青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと(2017/07/14~)

f:id:hiko1985:20170720103400j:plain
ジョージ・A・ロメロ、追悼。なんて綺麗な目で腐った死体を動かしていたことでしょうか。晩年の『ランド・オブ・ザ・デッド』『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』『サバイバル・オブ・ザ・デッド』の感じも好きなのだよな。何がしかのゾンビの端くれとして、ご冥福をお祈りいたします。

たとえば街がゾンビーで あふれ返っても大丈夫
ショッピングモールで暮らしましょう
平和な世界を夢見ましょう

youtu.be



最近のことを振り返ろう。先週の金曜日から。週の疲れを労おうと、帰宅するやいなや自転車に乗り込み、銭湯に出掛けた。ときわ台の「パブリバ八光」へ。ここのサウナがとても気持ちよくて愛用しているのだ。水風呂は温めだが、ボナサウナはレベルが高い。熱源がベンチ裏にあり、座っていると上から蒸気が降り注ぎ、身体を包みます。これがもう超気持ちいいのです。いかにも街の銭湯という感じですが、いつも清潔にしてあるのも好感がもてる。サウナ利用者には専用のタオルが渡され、サウナ内で敷くようにと、指示される徹底っぷりだ。あと、男湯と女湯の壁の端っこに「石鹸渡し所」という穴があって、かわいいのです。入口がギリシャ風であったり、脱衣所には街灯とベンチが設置されていたり、風呂の壁画が西洋絵画の天使だったり、各所で独特のセンスを発揮しまくっています。5個貯めると1回無料になるサウナポイントカードなるものを最近始めたのようなのだけども、渡されたカードが財布に入らないような大きさの代物で笑ってしまった。きっとポイントカードの始祖はああいう形をしていたのだろう。「パブリバ八光」を後にし、川越街道沿いにある「太麺太郎」で味噌ラーメンを食べた。
f:id:hiko1985:20170720103548j:plain
どでかい看板を掲げるこれぞ街道のラーメン屋といったような店構えなのだけども、侮るなかれ。実にレベルの高い味噌ラーメンが食べられる。魚貝類系の濃厚な味噌スープもさることながら、モチっとした麺が美味いのです。


最寄りのセブンイレブンで「チョコミント氷」を買う。この一週間いつチェックしても売り切れていたのでうれしい。新しくバイトで入ったらしい店員さんが、”水でできているアイドル”こと3776井出ちよのにそっくりで、思わず二度見してしまった。知らない間に3776はシーズン4を迎え、静岡方面を井出ちよのが担当し、山梨方面を元Peach sugar snowの広瀬愛菜が担当する、リンクアイドルというやつに変容していた。ライブでは、2人は同時に別のステージで同じ楽曲を別のアレンジで歌い、2つのステージの中間で聞くと、新しい1つの楽曲に聞こえるのだそうだ。コーネリアスの「STAR FRUITS SURF RIDER」理論。
youtu.be
複雑怪奇だよ!むちゃくちゃライブ観たい。広瀬愛菜はPeach sugar snow時代のライブを一度だけ観たことがあるのだけど、その歌声に圧倒されたのを覚えている。「3776に山梨方面を担当するメンバーが加わった」というニュースを聞いた時に、「あのPeach sugar snowの子かしら」とすぐさま頭に浮かんだくらいである。買ってきたアイスを食べながらリアルタイムで『ハロー張りネズミ』1話を観た。うーん、これはおもしろいのだろうか。とりあえず今後に期待。やはり瑛太には痩せていて欲しいものだ。岩井秀人安藤聖の出演はうれしいが、伊藤淳史の演技がとにかくキツい。演技の良し悪しの判断なんて人それぞれでしょうけど、個人的にはありえないほどペラペラの芝居に思えたし、やはり話としてもテーマのわりに軽かった。ちなみにこき下ろされていた下赤塚の商店街、本当はとても素敵なのだ。小さい商店街に八百屋が3軒あるのがにくい。池袋はもちろん、地下鉄は東横線とも直通しているし、何と言っても駅前には「餃子の満州」があるのだ。これは3割美味い。『セシルのもくろみ』1話も観た。宇野祥平がプライムタイムに真木よう子の夫を演じているのにグッときた。来週も観るかはわからない。『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』の猿を主食とする部族の映像に興奮する。猿は身が締まっていて淡泊であるらしい。彼らからすると、牛や豚は不味くて食えたものではないのだそうだ。ナマケモノですら食べるというのだから驚かされる。世界は広い。観光ビジネス部族というテーマも興味深かった。学生の頃、そんなテーマで非常にレベルの低いパワーポイントプレゼンをさせられた記憶があります。


