青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

TBSラジオ『神田松之丞 問わず語りの松之丞』2018年9月16日放送回

f:id:hiko1985:20170413100941j:plain
最近の何よりの楽しみと言えば、ラジオ『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(TBSラジオ 日曜23:00〜23:30)を聞くことなのですが、9月16日放送回、これがもう衝撃的に素晴らしい。とにかく誰彼かまわず聞かせて回りたい衝動に駆られているのです。まずはTBSラジオクラウドにてぜひともお聞きください。
radiocloud.jp

そうそう、先週ですね、グレーなマッサージのことを年中ブログに書いている「エステ猿」と間違えられたって話を延々とですね、30分使って言ってたと思うんですけど、ついつい先週言い忘れたのが、実は先週、「エステ猿」の話をした9時間前に・・・子ども生まれました。

という導入がもう最高かつ象徴的なのだけども、講談師・神田松之丞が"命"を語る。*1第一子誕生、産後の肥立ちで倒れる妻、胃が悪い母ちゃん、口が悪くて嫌われ者だった祖母、グレーなマッサージ、ストリップショーの女性器、吉岡里帆のおっぱい・・・生と性が入れ乱れながら、凄まじい迫力で駆け抜ける珠玉の話芸の30分。話は意図的に脱線を繰り返していく。爆笑問題高田文夫野末陳平吉田照美井上芳雄、蓮見アナと手当たり次第に悪意を振り撒いてみせたかと思えば、

うちのカミさんがねぇ、いいこと言ってたのが
「この子自身が自分の性別を決めるから、男の子か女の子かとかっていうのを人に聞かれた時にいちいち言わないで欲しい」
っていう風にカミさんに言われたの。で、俺一瞬、言ってる意味が分かんなくて。「え?」と思ったら、
「たとえば性同一性障害とか、男の子の体で生まれてきても、女の子の心があるとかいう時に、その子の性別はその子が決めるから、今、男とか女とかそういうのは言わないで欲しい」
って言われた時に、「お前ジェーン・スーより進んでるな」と思って。「22世紀の発想だ」と思って。

なんて風に誠実に照れながら、センシティブなトピックをスマートに忍び込ませていく。病院で出会った小市民の善良さを人情味たっぷりに描写してみせたかと思えば、身内を手厳しくこき下ろしていく。慎重に選ばれた言葉とスマートな語り口ゆえに、聞き辛さはまったくないのだが、どう考えても混濁している。それが、人間という生き物の"複雑さ"を掬いとることに繋がっている。「妻が倒れて混乱しているにも関わらず、たまの贅沢にと注文した出前の寿司を野菜室に入れてから救急車に乗った」という描写の秀逸さには思わず溜息が漏れた。この神田松之丞の語りには、ささやかな日常を営む人間の滑稽さ、愛おしさが詰まっている。

*1:ちなみに9月9月放送の"恋”を語る回も必聴。パトリス・ルコント的世界

日曜ビッグバラエティ『空から村人発見!パシれ!秘境ヘリコプター』

f:id:hiko1985:20180915021052j:plain
ヘリコプターに乗ったオードリー春日が山奥に住む人々の夢を叶えていく。テレビ東京が9月9日に放送した日曜ビッグバラエティ『空から村人発見!パシれ!秘境ヘリコプター』が実に素晴らしい番組だった。「全てのロケ、そして総合司会まで、2時間すべてをオードリー春日に託す」という英断を下したのは『空から日本をみてみよう』『家、ついて行ってイイですか?』を手掛ける高瀬義和プロデューサーだ。この『空から村人発見!パシれ!秘境ヘリコプター』はまさにその2番組の発想を掛け合わせたものである。ヘリコ(プター)に乗った春日が、遥か上空から地上を見つめる。ヘリコ(プター)は凄まじいスピードで都心から秘境集落へ。春日は言う。

