読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

松本壮史『日本郵便WEB CM 「SNSでつながるあの子』篇』

f:id:hiko1985:20161206171559j:plain
日本郵便のWEB CM「SNSでつながるあの子」編、ご覧になられましたでしょうか。「住所を知らない相手でも、SNSのIDだけで年賀状が送れるよ―」というサービスのCMなんですけども、これがまっこと素晴らしいのだ。SNSで知り合った、まだ顔を合わせたこともない、だけどもなんだか大切に想える相手。しかし、スマートフォンだけで繋がった2人は、些細なきっかけでいとも簡単に音信不通になってしまう。

二度と会えない気がして頑張った
まだ一度も会ったことないけど

とてもミニマムな、だからこそリアルで切実な『君の名は。』状態。おそらくこれは2016年現在のこの世界に無数に発生している普遍的シチュエーションであるはず。そこで登場する年賀状、断線されてしまった”想い”を届ける魔法のツールなのである(コマーシャルとしても完璧な出来栄え)。
youtu.be



このたった1分40秒の傑作を監督したのは、松本壮史。音楽を担当しますは江本祐介。青春ゾンビ的2016年ベストムービーに認定したい桜井玲香乃木坂46)の個人PV「アイラブユー」を献上したあのタッグである。
hiko1985.hatenablog.com
ちなみに2人はENJOY MUSIC CLUBというご機嫌なラップグループに所属している。彼らのMVも松本壮史が監督を務めており、最新作「夏の魔法」ではシャムキャッツのフロントマン夏目知幸を主演に迎え、センチメンタルな夏の夜を見事に切り取っております。
youtu.be
とにもかくにも、映像分野における新鋭として、現在最も注目が必要な男、それが松本壮史なのです。今回のWEB CMにおいても、その才能はいかんなく発揮されている。前述の通り、脚本がまずもっていい。リズム、そしてメロディーすら聞こえてくるような、台詞廻しと編集の妙。これはもう”松本壮史”印と呼んでしまっていいだろう。”想い”の矢印や”未来の希望”を、勉強机の向きやデスクライトのON/OFFで視覚化していく演出も気が効いている。



主演2人も実に素晴らしい。ヒロイン役の女優”りりか”さんも断トツキュート。ホワイトソックスは正義だ。セーター、靴下と、白を基調とした衣装、美術の中に埋もれぬ輝きを放っています。彼女が年賀状を受け取るカットで、指に輪ゴムを指にひっかけているのも最高だ。クローズアップされる”顔”もいい。勉強机のサイドに鞄を引っ掛けてるのも好き。松本作品はいつだって美術の演出が細かいのがいい。演劇集団ロロの傑作シリーズ『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校(いつ高)』にて、我らが将門を演じる亀島一徳が再び高校生役で登板。さすがはロロの看板俳優。松本壮史が表現したいリズムとメロディーを完璧な発話でこなしているように思えます。制服に羽織るチェックのダッフルコート+リュックというルックがかわいい。ダッフルが部屋の窓際にも吊ってあるのもポイントだ。思春期男子の七不思議の1つ、ハンドグリップによる握力強化なんて小技もバッチリ決まってる。そして、あのラストシーンの表情が絶妙。見えないはずのものを見つめるまなざし。あのまなざし1つで、空間の隔たりを、時間を、ピュンと飛び越える。僕たちはいとも簡単に繋がってしまえるのだ!



関連エントリー
hiko1985.hatenablog.com
hiko1985.hatenablog.com

『M-1グランプリ2016』感想

f:id:hiko1985:20161205162006j:plain
今田耕司上戸彩の盤石の司会・進行、シンプル明瞭なシステムによる賞レースとしてのカタルシス、昨年の復活で改めて痛感させられた『M-1グランプリ』というコンテンツの優秀性に加え、オール巨人上沼恵美子松本人志といったレジェンド級が審査員復活(個人的には昨年の歴代王者審査員で何ら問題ないと思ったけども)ということで、より一層の緊張感と厳かさを獲得。更に演者のネタのレベルも昨年以上に充実していて、大満足の大会でした。