土曜日。早くに目が覚めてしまい、ひたすら掃除と洗濯をしていた。本棚を増設し、部屋の模様替えまでした。お昼に冷やし中華を食べる。以前、中華屋の店主が「冷やし中華は始める前は、まだ?という声が多いのだけど、いざ始めるとあんまり出ない」とボヤいていたのを思い出す。ないものねだりばかりの僕たち。

ねぇ、知ってる?
冷やし中華にマヨネーズかけると美味いよ

というのはどついたるねんの楽曲のリリックだが、私はそれを既に知っていた。小学生くらいの頃に、テレビで桑田佳祐に教わったのである。しかし、ネットで「桑田佳祐 冷やし中華」で検索するもそんな情報はどこにも出てこない。記憶違いの可能性もあるのだけど、あの時熱弁していたのは確かに桑田佳祐だったはずだ。誰か覚えている人はいないだろうか。土9で『透明人間』が放送している頃だったはずなので、「愛の言霊 〜Spiritual Message〜」リリースに伴うテレビ出演だろうか。なんなら、サザンなので原由子もいるからして、「桑田家の冷やし中華」として語られていたような気がしないでもない。1つ覚えているのは母が「桑田さんは誰でも選び放題という状況で原由子を選んだのが偉いわね」と言っていたことで、原由子に失礼な話であるが、そういう母の物言いにかなり影響を受けてしまっているような気がする。ちなみに私のマイベストサザンは「LOVE AFFAIR〜秘密のデート」です。


3連休の始まりなのだけども、特に予定もなし。乃木坂46のライブDVDをずっと観ていたら、乃木坂熱が再び高まった。乃木坂46のライブDVDをめちゃくちゃレベルが高くて、繰り返しの鑑賞に耐えうるのです。先日発売された4年目のBirthdayライブDVDも購入しようと思います。しかし、初期は本当にカップリングにいい曲が多い。アルバムに未収録かつさして人気のない「海流の島よ」「サイコキネシスの可能性」「やさしさとは」あたりですら良曲。中期ですと、断トツで「吐息のメソッド」である。


プロ野球オールスターゲームは2日間ありながら、ヤクルトからはライアン小川が監督推薦で出場したのみ。しかも1イニング投げて、しっかりホームランを打たれていた。辛い。もう1軍はさておき、新人のフレッシュオールスターで、ヤクルトの期待の星である高橋奎二が躍動していたことを喜ぼう。
f:id:hiko1985:20170720103341j:plain
左のライアンこと高橋、来シーズン(もしくは今年の9月あたり)には1軍で投げ出すと思いますので、ぜひとも覚えておいてください。この日放送していた『音楽の日』をダラーっと観続けてしまった。全部観たわけではないけども、SEKAI NO OWARI「RAIN」とAKB「恋するフォーチュンクッキー」の生演奏バージョン」、欅坂46三浦大知、KICK THE CAN KREWあたりがとてもよかった。あと、TOKIO「クモ」はやっぱり良い。長瀬智也の作曲能力とボーカリゼイションがJ-ROCKバンドの中でトップレベルにあるのは紛れもない事実だ。尾崎豊の息子に続いて、山口百恵の息子が「秋桜」などを歌っているのにビックリした。またこれがカラオケみたいで全然良くないのだ。シンプルな親の七光り。三浦貴大は好きなので、複雑な気持ち。『音楽の日』は中居くんと安住さんという1人いれば充分な力量のMCが2人体制でいるのがとても豪華だ。AKBが7年かかった東京ドームでのライブを6年で達成、と振られて謙遜するしかない乃木坂との絡みの中で、「俺(SMAP)は5年目」とやったのには痺れた。しかし、やっぱりSMAPがいないと音楽特番が締まらないなぁと思ってしまう。この日の『ゴッドタン』にランジャタイが出演。正直全然ピンと来なかった。ゆにばーすの川瀬名人が平場でもめちゃくちゃ面白くて、早く売れて欲しいと思いました。