庶民の暮らしがはっきり見える

よく見ると 人がいるね

当たり前のことなのだが、どんな場所にも暮らしはある。空から見ると豆粒のような人々。カメラはそこにグーッとフォーカスし、想像しえないような"生"の多様性を映しとっていく。

最初のVTRから人間が映ってたから
人間賛歌があったのよ
だからちょっとジーンときて

このオードリー若林の言葉が、この番組の魅力を的確にプレゼンしている。人間が"いる"ということを、ありったけの善良さで祝福している。自分の住む家を上空から見たいあまり2万円もする航空写真を買い集める夫婦、壁やテレビのない家で生活する弟と宮大工修行の兄、25年間に渡りランドマークタワーの写真を撮り続ける男、『コード・ブール』の映画に恋い焦がれる7歳の少女のひと夏の冒険・・・人間の生き方というのはなんて様々で、なんて豊かなのだろう。
f:id:hiko1985:20180915021106j:plain
とりわけ痺れてしまったのは、「憧れ25年!横浜のランドマークに生きたい」のVTRだろうか。山梨の奥地にある家からかすかに見える横浜ランドマークタワー。その魅力に取り憑かれ、年代ごと、季節ごと、時間ごと・・・と25年間で1200枚の写真を記録する男性が登場する。彼が言うのだ。

うちから見えるってことは
むこうからも見えるはずなんですよ

本人は何の気なしに発した言葉なのだろうけども、彼の想い描くその視線の交差は、"人と人が生きていくこと"を的確に切り取っていやしないだろうか。細田守サマーウォーズ』を彷彿とさせる一族総動員の狼煙作戦も楽しい。苛立って舌打ち、と思いやのんびりとソフトクリームを舐める*1・・など、まさに人間が映っている。



とにもかくにも"いい顔"と嘘のない反応に満ちた、珠玉の人間バラエティである。オドーリー春日というキャスティングはまさに適任だ。春日は自意識というものをほとんど人前で見せない。それ故に、村人たちは存分にその"生"を発揮できるのだろう。春日はそれをただ静かに受け止める。オードリー春日というキャラクターは、若林の想う”父性”を託したものだ、ということを過去のエントリーに記したことがある。
しかし、上空から人々の願いを叶えていく春日の姿は、父性を飛び越え、徐々に”天使性”を纏わせているではないか。桃色の天使に再び会いたい。この番組のシリーズ化を、熱望してやみません。

*1:一抹の”水曜日”臭

あだち充『スローステップ』

f:id:hiko1985:20180830231001j:plain
あだち充の最高傑作は『スローステップ』である、と言い切ってみたい。実際のところは、いや『H2』だろ、いやいやそこは『ラフ』で、いやいやいや結局は『タッチ』なのです、いやいやいやいやその作家性が爆発しているのは『虹色とうがらし」であるからして、いやいやいやいや・・・と延々に問答が続いていくわけですが(楽しい)、今日はなんとなく『スローステップ』の気分なのだ。あだち充自身も思い入れを口にすることの多いこの作品。「いちばん僕らしいかな」「好き勝手描いた」「リラックして楽しんで描けた」といった言葉の通り、定石にとらわれない"あだち流"のストーリーテリングが縦横無尽に展開されている。ベタからメタまでなんでもござれ。大々的に"本格ソフトボール漫画"と銘打ちながらも、ソフトボールの試合はほとんど描かれず、その実は"恋の四角関係"をめぐるスクリューボール・コメディだ。その恋模様はまったく一筋縄にはいかない。なんたって、主人公である中里美夏は1話の2ページ目にしていきなり告白されてしまう。

好きです
一目会ったその日から
あなたのことで頭がいっぱいなんです

しかし、何やら話が噛み合ない。門松直人は単に”告白の練習”をしていただけなのだ。いつか出会うはずの運命の人のために。彼は「人を好きになる」ということがよくわからない。

あんた異性を本気で好きになったことある?
どうしたらわかるんだろ?
本当に好きになるってどういうことなんだろ?