銀シャリ、和牛、スーパーマラドーナという関西の本格派3組が決勝進出という結果も納得。なんせ、事前の視聴者予想で大多数に(その順位さえも)言い当てられるほどに、予想通りな結末だったのですから。3組どこが優勝でもおかしくない実力の拮抗で、敗者復活じゃなかったら和牛が優勝が濃厚だったのでは、という点だけはモヤっとしますが。昨年優勝したトレンディエンジェルが敗者復活だったのも和牛には気の毒だった。しかし、2本目にやや物足りなさはあったものの、1本目に披露した銀シャリの漫才は王者としか呼びようのない気高さと美しさが漂っていた。本当におめでとうございます。



ちなみに、個人的な趣味で言えば、カミナリ、相席スタートスリムクラブといった下位3組が断然好み。唯一無二な個性の煌めきに胸を撃たれた。決勝進出9組の内、唯一の20代であるカミナリは、とにかくフレッシュでキュート。その明快かつ大胆な漫才のフォーマット、かゆいところに手の届くワードセンス、4分間の細部を余すところなく再利用していく構成力、そのどれもが愛おしかった。敗退コメントで魅せた地肩とハートの強さ、活躍しか目に浮かばない。昨年のカズレーザーと平井"ファラオ"光のような、全方位に愛される真の勝ち組枠にスッポリとはまりそう。相席スタートは結果最下位でしたが、相席スタートの漫才として、もうどこもイジりようがない!というような完成した美しさがあった。キャラ漫才に近くて、いかにも玄人受けしなさそうなハンディを背負いながら、1つのネタあそこまでを突き詰めた執念みたいなものに心打たれました。あれで評価されないなら仕方ない。でも。絶対にテレビの仕事は増えるはず。スリムクラブはテンポ含めて、あまり出来は良くなかったような気がするけども、アンダー18の天狗はまだ鼻が伸び切っていない、だとかという出鱈目な設定の細部を詰めていく、イマジネーションの意味のない自由さ、みたいなものがたまらなく好きだ。上沼師匠の「飛びすぎ」という苦言は最大の褒め言葉である。そして、まさかの4位と健闘したさらば青春の光の漫才!コントと同様に徹底したミニマリズムと無意味性の反復の中で、森田哲矢という類まれなるタレントの個性と話芸が生み出す差異。発声と表情だけで、ずっと面白さが持続していく。さらば青春の光、ここにあり、という感じの漫才でございました。ちなみに相方の東口宜隆は”鬼ヶ島不倫”のイメージしかないかと思いますが、今をときめくメイプル超合金カズレーザーの元相方、すなわち同志社卒のインテリです。ひとつよしなに。



敗者復活戦も非常にレベルが高くておおいに楽しんだ。漫才師としての全盛期は過ぎてしまったとは思いつつも(テレビタレントしてはもちろん最高)、早くコンビで売れ切って、ライブシーンの仲間達を引き上げてくれ!という願いを込めて三四郎に一票投じたけども届かず。でも、中継での小宮の「松ちゃん、待っててねー」が最高だったので、満足。あと、全然ウケてなかったけども、どうしても全てがツボなAマッソ。「何探してねん?」「倫理や!!」みたいなやり取りを前に私は喜びを感じます。もう1票は「これは95%、和牛だわ」と思ったので、対抗馬になりそうなメイプル超合金に投じたんですが、敵わず。和牛はほんと強い。投票はできなかったけども、ジャルジャル、ゆにばーす、とろサーモン東京ダイナマイト、大自然、マヂカルラブリー、錦鯉もとても好きでした。ちなみに今年は寿司でもピザでもなく、自宅焼き肉をしながらの鑑賞となりました。毎年お祭り気分を味わせてくれて、ありがとうございます。



関連エントリー
hiko1985.hatenablog.com

panpanya『動物たち』

f:id:hiko1985:20161205133134j:plain
キャラクターを俳優に見立て、同じ特徴の人物をあらゆる作品に抜擢する「スター・システム」というのが漫画界にあって、手塚治虫作品におけるヒゲオヤジやロックといったキャラクターを思い浮かべて頂くとわかりやすいだろうか。これまでに発表された単行本3作からするに、panpanyaもまたそのシステムを採用していて、それはこの最新作『動物たち』においてより大胆に遂行されている。オカッパの少女、長髪の少女、犬のレオナルド、タコ顔の男性、イルカ、今作のほぼ全ての役柄をこの5人のキャラクターで演じ分けている。