日曜日。ひさしぶりに「さやの湯処」へ。連休中日ということで信じがたい混み方だったが、水風呂はしっかりと17℃あたりをキープしていて、シャッキリ冷える。塩素臭バリバリの水風呂だが、これだけ人が多いので仕方ないだろうし、夏場に限ってはこの塩素臭も悪くない。夏休みの記憶をくすぐられます。サウナも混んでいるわりにまずまずのコンディションだった。「さやの湯処」ではサウナ→水風呂→外気浴からの寝湯なんてコースもオススメである。濃度の高い温泉に塩サウナもなかなか良くて、施設としてとにかく充実している。飯もそれなりに美味いのだけど、私はいつもほど近い「吉祥軒」で食べる。
f:id:hiko1985:20170716201403j:plain
海老炒飯と豚肉とニンニクの芽の炒め物。呆れるほど美味い。多分何を喰っても美味いので、麺類にも挑戦したいのだけど、ここの炒飯の魅力にはそうそう抗えるものではない。お米に旨味が見事に閉じ込められていて、冷めても美味しい。この店には私が敬愛の気持ちを込めて“水ババア“と呼んでいる店員がいる。少しでもグラスの嵩を減らそうものなら、間髪を入れずに水を注ぎにきてくれるのだ。店が暇な時などは席の後ろに張り付くようにして、水を注ぐチャンスを窺がっている。彼女を見ていると、cero

砂漠に閉ざされていても大丈夫

というリリックを思い出すのです。水ババアがああも躍起になって潤そうとしている現代社会の”渇き”とは?などということを考えながら、帰宅。暇だったので、『怪盗グルーの月泥棒』と『ミニオンズ』を観た。

怪盗グルーの月泥棒 [DVD]

怪盗グルーの月泥棒 [DVD]

ミニオンってここ10年のポップカルチャーが生み出した最良のものでは、と思っています。「怪盗グルー」シリーズは脚本もとにかくウェルメイドで、かつ優れた活劇でありますから、未見の方は新作『怪盗グルー ミニオン大脱走』の公開のおりにぜひ復習下さい。明日も休みなので、リアルタイムで『乃木坂工事中』と『欅って、書けない?』を観る。私服姿の乃木坂に目が焼け死んだ。日村さんの神宮ライブ極秘潜入でのダンスパフォーマンスは、完全に”めちゃイケ”オマージュの予感。来週が楽しみ。



月曜日。昼まで寝てしまう。この日もバカみたいに暑い。ちょうど近所の人気のパン屋の開店時間だったので、買いに出かけた。あんぱん、メロンパン、コロッケパン、カレーパン、クリームパンというTHE定番品を購入。当然とてもじゃないけど食べきれないので、余った分は冷凍するのです。

エビクラシー

エビクラシー

私立恵比寿中学の『エビクラシ―』を今更ながら聞きました。サウンドの統一感はないが、どこか楽曲のフィーリングはまとまっている、気がしないでもない。「制服"報連相″ファンク」というハロプロオマージュ曲があった。中山莉子ちゃんかっこいい。小林歌穂ちゃんの歌声が大好きなのですが「感情列車」はMVも含め、本当に素晴らしいと思う。
youtu.be
安本さんが安本さんのままに美人になっているの、ほんと泣けるなぁ。Huluで小津安二郎『お早よう』を久しぶりに観た。いやー凄い。むちゃくちゃクールなコメディで、痺れてしまったな。勇ちゃん役の子役が最高。そして、佐田啓二中井貴一のお父さん)の信じられない格好良さ。斎藤工もこの作品が好きで、何度も繰り返し観ているらしい。『昼顔』の北野先生が好きで、斎藤工を見かけると、ついつい反応してしまう。スーパーと100円ショップに買い出し。夜ご飯はキーマカレーノンアルコールビールを、ナイターを眺めながら。家で食べるキーマカレーがむちゃくちゃ美味しくて感激した。ヤクルトの2年目原樹理は本当に素晴らしいピッチャーに成長したが、今日も勝ち星つかず。どうか腐らない欲しい。
ラヴァーズ・キス (小学館文庫)

ラヴァーズ・キス (小学館文庫)

