貴大はとてもいい役者だ。声がいい。ジョス・ウェドンアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は1作目に比べるとかなりのれず。登場人物が最初から最後までひたすらウィットに富んだ事を言おうとしている感じが非常につらい。予告で観た『バクマン』面白そうだ。佐藤健×神木隆之介×染谷将太はずるい。丸山健志『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』が予想以上によかった。橋本奈々未さんがカッコよすぎてますますファンになりました。
f:id:hiko1985:20150723234555j:plain
細田守バケモノの子』は個人的にはかなり残念でした。背景とか美術は美しいのだけど、獣人達のキャラクターデザインが全く魅力的じゃないのが致命的だ。鳥山明にでも頼めばよかったんじゃないか。奥寺佐渡子の抜けた脚本も良くない。消え失せた相米慎二感、夏休み感。台詞回しのつまらなさ。台詞で全部言ってしまうので、敷いてある隠喩も陳腐になる。俳優達の声優ぶりはみな見事だけども、どうしても本人達の顔が浮かんでくるなぁ。リリー・フランキー大泉洋も本当に上手なのだけど。本を読む為に勉強するシーンだけ妙に瑞々しくていい。後、監視カメラのショットが妙に心に残っている。『HERO』も観ました。期待していなかったのだけど、これが凄い良くて少し泣かされた。これはブログに感想を書きたい映画だ。



最近観たDVD。イルミネーションエンターテイメントの『怪盗グルーの月泥棒』を観た。

怪盗グルーの月泥棒 [DVD]

怪盗グルーの月泥棒 [DVD]

間もなくシリーズ3作目の『ミニオンズ』が公開なので、何気なく観てみたのですが、これが驚くほど面白い。むちゃくちゃ良く出来ていて、素直にワクワクして、ちょっぴり涙した。細部もいちいち気が効いている。全作品の脚本を手掛けているシンコ・ポールとケン・ダウリオという2人組は何者なのだろう。グルーの声はスティーヴ・カレル(我らが『40歳の童貞男』だ!)なんですけど、吹き替えだと関西弁の笑福亭鶴瓶なのだ。別物として楽しむならまだしも、初見であれば、絶対ガレルで観るべき。『インサイドヘッド』はまだ観てないので何とも言えませんが、大きく鳴り過ぎたピクサーより、黎明期と言っていいイルミネーションエンターテイメントの勢いのが注目すべきなのかも。イルミネーションエンターテイメントはこれからウッディ・ウッドペッカーとかおさるのジョージの映画化を企画中らしい。楽しみ過ぎる。


ドラマを観まくっている。木皿泉の『Q10』と『セクシーボイスアンドロボ』を観終える。更に『すいか』と『やっぱり猫が好き』もパラパラと観始めている。織田裕二主演の『お金がない!』も6話分観た。

お金がない! DVD-BOX

お金がない! DVD-BOX

これも実にもおもしろい。織田裕二が歌う主題歌「OVER THE TROUBLE」が最高だ。
youtu.be
イントロからぶち上がるし、ウェルメイドなメロディラインをなぞる織田裕二の歌の薄くて軽い感じがまたいい。このドラマは後で適当な感じで感想を書きたい。最近映画よりもドラマが面白くて参っている。今期の岡田恵和の『ど根性ガエル』も本当に素晴らしいではありませんか。河野プロデュース作品は音楽がいい。劇伴も主題歌も挿入歌も。『Q10』で使われる堺雅章の「さらば恋人」とかもう。『ど根性ガエル』の管楽器のアンサンブルと合唱の多幸感は何かに近い、と思ったら片想いの音楽だ。しかし、ミッツ(我が家では満島ひかりの事をそう呼んでいます。ミッツから漂うマングローブの響きが満島ひかりの沖縄出身という要素を引き立たせる構造にもなっています)の声が本当にかわいいことよ。しまむらで1000円くらいで売っているらしいピョン吉Tシャツをゲットしたい。着ないでいいからハンガーにかけて干しておきたいではないか。高校生の頃、上野の露店で300円で買ったピョン吉Tシャツを体操着にしていた。体操着を忘れた友人に貸したら、なかなか帰ってこないので、問い詰めると、「母ちゃんが気にいっちゃって家でずっと着てるんだよ」という事だったので、快く譲ってあげました。実に薬師丸ひろ子的な話だ。原作通り、長袖のトックリにピョン吉がついているのって意外と見かけないものだ。



最近聞いているもの。never young beachとラッキーオールドサンを今更ながらよく聞いている。

YASHINOKI HOUSE

YASHINOKI HOUSE

ラッキーオールドサン

ラッキーオールドサン

ココ吉レコメンドは間違いないですね。梅雨時はゲントウキをひたすら聞いていた。最近初めて聞いた『路面電車とチーズケーキ』の素晴らしさに震える。
路面電車とチーズケーキ

路面電車とチーズケーキ

ゲントウキがビート重視のロックをやっていて、むちゃくちゃかっこいい。なのにメロディは立ちまくっている。
youtu.be
カーネーションの鳥羽さんがプロデュースのようだ。名盤。いや、ゲントウキがリリースした音源はその全てが名盤だ。中古だと300円くらいで簡単に手に入ってしまうので、未聴の方はゲット推奨です。ソロユニットになってしまったらしいゲントウキのライブも観に行きたいな。梅雨が明けてからはカーネーションの諸作とNeil Youngの『On The Beach』をよく流している。後、中古レコ屋で300円で買った荒井由美の『14番目の月』もよく回している。音がとてもいいです。コーラスアレンジは山下達郎さんだ。