あだち充という作家はいつだってこんな風にして、コメディの中に"たいせつなこと"を忍ばせる。そんな門松直人がついに恋に落ちる。しかし、相手がややこしい。中里美夏がひょんなことから変装した仮の姿「須藤麻里亜」である。やっと恋に落ちた相手はこの世に存在しない女性、そんなある種の切なさをまとった事象が、コメディを加速させていく。中里美夏に想いを寄せるクラスメイトの秋葉習、ソフトボール部監督の山桜監吾が加わり、ただでさえ複雑な四角関係が複雑に絡まり出していくのだ。たとえば、美夏が1人2役を演じる羽目になるドタバタ劇「ホラー映画はお好き・・・!?」(コミックス3巻)、「男女6人(!?)夏物語」(コミックス5巻)の洗練されたバカバカしさ。ここに、あだち漫画を読む喜びが詰まっている。また、これらの作劇には、タイトルからもわかるように、あだち充が敬愛するビリー・ワイルダーの筆致がトレースされている。その他にも、作品で何度も繰り返される"エレベーター"という装置を使ったドラマメイク、メロウなコマ割り、1周回って現代にジャストなキャラクター達のファッション(連載時は1980年代後半)、尻すぼみに終幕していくミニマリズム、・・・見所はつきない。




ときに、『あだち充本』を手に入れましたでしょうか。かつて『クイックジャパンvol.62』*1にてあだち充大辞典を編んだ森山裕之による熱情跳ねっ返る1冊。全あだちファン必携であります。この本の中の、「編集者・市原武法が選ぶあだち漫画の名場面」というコーナーにこんな一文がある。

あだち充はよく「ラブコメ」の巨匠と言われるが断じて違う。
彼が書いているのは「青春」だ。

なるほど。では、あだち漫画における「青春」とは?それは「選択すること」と置き換えられるだろう。『みゆき』における2人のみゆき、『タッチ』における達也と和也、『H2』における・・・、『クロスゲーム』における・・・と枚挙に暇がないほどにほぼすべての作品で、若者たちがいくつかの選択肢の中からどれか一つを選びとる葛藤が描かれている。

そして、あだち充はその決断がどんなに曖昧なものであろうとも、すべからく肯定してみせる。『スローステップ』の終盤、中里美夏と須藤麻里亜が同一人物であることに気づいた門松直人は、その想いを美夏へとたやすくスライドしてみせる。

秋葉:相手がちがうんじゃないですか?門松さん
門松:ちがっちゃいないよ
   おれは麻里亜さんを本気で好きだった
   その気持ちは今も変わらない
秋葉:そいつは中里美夏だ!
門松:—そして須藤麻里亜だ
   カツラとメガネがないだけのな

さらに、最終話「そして、美夏が選ぶのは・・・!?」における、美夏の選択はどうだろう。門松と秋葉の2人から同日にデートに誘われた美夏。

秋葉:何なんだよ、これは!?
美夏:ね だからいったでしょ
   まだ海は寒いって
秋葉:そういうことじゃなくて!
   なんでここに3人いるのかということだよォ
美夏:2人が同じ日に誘うからでしょ
秋葉:だからァ
   ふつうそういう場合はどっちかを断って1人を選ぶもんだろが!
美夏:どっちもどっちだからなァ
門松:おいおい

宛先を間違えてもいい、曖昧でもいい、決断はしなくてもいい。懸命に"揺れ動くこと"、それこそが青春なのだ。あだち充はなるべく言葉にせずに、できるだけ遠回りをしながら、そのことを描き続けている。



関連エントリー

*1:山下達郎が表紙の2005年刊行号。山下達郎あだち充の二大特集という私にとってバイブルのような1冊なのです。ちなみにあだち充へのインタビューを担当しているのは磯部涼