唐突に、吉田秋生ラヴァーズ・キス』を読みながら眠った。



火曜日。連休明けの仕事辛し。しかし、4日働けば、また休み!の精神で頑張った。15時頃、天気が急変して、竜巻が巻き起こり、空から大粒の雹が大量に振ってきた。凄まじい音で窓に打ち付けられる氷の粒。外を眺めると、車道は混乱に陥り、全て停車していた。『デイ・アフター・トゥモロー』を地でいくようなSF的光景であった。ちょっと忘れ難い。帰り道は夏だというのに地面は氷だらけ、そして木の葉まみれであった。タワレコ欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』と口ロロ『LOVE』を購入する。

真っ白なものは汚したくなる (Type-A)(DVD付)

真っ白なものは汚したくなる (Type-A)(DVD付)

LOVE

LOVE

欅坂46のアルバムはこれがグループのピークでないならば凄いことである、というような素晴らしい出来栄え。日曜日の野外ライブ、むちゃくちゃ楽しみだ。口ロロはまだほとんど聞けていないのだけども、いとうせいこうが活躍している感じ。口ロロの音源、なんだかんだで全部購入していることに気づいて驚いた。
hiko1985.hatenablog.com
Mr. Children×docomo25周年企画の動画のフルバージョンを観て、泣く。高橋一生は素晴らしいよな、ほんとに。黒木華も凄いよい。ミスチルの「君がいた夏」が頭から離れません。最後に流れる知らない曲は未発表のデモであるらしい。ヤクルトは今日も負け。星が1失点の好投を見せるも見殺し。中澤とギルメットのリリーフも良かった。もはや負けても何とも思わなくなってきたが、12連敗で7月は未だに勝ち星なしです。



水曜日。ショルダー肩美の漫画で爆笑した。
omocoro.jp
鉄拳チンミ』の猿を引用してきたのむこう2年は笑える。仕事帰りに新居に引っ越した実家へ寄る。母の誕生日が近かったので、好物のスイカを1玉買ってプレゼントした。母がスイカを好きという印象は20年くらい前のもので、今も好きなのかは定かではない。新居はとてもいい環境であるように思えた。あそこが両親の終の棲家になるわけだ。何となく”終の棲家“という言葉を使ってみたかっただけで、特にどういう感情も巻き起こっていません。ヤクルトは怒涛の13連敗。これでさすがに世間でも話題になるかな、と思いきやいつだってジャイアンツが話題を持っていく。この日は悲しい訃報が2つもあった。まず、映画監督の堀禎一。先週、ポレポレ東中野の特集上映でその姿をお見かけしたばかりなのに・・・新作『夏の娘たち~ひめごと~』の公開で、ついぞその名が大々的に広まっていく機運を感じるさ最中であったのに。その数時間後には京都のバンド本日休演のボーカル/鍵盤の埜口くんの訃報。謹んでお悔やみ申し上げます。評論家である佐々木敦の「誰かが急に亡くなった時のツイッターの反応が大嫌いだ。」というTwitterでのつぶやきがRTされてきて、はてなマークが頭の中にうごめいた。誰かが突然亡くなってしまった行き場のない哀しみをTwitterに垂れ流すことは悪いことなのだろうか。「大嫌いだ」なんて強い言葉を向けるべき対象は他にもっとたくさんあるだろ、と。佐々木敦は「誰かが死んだことについては絶対に書かないようにしている。知っている人ならば尚更だ。」とも呟いているのだけど、そこにどんな美学が隠されているのかはよくわからない。評論家とは違い、Twitterにしか言葉を放れない人だっている。



木曜日。珍しくスパっと気持ちよく起きることができた。The Flaming Lips『Clouds Taste Metallic』を久しぶりに聞く。これは人生の1枚である。PAVEMENTのヨレヨレを志向するバンドは多いが、この頃のThe Flaming Lipsのドタバタなメロウネスも誰か復権して欲しい。
youtu.be
『真っ白なものは汚したくなる』をじっくり聞きたくて、ウォーキングで帰ったら、あまりの蒸し暑さでヘトヘトに。途中コンビニで富士急のライブチケットを発券するも、残念ながらステージから通そうな席だった。久しぶりに風呂にお湯を貯めて、ミントのバブを放り投げて長湯した。長嶋有の『問いのない答え』を興奮でのぼせそうになりながら読む。有田哲平主演の『わにとかげぎす』の1話、結構おもしろい。