読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

「最近のこと」をすっかり書きそびれていた。備忘録をつらつら。先月の事になってしまうが、『IZU YOUG FES’15』を観に行くついでに熱海、箱根の温泉に浸かってきました。気候も良くてよい旅となりました。温泉まんじゅうも食べた。”おまんじゅう”という響きのかわいい事よ。『IZU YOUNG FES』で聞いたフジロッ久(仮)の演奏があまりに良くて、丘に座って観ていたのだけど、ビックリして思わず立ち上がり、前方に駆け寄ってしまった。ずーっと涙ぐんでしまう感じでした。「パーク」という新曲が忘れ難いのです。跳ねて転げ回るような、メロディーとリズムの躍動。そういえば、この日は披露されなかったけど、先日リリースされたスプリット7インチ「結婚しようぜ」も最高です。聞いていると勇気が出る。元希君の等身大のカリスマ性が止まりません。ラーメンろたすの煮干しラーメン、今年も本当に美味しかった。『問題のあるレストラン』の伊達さん(銀粉蝶)だったら「んあったかい」と褒めてくれる事でしょう。ボヤボヤしていたらヤング麺が売り切れてしまったので、煮干しラーメンを2杯食べました。勿論、ヤングの演奏も素晴らしくて、泣かされてしまった。乍東十四雄時代の「無題」から始まったのにグッときた。ヤングの解散に関してはロングラブレターを書いたので、お読みください。高梨さんがツイートしていた、ヤングに「love your music」とメッセージを送ってきたタイのSummer Dressというバンドの動画が最高でした。繋がっているなー、という気持ちになる。

youtu.be
みんな大好き『ごめんね青春!』の舞台である三島駅も通りました。駅前には勿論ロケ地マップあり。からくり人形もちゃんとあります。あの「いずっぱこ」にも乗りました。ドラマでお馴染みの”ハートのつり革”は販売しております。商魂たくましいぜ!ちなみに、「いずっぱこ」の駅中そば屋はとても美味しいのでオススメですよ。



もうとにかく千鳥に夢中なのです。最近のアイドルは千鳥とcero佳子様でございます。

YAKARA! [DVD]

YAKARA! [DVD]

笑い飯・千鳥の大喜利ライブDVD

笑い飯・千鳥の大喜利ライブDVD

買い漁ったDVD(笑い飯と千鳥の大喜利ライブのDVDなんてamazonで1円ですよ)では飽き足らず、YouTubeで千鳥のロケコーナーがある『せやねん!』とか『今ちゃんの「実は…」』とか関西ローカルの番組を貪るように観ている。「千鳥弁当」と「夫が突然千鳥を家に連れ帰ったら、妻は実は…何を出すのか?」の素晴らしさを観るに、『いろはに千鳥』を除いて、千鳥の魅力を引き出せず、気づけない関東人である事が情けなくなる。

youtu.be
腹が捩れるほど笑った、ノブの「誰が瑛太なん」がどうやって生まれたのか知りたい。あー全部観たい。関西在住でコーナーを録画してDVDに焼いているという熱心な片いたらご連絡下さい。ダイアンの津田さんは「千鳥弁当」を毎回録画して研究していたそうですね。


