青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

太田光代×吉田豪 『〜ハーブとアロマの午後&カンタンおつまみで乾杯!〜』


阿佐ヶ谷ロフトAにて開催された太田光代のイベント『〜ハーブとアロマの午後&カンタンおつまみで乾杯!〜』に参加してきました。インタビュアーとして吉田豪が登壇。太田光代さんは、お笑い事務所タイタンの社長であり、爆笑問題大田光の嫁。建前上は社長が展開している「Witch Moon」というお店のハーブティーの話をメインに、という事なのですが、やはりお目当ては爆笑問題に関する話題。吉田豪氏はさすがプロといいますか、絶妙にそちらの話題に社長を誘導するのですね。いくつか印象的だったエピソードを紹介したい。



爆笑問題のTBS『情熱大陸』は、太田と田中で2週に渡って放送された。見ごたえで言えば、芸人としての苦悩をさらけ出した太田回の方が断然上なのだが、野球をして遊んでいるだけの田中回が何故か視聴率では上回った。しかし、この結果を社長は予想していたという。曰く、「田中の気楽に見られる感じは強い」。確かに田中が楽しそうにしている姿は本当によい。田中というのは実に不思議な存在だ。9年連れ添った奥さんが浮気のすえ妊娠が発覚し、離婚。太田夫妻とマネージャーは「さすがに落ち込んでいるだろう」と田中を誘い慰安旅行に出かける。色々積もる話もあるかと思いきや、当の本人は、何事もなかったように、旅行にはしゃぎにはしゃぎ「麻雀やろうよ!」「あっちの温泉入ろうぜ!」と飄々としていたそうな。この痛みを伴わず、とにかく楽しそうな姿。吉田氏も「天才的ですよね」と。ここで私は「田中裕二、まじ天使!」説を唱えたい。収録中、大田が熱弁を奮っていると、田中はたまに目頭を熱くしているという。社長が「何で泣いてるのよ?」と聞くと「いやぁ、いいこと言うなぁと思って」と答える。20年以上相方としてやってきて、今なお大田をテレビの視聴者のように見られる田中の眼差し。まさかに天使ではありませんか。仕事で干されてコンビニバイト生活が続いていた時も、「草野球をする時間がたくさん取れて楽しい」とへこたれることもなく、日々を満喫していたらしい。もう、ちょっと怖い。



離婚した田中に、社長は「老後は、うちと田中の3人で暮らす覚悟」という言葉を残している。僕はこの話を聴いた時、ほんと泣きそうになってしまった。太田は

俺らは田中のために働いてるのかもな

という発言をしている。これは色々なものを超越した天使を巡る「絆」のお話だ。



太田と田中の仲のよさについて。社長曰く「ほんとイチャイチャしている」とのこと。ふざけてキスをしている事もあるのだそう。そして飛び出た

なんで田中にキスして私にしないのよ!

という社長のパンチライン。もう3人まとめて萌えだ。爆笑問題は社会派、みたいなイメージも強いが、彼らの真髄はやはりホモソーシャル感だろう。爆笑問題の2人でカラオケに行ってプリクラを撮った、みたいエピソードが稀に聞ける『検索ちゃん』は実に貴重な番組だ。



太田夫妻のエピソードも素晴らしかった。現、使っている「アーリン」という呼び方。これは「ダーリン」と呼ぶと太田がビクっとする為、濁音を抜いみた事から生まれたらしい。元々は「ピーちゃん」だったのだけど、みんなが呼び出したで変えた。「2人だけの呼び方が欲しいから」と言う社長。かわいい。ちなみに、太田の社長への口説き文句は

僕は君をファーストレディにしてあげるよ

だったらしい。結婚20周年で、食事をした際、社長は待ち合わせ場所にウェディング姿で現れたらしい。「どう?きれい?」と聞く社長に太田は苦笑いでうなずく。映像がありありと浮かんでくる素敵なエピソードである。



トークショーがあまりにおもしろかったので

奥さまは社長―爆笑問題・太田光と私 (文春文庫)

奥さまは社長―爆笑問題・太田光と私 (文春文庫)

を購入してサインをしてもらった。一遍に読んでしまったのだが、本当に萌えエピソードの塊だった。これは必読ですよ。あとがきで太田が、現在の社長の働きっぷりを称えて

妻はでかいのと小さいのの間抜けなデコボココンビの運転手と秘書兼マネージャーを連れてあちこち飛び回っている、その姿はルークとC-3POR2-D2のよう

と記している。それに対し社長は「レイア姫じゃないのね」と怒っていたのだが、C-3POR2-D2ってまんま爆笑問題のことじゃん。そうか、太田光代爆笑問題は『STAR WARS』だったのか。いやー、爆笑問題ってほんと素晴らしいですね。