タコ顔の不動産屋や保健所職員なんていうものは本来であれば存在し得ないわけだが、それを読む私たちは何の違和感を持たずにそれを受け入れ、読み進めていく。しかし、私たちは(無意識に)記憶下にある体験やイメージとしての”不動産家”や”保健所職員”やというイメージを呼び起こしていて、それを通してpanpanyaの描くタコや犬を眺めているはず。今作において、長髪の少女が、眼鏡と男性用スーツを身につけただけで、少女の面影はそのままに、会社の部長役を演じてみせているあたりにも顕著なのだけど、panpanyaは「スター・システム」という漫画表現を利用して、悪戯っぽく、我々の認識定義に揺さぶりをかけている。「~らしさ」というのは、その対象物に存在するのでなく、その対象物とそれを見つめる者との間で結びついたあやふやな何かだ。認識定義というのは、つまりは、世界のものの見方ということで、それはとても脆い。panpanyaがやわらかいタッチでそれを刺激してみせると、世界はいとも簡単にグニャグニャと拡張していく。


そんな通奏低音のもとに、狸、猯、狢といった定義の曖昧な動物達が記号化された同一のルックでキュートに活劇してみせる数編がこの『動物たち』の肝。個人的には、”引っ越し”を端としたエッセイのような趣の数編に最も心奪われた。引っ越し当日、いつもは駅に向かうまでの目印である定食屋が、腹が減っている”今”通りかかってみると、そこが定食屋である事には何ら変わらないのに、初めて目的地に変容する。その定食屋が、とてもリーズナブルで美味しく、もっと早く入っていればよかったな、と思う。無用の長物であるはずのスタンプカードは、その町のことを思い出す為のきっかけにもなるんじゃないか。認識による世界のシームレスな変容。他にも、押しボタンを押すとすぐに変わる信号機、割れたまま舗装されない道、など、その場所に訪れないと思い出さないような思い出。思い出は頭の中ではなく、場所に宿るのか。引っ越した部屋で初めて眠る夜、に感じる音の距離と強度、それを聞きわける耳の能力について。そんなとりとめもない記憶や場所にまつわる思考の断片の連なりが、緩やかな物語を形作るというそのpanpanyaの筆致に、保坂和志を想起する1冊でありました。



関連エントリー
hiko1985.hatenablog.com
hiko1985.hatenablog.com

大山「しゃぶ亭福家」

f:id:hiko1985:20161203132308j:plain

東武東上線大山駅に「しゃぶ亭福家」というオススメのしゃぶしゃぶ屋さんがある。駅と隣接した商店街(都内最大級)ハッピーロードに40年、軒を連ねる老舗。しゃぶしゃぶ屋というと敷居が高い印象がありますが、こちらにはそんな壁は一切ございません。お手軽にしゃぶしゃぶを楽しめちゃう。まず、驚きなのがお値段。

ラムしゃぶ定食:500

豚しゃぶ定食:560

牛しゃぶ定食:590

特牛しゃぶ定食:950

魚貝しゃぶ定食:850

鳥しゃぶ定食:780

 

こちらがランチの定食。ディナータイムでもこちらに100150円上がるだけ。宴会コースですら1600円、2100円である。定食には選択したお肉と野菜(葱、白菜から春菊まで)、冷奴に白飯におしんこ、更には自家製手打ちうどんまで付く!はっきり言って破格である。

f:id:hiko1985:20161203125020j:plain

 

 