藤岡拓太郎『コーヒー吹き出さないように気をつけ展』

f:id:hiko1985:20180903235618j:plain
夏の終わりの高円寺に『コーヒー吹き出さないように気をつけ展』を観に行ってきた。奇しくもこの日の高円寺では恒例の阿波踊りが開催されていて、街は異様な活気に満ちている。私は踊らぬ阿呆であるし、またどんな顔で阿波踊りを視線を傾ければいいのかもわからない。仕方なしに、陽射しの照り返しによろめきながら、下を向きながら歩いた。翻弄されてばかりの人生だ。展示会場は「クラウズ アート プラス コーヒー」というカフェスペースだった。アイスコーヒーを注文して、一息の涼をとりながら、じっくり展示を眺める。展示されている作品はどれも何度も読んだものだが、溢れる人混みの中で(誰もがコーヒーを吹き出さないように)眺める、その奇妙な連帯感が心地よいのです。「エレベーターの中でボタン押し忘れてるおじさん」という作品の顔ハメパネルがあって、とても賑わっていた。「パネルに顔をハメている人を撮っている人」を撮っている人がたくさんいて、それを見ている私がいて、なんて複雑な視線のサークルなのだろうと思った。



写植も藤岡拓太郎自ら手掛けているという原画を眺める。原画で完成版の間には、細かい修正の跡が見られる。台詞はもちろんのこと、オチのコマの表情に皺を入れるか、入れないか、そんな些細な違いが作品の笑いの質を左右するのである。血の滲むような選択の痕跡の数々に身が引き締まるような想いがした。『夏がとまらない』という大傑作については、以前ブログに想いを綴っているので、そちらを参照して欲しい。
まだお読みでない方はすぐにも本屋さんに走るといいでしょう(うれしい予感をたたえながら)。こんなに素敵な本、そうそうないのですから。『夏がとまらない』刊行後にも藤岡拓太郎は精力的に1ページ漫画を更新していて、そのどれもがまた素晴らしい。何の意味もないことだが、とりわけ好きな作品のタイトルを羅列しておこう。「"おいしい"を"うれしい"と言うおっさん」「もらったプレゼントをすぐゆでる人」「美しい夜」「50018年4月、東京」「ラジオ大好き家族」「夏のこども」・・・また風見2との合作「夕方の作り方」「タクシー」の2本の美しさは言葉にできないものがある。中でも私の1番のお気に入りは「夏祭り」という作品だ。
f:id:hiko1985:20180903234245j:plain
藤岡拓太郎 公式ブログ - 1ページ漫画「夏祭り」 - Powered by LINE
カメラワーク、"黒"の表現、人々の表情や仕草、すべてが大好きだ。例年になく人々で賑わう夏祭り。じゃがバター、クレープ、焼きそば・・・出店も多種多様である。その中の一つ、「腹筋」と書かれた屋台では、男がストイックに反復運動にはげんでいる。それを目にした1組のカップルが、ささやかな笑いに包まれながら大きな選択をいとも簡単に決断してみせる。このあらすじ、その脈絡のなさが凄い。藤岡拓太郎はたった1ページで世界そのものを描いてしまっているではないか、という気にさせられるのだ。この世界には、あらゆる人生がてんでばらばらに散らばっていて、それらが人知れずに意味も無く折り重なる。そんな時、わたしたちは何やら確信めいた"生"の実感を得るののではないだろうか。

台北旅行記2018

f:id:hiko1985:20180817230753j:plain
台北という都市の魅力は、ノスタルジーと未来が混在となっているところにあるように思う。たまらなく懐かしくて、新しい。東京という街が年老いて行く中で切り捨てていったものが、自然なままにテクノロジーと調和している。猥雑で多様なその有り様は、どこかで誰かが想い描いた未来のよう*1。そして、ノスタルジーを掻き立てるのは、この国に流れる”青春”の匂いだろう。眩し過ぎる陽光、予測できない空模様(なんて雨のよく降る星なのだろう)、甘酸っぱく湿った風、けたたましい音で街中を疾走するバイク、野性味溢れる食事と瑞々しい果実・・・そういったもののすべてが、過ぎ行く青春のワンシーンを彷彿とさせ、訪れる者をフレッシュな心持ちにしてくれるのだ。旅行するなら秋から冬にかけてがベストシーズンなんて説もありますが、個人的には夏を推したい。街全体に流れる夏休みの終わりみたいなセンチメンタルな気分は、あらゆる感性を全方向に開いてくれる。それに、バカバカしいほどの南国の暑さは、どんな日陰者だって陽気に浮かれた気分にさせてくれるのだ。