シソンヌの公演『quatre』を恵比寿エコー劇場で観てきました。
f:id:hiko1985:20150609223750j:plain
個人的には前回の『trois』のが好きだけども、面白かったです。バカバカしい表面の裏でずーっと不穏さみたいなものが漂っていて落ち着かない。視えない"不安"のようなものがじわりと炙り出されていくような。なんて思っていると、公演終盤に"3.11"以来の大きな揺れ。少しの中断の後、コントは再開。いやー"不安"がむき出しになってしまったような感覚で、もう落ち着かなくて仕方なかった。また印象的だったのは、1本目のコントから「なぁ、強いってどんな気持ち?」「なぁ、アメリカってどんな気持ち?」と、今回もかなり濃厚にポリティカルな主張が奥底に隠されているように感じた点。詳しい感想はDVDが発売されてからにしたい。ときに、『une』を再演するらしいけど、それなら『dexue』をすべきでは、と思うのだけど。かもめんたるポッドキャストラジオをちまちま聞き進めているのだけど、とってもおもしろい!ネチネチとした小競り合いがちゃんと笑えるエンターテイメントになっている。7月に行われる劇団かもめんたるの公演の参加者が芸人ではなくて、舞台経験者と聞いて、かなり不安になっていたのだけど、蓋を開けてみたらハイバイ、ヨーロッパ企画ナイロン100℃など、適材すぎる劇団からの参加で安心した。ハイバイ川原千昌が特に楽しみ。個人的にはかもめんたる×黒田大輔が観てみたい。かもめんたるやシソンヌが出演していたNHKの『LIFE!STAGE ~人生に捧げるコントライブ~』観たのですが、やっぱりこの番組どうも好きになれない。この番組のフィルターを通すと、どういうコントも古臭く観えてしまうなー。「I脳YOU」でのう大さんの演技がライブで観る時よりワチャワチャで、緊張がうかがえた。でも、『ゴッドタン』のひむ子オーディションでのう大さんは素晴らしかった。おねぇキャラの発掘で、女装に定評のある槇尾さんでなく、う大さんにオファーかける『ゴッドタン』という番組はやっぱり抜きんでている。先週の「アンタッチャブル柴田のマジ嫌い」もよかった。泣けた。人力舎の層の厚さをノートに書きだして、1人ニヤニヤしていた高校時代の僕に見せたい。



今期はドラマがキムタクの『アイムホーム』以外脱落しているのだけど、アニメの『響け!ユーフォニウム』と『長門有希ちゃんの消失』は観ていて、両方とも凄く好き。『響け!ユーフォニウム』の8話(これぞ神回!)からのギアの上がり方がとてつもなくて、京都アニメーションに栄光あれ、という感じ。脚本もどんどんキレが出てきている。『長門有希ちゃんの~』も8話が良かった。夜中に旅館の浴衣のまま登る茶臼山恐竜公園。ロケハンの勝利だ。長野市に実際ある公園で、勿論夜中に入れない。ずっとラブコメなのかと思いきや9話で急に『涼宮ハルヒの消失』との対関係がしっかり浮き出るような展開を見せ始めて、目が離せないです。OPの「フレ降レミライ」も「ハレ晴レユカイ」に劣らずいい。キャラデザはまぁ慣れればかわいいのだけど、背景とかはどうしても本家の京アニ版と比べると描き込みが雑な所があるのが残念。アニメと言えば、原恵一百日紅』も観た。
f:id:hiko1985:20150520000749j:plain
松重豊の声がかなりよかった。囲われる、解放する、の運動の対比で画面と物語を構築しているのもいい。冒頭からまず龍を閉じ込めてる所から始まる。絵を描くという事を対象を閉じ込めるという事。そして、遊郭、病床が舞台に選ばれ、そこから抜け出さんとする短編が繋ぎ合わされていく。全体的にはちぐはぐに渋くまとめ過ぎている気もするのだけど、それでいて、泣かせにかかせようとしているのが見え見えな所がちょっとな。後、音楽が良くないです。



最近読んだ本。柴崎友香の『わたしがいなかった街で』(凄い!)を読み終えたので、ジェニファー・イーガン『ならずものがやってくる』を文庫で読み進めている。

ならずものがやってくる (ハヤカワepi文庫)

ならずものがやってくる (ハヤカワepi文庫)

ピュリッツァー賞受賞作。こちら、柴崎友香も推薦している。おもしろいです!早く全部読みたい。読書の時間を上手く作れないのが悩み。石黒正数それでも町は廻っている』の14巻が傑作でした。記憶や思い出はどこにあるのか。なんの為にあるのか。やはりどこまでも保坂和志的な作家だ。現行で1番好きな漫画家です。市川春子の『宝石の国』4巻も凄かった。こんな物語の強度のあるものを描ける人なんだな。最強だ。後、今は赤塚不二雄の『レッツラゴン』を少しずつ読み始めている。
レッツラゴン1

レッツラゴン1

学生時代からずっと読みたかったのだけど、絶版で手に入りにくい上に冊数が多かったので放置していたのですが、気が付いたら復刊していました。しかも、今年舞台化もするそうで、まさに今が読み時。1巻はさておき、2巻からがもうとてつもない。吐くほど面白い。これが40年前って。信じられないベラマッチャ。




書くまでもありませんが、ceroに夢中だ。あなたは『Obscure Ride』を聞いたか!?