特徴的なのが、お一人用のカウンター席が豊富。カウンターには一席につき一つのしゃぶしゃぶ鍋が用意されており、孤独に、しかし豊かに、じっくり鍋と向き合うことができる。お一人様ウェルカム、どころか二人連れでも座敷よりカウンター席をチョイスするのがオススメだ。お肉は注文ごとに大将が何やら重厚な機械でスライスしていて、とても美しい。足りなければ、お肉や野菜はそれぞれ追加可能。きのこ、きりんたんぽ、牛タン、更にはガチョウやカンガルーお肉まで追加できます。たれはごまだれ、みそだれの2種類。どちらも自家製ですりおろし感が美味しい。肉や野菜を堪能した後の締めのうどんがまた絶品。手作りの素朴な味、かつ素晴らしいコシ!もう、ほんとちょうどいい塩梅なのです。これで終わりと思いきや、最後に大将が鍋の出汁を掬ってスープとして飲ませてくれる。

f:id:hiko1985:20161203131626j:plain

これが美味い。とてつもなく美味い。あらゆる旨味が煮詰まった命のスープである。560円でここまで楽しませてくれるだなんて。コスパ最強、絶対オススメの名店です。

 

最近のこと(2016/11/25~)

最近のこと。やばい、全然覚えていない。この2週間くらい一体何をしていたんだろう。「最近のこと」は書きそびれる度に記憶から零れ落ちていく。「松屋」で豚テキ定食を食べたのは覚えているな。デフォルトでサラダにポテトがついていたのがうれしかった。こういった大事なことは覚えていられるんだな。



ロロ『すれちがう、渡り廊下の距離って』の感想を書きそびれているのが気がかかりだ。誤解しないで頂きたいのは、個別エントリーに感想を書いていない作品というのは、も気にいらなかったというわけではありません。私の書く技量ゆえ、ということが往々にしてあります。『すれちがう、渡り廊下の距離って』について書きたいことだらけなんですけど、書いていて上手く線に繋がらないのだよなぁ。あと、誤解ついでに書いておくと、ブックマークコメントで言及されている方がいたのですが、このブログはアフィリエイトなどは一切利用していません。したこともありません。Amazonのリンクをたまに貼るのは、文字ばっかりだと読むの疲れるだろうから、という視覚効果で挿入しているだけですので、あしからず。
hiko1985.hatenablog.com
映画『この世界の片隅に』に感銘を受けたので、こうの史代強化月間を開催していて、『長い道』とか『日の鳥』を読み直している。

長い道 (アクションコミックス)

長い道 (アクションコミックス)

日の鳥

日の鳥

片渕監督の『マイマイ新子と千年の魔法』も観直して、感想書きたいなぁ。ブログを読み返してみたら、6年前に文芸坐で『マイマイ新子片渕須直の足跡』というオールナイト上映に参加していた。すっかり忘れていたけど、全て思い出した。宮崎駿×近藤善文×片淵須直の『名探偵ホームズ』とか観たのだ。でも。観る前に韓国料理食べて、お腹痛くなっちゃたんだよなー。あれは辛かった。文芸坐のオールナイトとか、さすがにこの歳になると、参加するのはかなり勇み足になってしまう。



スクリーンでは『聖の青春』を観た。
f:id:hiko1985:20161202124137j:plain
柳島克巳のカメラは相変わらず好調。録音に関してはまぁ将棋を題材にしたら、そうするしかないよな、という感じなので、ことさら褒める気にはなれない。映画としては序盤がどうしてもタルいのだけども、徐々に惹き込まれた。桜の木の下でうずくまる村山、なんて始まりなんかはとてもいいのだけど。梶井基次郎的なものを感じた。中盤の地方のひなびた「めしや」での村山と羽生の密会がとてもいい。松山ケンイチ東出昌大は至宝だ。リリー・フランキ―と筒井道隆がまたとてもよかった。最近Netflixで鑑賞したのは井口奈己人のセックスを笑うな』と『ニシノユキヒコの恋と冒険』だ。『人のセックスを笑うな』は多分1番好きな恋愛映画。感想をブログに書いたのだけど、実はブログにあげるのはこれで3回目。過去2回分はあまりに稚拙なので消してしまった。時間があるものなら、初期のほうの映画感想なんかは全て書き直したいくらいです。この頃の松山ケンイチはほんと触ってみたくなる男の子だ。『ニシノユキヒコの恋と冒険』もべらぼうにおもしろい。公開当時よりずっと好きになった。井口監督が撮るのはだいたい”幽霊”だな。竹野内豊はルックスもさることながら声が抜群にいいので、もうほんとパーフェクト。七尾旅人の主題歌もかっこいいロックンロールでした