すっかりお気に入りの店がいくつかできてしまった。3年前に書いた「台湾旅行記」を読み返してみたら、お店の名前がほとんど記載されていないことに気づいた。なんと不親切なことだろう。今回はしっかり店名と最寄り駅を記載して、トピック別に紹介していきたいと思う。ここには書ききれませんでしたが、豆花、葱油餅、葱抓餅、焼麻糬、大腸包小腸も絶対食べておきたい台湾グルメだ。

<魯肉飯>

これぞ台湾を代表するローカルフード。台湾に美味しいものは山程あるが、なんだかんだでこれを食べに来ているような気にもなるのだ。日本でも魯肉飯と名のつくものは食べられるのだけど、ソボロ丼だったり、餡かけ肉だったり、八角が入っていなかったり、そのどれもがはっきし言って偽物。日本で魯肉飯を食べて「こんなものか・・・」と思って貴方!どうかまずは本場を体験してから、魯肉飯という食べ物にジャッジをくだして欲しい。定番中の定番のセレクトですが、まず間違いない2店を紹介したい。


金峰魯肉飯(最寄り駅:MRT中正紀念堂駅)

f:id:hiko1985:20180817230833j:plain
f:id:hiko1985:20180817230739j:plain
やはり信頼できるのは地元のお客で溢れている店だろう。昼時はあちこちからバイクに乗った現地の人々が、テイクアウト弁当を買い求めにやってくる。たいてい並んでいますが、回転率が早いので臆することはありません。キングオブ魯肉飯をとくとご賞味あれ。甘辛く味付けされた肉の脂が、無限にご飯を盗んでいきます。食いしん坊を自覚されている方は、焢肉(豚バラブロック)と魯蛋(煮卵)を追加して、その全部を乗っけてワシワシと白米をかっこみましょう。燙青菜(茹でた空芯菜)も美味です。


黄記魯肉飯(最寄り駅:MRT中山國小駅)

f:id:hiko1985:20180817230810j:plain
f:id:hiko1985:20180817230735j:plain
ライムグリーンの看板が目印。香辛料がガツンと効いた魯肉飯で、「台湾に来たぞ!」と感じさせてくれること間違いなし。ぜひとも追加して頂きたいのは蹄膀肉(豚足)です。プルプルの豚足は一見、しつこそうですが、パクパクいけます。パクチー付きなのもうれしい。鰹だしがきいた花枝焿米粉イカのとろみスープ)も絶品なので、ぜひ。お弁当も美味いです。
f:id:hiko1985:20180817230716j:plain
台北の空港にはろくな食事処がありませんので、最終日の夜に買って、空港の待ち時間で食べたりするのがオススメ。


<水餃子/蒸餃>

台湾というと小籠包のイメージが強いのですが、それは観光客向けで、地元の人は水餃子や蒸餃(セイロで蒸した餃子)をこよなく愛しているように感じた。小籠包を出す店は何やらかしこまった場所が多く、価格も高め。よりリーズナブルかつ大胆に食べられる水餃子や蒸餃が断然オススメなのです。ときに日本では定番の焼き餃子。出しているお店も少なからずありますが、台湾ではあまり主流ではないようです。


