青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

井口奈己『人のセックスを笑うな』

f:id:hiko1985:20161124120813j:plain
朝方、空は白む直前、夜通し遊んだ帰り道だろうか、3人の若者を乗せたタウンエースが疾走し、トンネルに差し掛かる。そこで、若者は或る女に遭遇する。女は何故か靴を履いていない。

「幽霊かな?」
「いや、足あったから幽霊じゃないでしょ」

何やら終電を逃して歩いて帰っているのだけども、靴ずれを起こして途方にくれていたらしいその女を、若者は親切に車に乗せ、更には別れ際に、彼女の足にビーチサンダルを与えてあげる。その後、女は前述の問答通りさならがら幽霊のように神出鬼没に現れ、3回もの偶然で若者と再会する。しかし、記憶など持ち合わせていないという態度で、”ビーチサンダルの朝”をなかったかのように(文字通り)煙に巻く女。永作博美のなんて画になる煙草の吹かし。完璧なるファム・ファタール、ユリは魅力的な”赤”をまき散らし、若者を誘惑する。喫煙所にて、「Light My Fire」と言わんばかりにハート型のライターを手渡す。ミルメ(松山ケンイチ)はこれで完全にノックアウトだ。カーディガン*1、アトリエの郵便ポスト、ストーブに置かれた薬缶、2人で膨らませるエアマットetc・・・めくるめく”赤”の誘惑に彼はただただそれに魅せられていくばかり。しかし、ユリの夫である猪熊さん(あがた森魚)は彼女に信玄餅や林檎という赤を与えられる、ましてや、その林檎を切る際に、傷ついた血(赤)を舐めてあげるのだ。こういった赤の運動が物語の基本。”幽霊”というよりも地に足のついていないユリは、風船である(一体、今作にはいつくの膨らんでは萎んでいくそれが登場することか)。地面に縛りつけてしまっては萎んでしまう。であるから、フワフワと空に放たれ、ミルメの心に”揺れ”だけを残しながら、猪熊さんさんと共にインドに飛んでいってしまうのだ。


今作の最大の魅力は役者に尽きる。幽霊であり小悪魔であり風船であるユリを、軽やかに、しかし肉感的に演じ切った永作博美。”触ってみたくなってしまう”男の子を体現したかのような松山ケンイチ。服を脱ぐ、というのはかくも魅惑的なアクションなのかと痛感させてくれる。まったく2人のスクリーンでの輝きは筆舌に尽くしがたい。脇を固めた蒼井優忍成修吾も抜群である。そして、それを見事にコントロールした井口奈己の手腕。脚本の最終稿に目を通してみると驚く。あの永作博美松山ケンイチの蕩けるようなじゃれ合い、もしくは忍成修吾からの暴発的なキスといったシークエンスの数々は、そのほとんどが脚本には描かれていない。執拗な長回し故の産物なのである。日本映画至上ベスト、と呼んでもさしつかえないあの完全に時が止まったようなユリとミルメのキスシーンをはじめ、この作品には、ほんらい映画が”撮れるはずのない”ものが多く刻みこまれているのである。そして、ロバが現れるファミレス、オールナイトの名画座、信玄餅の正しい食べ方etc・・・といったあまりにも豊かな細部の枝葉の数々。そして、ユリちゃんのリトグラフ講座、二人乗り自転車の横移動、堂本のタウンエースのバック走行、えんちゃんのラブホテルのベットでのジャンプ、といったアクションの数々も、この作品を紛れもない宝物にし得ている重大な要素であろう。恋愛映画はこれ1本さえあればことたりる、そんな想いすら抱く傑作だ。


余談だが、劇中でユリに「いいね、そのコート。高校生みたいで」と褒められるミルメの着たおそらくgloverallであろうグレイのダッフルコートが最高にキュートで、上映当時(2008)、探し回ったものです。スタイリングを担当した橋本庸子は、本作の影のMVPであろう。



関連エントリー
hiko1985.hatenablog.com

*1:John Smedley