神宮球場で開催されたスワローズのファン感謝祭に少しだけ参加した。チラっと観る事ができた坂口かっこよかったー。バレンティン残留うれしい。しかし、年俸現状維持+出来高の単年契約とは。ヤクルト側の見事な交渉術だ。後は新外国人ピッチャーが当たりかどうかにかかっているなぁ。横浜の山口がFAで巨人へ。うーん、今の横浜を出て、巨人に行くのはさすがに印象悪いな。目先の欲にとらわれている。



先週の金曜日くらいからであれば少しは記憶も色濃い。Frank Ocean『Blonde』の12インチアナログとCDをネットで注文した。英語に弱い為、住所とかの情報をかなり適当に入力してしまったので、ちゃんと届くか心配です。

二人セゾン(通常盤)

二人セゾン(通常盤)

『二人セゾン』が神曲過ぎると話第の欅坂46ワンマンライブのチケットが当たったので振込。乃木坂46のクリスマスライブは3回連続で外れたので、うれしいです。『サヨナラの意味』の特典ドキュメンタリー全部観たんですが、どれもこれも信じられないくらい出来が悪い。素材は悪くないのに、編集、ナレーション、テロップのセンスがなさ過ぎる。1本のドキュメンタリーで何回あしゅに「周りを見る」と言わせるのか。スタッフも時間がないのでしょうか。MVも全部いまいちだったしなー。まいまいの卒業ドキュメンタリーなんかは、あんなに良かったのに。
乃木坂46×週刊プレイボーイ2016

乃木坂46×週刊プレイボーイ2016

週刊プレイボーイ』増刊の丸ごと乃木坂46特集号はとてもよかったです。グラビアも対談もよし。何より『乃木坂工事中』のディレクター、構成作家座談会が読めたのがうれしい。



土曜日。天気が良かったので、洗濯。そして、少しだけ大袈裟に掃除。お昼ご飯に、近所の街中華屋でバラ肉定食。久しぶりに来たけども、やっぱり美味しい、米泥棒。Amazonプライムで『M-1グランプリ』が全ての年が開放されていたので、第2回と4回の大会を観た。第2回はますだおかだが優勝した年ですが、やっぱりフットボールアワーが抜群に面白い。笑い飯おぎやはぎも古びれていない。6~70点台がバンバン出てくるのも、今観返すと新鮮だ。第4回はアンタッチャブル笑い飯タカアンドトシ、POSION GIRL BAND、麒麟トータルテンボス、千鳥、南海キャンディーズ東京ダイナマイトと信じられないほどに豪華な面々。どの組も面白い。とりわけ、南海キャンディーズの1本目は今観ても感動的だ。POSION GIRL BANDの「中日」も永遠のマスターピース。あの漫才がゴールデンタイムで流れた事の意義は本当に大きい。夜は豊島園の「庭の湯」へ。施設は綺麗だし、ご飯も美味い。お風呂も充実、熱波師も若くて活きがいい、文句なしに最高なのだけど、肝心のサウナがいまいち汗が出にくい仕様なのが惜しい。どうにか改善されないものでしょうか。Netflixオリジナルドラマである『LOVE』(ジャド・アパート)を最終話まで観る。
hiko1985.hatenablog.com
うぅ、ミッキーちゃん、という気持ち。ジャド・アパート関連作を全部Netflixに開放してくれぃ。