鴻(最寄り駅:MRT中山國小駅)

f:id:hiko1985:20180812210846j:plain
f:id:hiko1985:20180818003915j:plain
晴光夜市の一角に構える屋台。店名が「鴻」なのか「鴻丸」なのかは謎だが、赤い看板を目印にズンズンと夜市を歩こう。もう一つの目印は、黙々と餃子を茹でる"笠智衆"感のあるおやじさんと遠藤憲一に激似のおかみさん。何店舗かで食べ比べてみたけども、皮も餡もこちらの水餃子が頭ひとつ抜けているように感じた。透けたニラもセクシーだ。日本人用に醤油やお酢も用意されているが、現地の人に倣って、擦りおろしニンニクをダイレクトにつけて食べたい。台北の人々は平日の夜中だろうと、ガシガシ食らっています。


亓家 蒸餃專賣店(最寄り駅:MRT南京三民駅)

f:id:hiko1985:20180817230744j:plain
f:id:hiko1985:20180817230748j:plain
水餃子よりも皮が薄いでの、ペロリといけてしまう蒸し餃子もオススメ。こちらのお店は客層はほとんど地元民、家族やカップルで溢れています。感動的な美味さのエビとヘチマの餃子はマストでお願いいたします。ショウガや辛味がセルフサービスで、地元の人々はこの千切りショウガを山盛りで食べています。



<マンゴーかき氷>

もはや台湾の象徴的存在。台北の人気店「ICE MONSTER」や「Mango Cha Cha」の日本上陸も記憶に新しい。フワフワの氷と高級フルーツであるはずのマンゴーの惜しみないトッピングはもはや革命。
f:id:hiko1985:20180817230938j:plain
f:id:hiko1985:20180818012334j:plain
「ICE MONSTER」も「西門町芒菓冰」も確かに美味しいが、やはりNo.1はこちらのお店だろう。


冰讃(最寄り駅:MRT雙連駅)

f:id:hiko1985:20180817230724j:plain
f:id:hiko1985:20180817230720j:plain
1年中マンゴーを提供しているお店もありますが、冷凍ものを使用しないこちらの「冰讃」はマンゴー収穫期の4〜10月しか営業していません。夏場に台湾旅行をオススメする要因の一つとも言えましょう。メニューは1番人気の芒果雪花冰がマスト。フワフワのミルク氷は、ココナッツ感もあって乳臭さは皆無。アイスクリームやプリンといった添え物はなしで、熟れたマンゴーと練乳だけでシンプルに。人生ベストかき氷です。これだけたっぷりマンゴーが乗って150 元(約600円)というのは、日本では考えられない破格。これはもう滞在中、毎日通うべきでしょう。


<サウナ>

f:id:hiko1985:20180812175145j:plain
台湾のサウナはちょっといかがわしい。風俗産業が隠れ蓑されていることが大半で、休憩室で休んでいると、「スペシャルマッサージ?」と訪ねられ、承諾した客は隠し扉の向こうへと消えていくのです。しかし、サウナや風呂だけを楽しむお客が多くいますので、安心して足を運んでみよう。「金年華三温暖」「亜太三温暖」「天龍三温暖」と3つのサウナに足を運んでみたが、基本的にどこも一緒である。値段は12時間で600元(約2400円)とそこそこする。内装は古代ギリシャ調で、彫刻がそこかしこに。110℃越えの湿度の低いカラカラのサウナと10℃以下のキンキンに冷えた広大な水風呂。「亜太三温暖」の水風呂は6℃と表示されていた。そこまで低いと水面から冷気が立ち上るのだ。10秒入っているだけでビリビリと手足が痺れだし、たまらなく退散してしまう。しかし、これが気持ちいい。サウナ自体はあまりよくないし、外気浴もできないのだけど、この水風呂の強烈な冷たさで強引にととのえられ、恍惚の表情へと導かれてしまいます。ちなみに、1番驚いたのはトイレが更衣室ではなく、浴場スペースに鎮座していることです。


