青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

グレッグ・モットーラ『宇宙人ポール』


サイモン・ペッグニック・フロストのコンビの脚本・主演に『スーパーバッド 童貞ウォーズ』監督のグレッグ・モットーラを迎えた今作。いやぁ、素晴らしかった。エドガー・ライトの『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』にいまいち乗れなかったので、私が好きなのはサイモン・ペッグニック・フロストの2人なのかも知れない。


SFオタクの英国人2人が、コミコン(アメリカで行われる1日に10万以上の動員を誇る一大オタクイベントらしい)への参加、エリア51などのUFOスポットを巡るドライブ、という長年の夢の実現を企てアメリカに訪れる。そこでポールと名乗る宇宙人を車に乗せる事になるのだが・・・とおいうお話。アメリカンロードムービーの体裁を持ちつつ、スピルバーグ諸作(本人の声のカメオ出演も!)、『STAR WARS』『エイリアン』etc、王道のSF映画愛に詰まったオマージュの連続とポールのアメリカ気質なギャグの連発で駆け抜ける至福の104分(最高!)。このポールは宇宙人でありながらアメリカ文化に浸った、かつ影響を与えまくった人物として劇中で描かれており、つまりはグレアム(サイモン・ペッグ)とクライブ(ニック・フロスト)が憧れたアメリカそのものでもあるわけだ。「エイリアン」のダブルミーニングも上手い。

先述したオマージュの元ネタがわからなくても、この映画に通底するマインドは素晴らしい。コミコンに参加したグレアムが「今まで生きてきた中で1番楽しいかもしれない」とか言い出す時点で泣けるわけですが、とにかくギークな彼らの純粋な思いが報われる、信じ続けたUFOが彼らに到来してくれる。
ポールを車に乗せてかかるTod Rundgren「HELLO, IT'S ME」が泣ける。

ハロー僕だよ
長い間僕たちのことを考えていたんだ

また、地球に不時着したポールを介抱した少女は誰にも信じてもらえなくても宇宙人はいたのだと信じ続け、60年後再会を果たす。その対比として登場する敬虔なクリスチャンであるルース(クリスティン・ウィグ)はポールと遭遇する事で、信仰は揺らぎ自己が解放されていく。つまり、我々ボンクラの、映画愛でも漫画愛でもアニメ愛でも何でもいいんだけど、そういった純粋な想いが神への信仰に打ち勝つ映画なのだ。ごめんなさい!神様より好きです!(©THE BLUE HEARTS)なのだ。