Obscure Ride 【初回限定盤】

Obscure Ride 【初回限定盤】

もうずっと聞いている。今の所は、これまでのceroのカラーと今作での新しい試みが1番美しく混じり合っている「wayang park banquet」がいっちゃん好きです。早く車に乗りながら聞きたい。コーラスをメインで担当しているのがそSMOOTH ACEの方というのも豪華過ぎませんか!?そういえば、SAKEROCK解散してしまいましたね。解散ライブは配信で観させて頂きました。ラストの「SAYONARA」かっこよかったなー。あの音楽性で国技館を埋めてしまうのまじで希望だ。

youtu.be
松永良平さんがTwitterでつぶやかれていた井手健助と母船の、ライブ映像を観たら、一発でノックアウトされた。歌声やバンドのアンサンブルもさることながら、このハンドマイクで歌っている画が素晴らしい。髪型も眼鏡も。そして、今は無きミュージックオルグよ。「ロシアの兵隊さん」名曲!!音源を早急に手に入れねば。



その他、最近聞いているもの。Father John Misty『I Love You,Honybear』大好き!

I Love You, Honeybear

I Love You, Honeybear

先月リリースされた元Fleet Foxesのドラマーによるソロアルバム2枚目。すんばらしい。Sufjan Stevensと同じくらい重要な、”アメリカ”を歌うチェンバーポップシンガーだと思うけども、日本では全く盛り上がっていない様子。全曲普遍的な強度を持った名曲で、名盤間違いなしです。そして、待望のリリース、Not Wonk『Laughing Nerds And A Wallflower』
LAUGHING NERDS AND A WALLFLOWER

LAUGHING NERDS AND A WALLFLOWER

文句なしにかっこいい。この稀有な声は音楽界の宝であります。しかし、誰が何と言おうと、個人的には収録時間が長すぎるのです。当初10曲入りの予定が、エンジニアの意向を取り入れて17曲入りになったそうだけど、うーん(余計な事を!)。本人達もスーパーカーのファーストアルバム『スリーアウトチェンジ』(19曲入り)の感じで!みたいな事らしいですが、『スリーアウトチェンジ』通しで聞いたの、2回くらいしかないからなー。後、ジャケットも好みじゃないです。
youtu.be
表題曲を7インチでリリースしてくれるとブチ上がります。



ヤクルトは下位をウロチョロしておりますが、山田の復調、畠山の大砲確変、伏兵今浪の覚醒、そして愛すべきデニング(満塁ホームランありがとう!)、無失点クローザーバーネット様と明るい話題が増えてきております。交流戦明けに館山も戻ってくるとか。無理はしないで欲しい。館山に関しては、チームの窮地であろうと、個人の選手生命を優先して欲しい。それくらいに偉大な投手なのです。川端も好調だし、後は雄平さえ調子を上げてくれれば。ミレッジとバレンティンの事はもう忘れました。応援しているマルチプレイヤー藤井亮太にも頑張ってもらいたい。奥村くんって2軍でどんな感じなんだろう。大引もいない事だし、1回くらい上で見たい。



歌舞伎町の焼き鳥屋「鳥みつ」に行ってきた。ちょっと衝撃的に美味しい焼き鳥だった。
f:id:hiko1985:20150530172903j:plain
こちらの”ささみ”がまず絶品。こんなささみ食べた事ない。白レバ、団子はマストです。非常に狭い店内ですので、予約推奨でございます。