<スタンドドリンク>

台湾にはほとんど自動販売機というものがない。そのかわりにスタンドドリンクという文化が定着していて、これがどこで何を飲んでもめちゃウマなのだ。タピオカミルクティー、フルーツティー、ヤクルト緑茶、凍頂烏龍茶、ライチウーロン茶・・・・とにかく飲みまくったがどれもが最高。たいていの店で、甘さや氷の量を自由にカスタマイズできます。ビックサイズのタピオカミルクティーを200円で飲めてしまうのはちょっとした衝撃です。ちなみに現地のセブンイレブンではコーヒーの要領で、タピオカミルクティーが注文できますが、やはり専門店に比べると味は落ちます。



<かわいいもの>

f:id:hiko1985:20180817230801j:plain
「オークラプレステージ台北 The Nine」(最寄り駅:MRT中山國小駅)のパイナップルケーキ。やや高価なのだが、パッケージが抜群にかわいくて、味も美味。配るにはちと高いので、自分へのお土産としていくつか購入するのを推奨します。ちなみにお土産にオススメなのは「佳德」(最寄り駅:MRT南京三民駅)というお店のパイナップルケーキ。お土産というより地元民に人気のパイナップルケーキで比較的、安価で美味いです。ラズベリーやメロンのケーキもあります。



f:id:hiko1985:20180814142840j:plain
おそらく駐車場会社であろう「車麻吉」の看板。車のアイコン化が見事としか言いようがない。徹夜明けにこのデザインを思いついた時、ガッツポーズしたんじゃないかな。




youtu.be
台北のCD屋でジャケ買いしてみたアルバム。最高のジャケットである。帯によると、雀斑(FRECKLES)というバンドのメンバーによる別バンドで、シティポップ、90年代台湾歌謡曲、日本的ネオアコ、という言葉が並んでいる。日本的ネオアコなんて言葉あるんだ、と思ったが、聞いてみるとこれが「まさに!」という感じだった。文句なしに好き。めちゃスウィートなメロディ、台湾語とトロピカルな音像も耳に心地よく、インディーポップファンであれば聞いてみて損はない1枚です。最高の1枚を発掘したぞ、と思っていたら、ココナッツディスク吉祥寺店ですでに取り扱いされていました。さすがです。



f:id:hiko1985:20180817230819j:plain
台湾のセブンイレブンにいます、乃木坂46。このキャンペーンは、日本のようなクジではありません。レジ画面に現れるスロットを押して、割引金額が決定するというギャンブル魂をくすぐる企画。あと、台湾のセブンイレブンでは「プレミアムモルツ」のサーバーがあります。
f:id:hiko1985:20180819164843j:plain
ちなみに、私が台北を離れたその日に、斉藤飛鳥さんが台北入りし、台湾プロ野球の始球式に登板したらしい。
youtu.be
Lamigoモンキーズには元ヤクルトスワローズのロマン投手が在籍していたので、少し贔屓にしているチームだ。



f:id:hiko1985:20180814143905j:plain
店先に置いてあったお猿。口がいい、としかいいようがない。



f:id:hiko1985:20180818012728j:plain
このエントリーのトップ画にも選べれているロボットは子ども用のパチンコ機。駅の地下街に5体だけ放置されていた。台湾のSMAPじゃん。いや、そのルックは手塚治虫火の鳥』に登場するロビタ、もしくは『機動戦士ガンダム』のジムに似ている。SMAPだろうとロビタであろうとジムであろうと、もの悲しい気持ちになるではないか。解放してやられねば、とお金を入れてプレイしてみた。これが非常に難易度が低く設定されていて、打つ度にフィーバー。やり終えないくらいビー玉が溢れ出てきてしまったので、放置していまいました。あのビー玉たちが、どこかの見知らぬ子どもに繋がれば幸いです。




日本に帰ってきたら、夏が終わったみたいな顔していた。
youtu.be

*1:たとえば、リドリー・スコットの設計した『ブレード・ランナー』的な未来都市