日曜日。天気優れず。電車で川越の「小さな旅 川越温泉」という施設へ。露天に設置された水深110cmの水風呂が最高。しかし、施設としてはそこそこ。寝転がって休んだりできるスペースがもっと広かったらいいのにな。ロウリュウの熱波師が死ぬほどやる気なくて萎える。やっぱり扇がれるのはタオルがいいですよね。ビート板は嫌。タオルのあのしなるような動きが”芸”なのだ。帰りに川越駅芋けんぴかりんとうを買った。帰宅して『日本国民がガチで投票!お菓子選手権2016』を観る。うーん、期待していたほどではなかった。「じゃがりこ」だけ味別にランクインされていないのが謎だ。サラダ味が1位なら、チーズ味だって20位以内には入りそうなものだけども。でも21世紀に入ってからの人類の偉大な発明はi-phone、じゃがりこポンデリングの3つだ、なんて言いますもんね。天乃屋の「歌舞伎揚げ」は、類似品の「ぼんち揚げ」があまりに強い為、関西地域ではシェアがない。ならば、他の全国区のお菓子と競るのは難しいはず。天乃屋の社員も当然それをわかっているはずなのに、そんな様子を微塵も見せないのが不思議だった。それともあれは関東ローカルの番組だったのかしら。爆笑問題太田光さんが、ガ―ナチョコ、柿の種、湖池屋ののり塩、といったオールドスクールなクラシックお菓子を偏愛しているのが素敵でした。



月曜日。ビックリするくらい覚えていない。

Mangy Love

Mangy Love

SUPERFINE

SUPERFINE

Cass McCombsの夏に出たやつと冨田ラボ「ふたりは空気の底に feat.髙城晶平」をずっと聞いていた。ボーカリスト髙城晶平ファンとしては大変うれしい。歌詞も大変マジカル。『こどものおもちゃ』のアニメの音楽を冨田恵一が担当していたらしくて、サントラがとても欲しい。A Tribe Called Questのラストアルバムも聞かねば。



火曜日。仕事後に池袋で友人とご飯。ペラペラのお肉のすき焼きを食べました。だいたいドラマ最近何観てる?って話が導入なのですが、みんながみんな『逃げ恥』を観ていた。ラブコメ強し。池袋のルミネ口にミスドサンマルクカフェが新たに開店していた。水曜日。11月の終わり。坂元裕二の新ドラマが発表されて、それを読んで思わず電車で涙ぐむ。ほんとにうれしいのだ。
hiko1985.hatenablog.com
高橋一生が絶好調だ。ちょっと前のドラマを観て、隠れ高橋一生を探すのが好きで、1番うれしかったのは、『3年B組金八先生』の第5シリーズで、亀梨君とぶつかって寿司をぶちまけてしまう配達寿司小僧の高橋一生。弁償料金をふっかけようとして、寿司屋の息子である亀梨君に返り撃ちに合います。12月の単発ドラマ『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』も楽しみなのだ。仕事は月締めで大変疲れた。この日の『水曜日のダウンタウン』がすんごいおもしろくて、大満足。超当たり回だ。バイきんぐの西村さんのブレイクの足場を着々と作ってくれている。

平凡倶楽部

平凡倶楽部

こうの史代のエッセイ本『平凡倶楽部』を初めて読んでるんですが、とてつもないおもしろさですね!ぶったまげてます。



木曜日。12月の始まり。さっそく雨でスタート。雨は昼前には止み、帰宅時には傘が邪魔くさかった。ココナッツディスク池袋へ寄る。告知ツイートに映り込んでいた『小津安二郎の世界』というレコード(レーザーディスク??)が欲しかったのだけども、もう店頭にはなかった。代わりに『ストレンジャー・ザン・パラダイス』のレーザーディスクが売っていて、観れないけども買ってもいいなと思えた。800円だし。スカートのシングル『静かな夜がいい』を購入。

静かな夜がいい

静かな夜がいい

表題曲も素晴らしいが、「いつかの手紙」が1番好き。特典CD「キミの顔」も最高のメロディー。
youtu.be
カクバリズムの特設サイトでの松永さんのインタビューで語っていた、1番音がいいレコード『FOR YOU』(山下達郎)説は、真実味がある。あのレコードに針を落として「SPARKLE」聞いた時の衝撃は、はじめて音楽を聞いた時のそれのようでした。部屋に来た人が「レコードっていいの?」と聞いてきたら、必ず『FOR YOU』をかけて驚かすようにしています。本屋でpanpanyaの新刊『動物たち』も購入。
動物たち (楽園コミックス)

動物たち (楽園コミックス)

すべてがすべておもしろかった。記憶の置きどころについて。