読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと(2016/10/18~)

気温がグングン下降中です。秋刀魚くいてー。秋刀魚ってスーパーだと1匹100円くらいなのに、定食屋で食べると900円くらいするんだよな。唐揚げ定食より高いの納得いかない。ときに、明石家さんまと秋刀魚ってもはやしっかり分離した存在で、秋刀魚を食べて、「秋刀魚の季節だなぇ」なんて季節に敏感なふりをしてみても、頭に明石家さんまが浮かぶことはない。これは凄いことではないだろうか。「明石家さんまウディ・アレンの比較で論文を書いているんだ」と語る先輩に出会って、彼が所属していたサークルに入部したことがある。めくるめく文化的キャンパスライフが私を待ちうけている!と思いきや、そこはただの旅行サークルだったし、その先輩ともさして仲良くならないまま、学生生活を終えた。人生はドラマのようにいかない。



先週の火曜日からの最近のことを振り返る。仕事帰りに本屋で『プリンセスメゾン』3巻とさくらももこ『まんが倶楽部』を購入。

プリンセスメゾン 3 (ビッグコミックス)

プリンセスメゾン 3 (ビッグコミックス)

『プリンセスメゾン』は巻を追うごとにキャラクターへの愛着が強まっていくのだけども、リリカルさは薄まっているような気がしないでもない。ドラマは森川葵と髙橋一生が演じるらしい。いつ恋チームだ。元・乃木坂46深川麻衣も出演するんだとか。原作にあるあの”せつなさ”とか呼びようのないコマ割りを実写でどう再現するのか気になるところです。さくらももこの新作はひどいものだった。ワンピースやらポケモンやらど根性ガエルのパロディ。更に自作である『ちびまる子ちゃん』や『コジコジ』のセルフパロディ(ちびしかくちゃんにゴシゴシ・・・)にまで手を出す始末。ギャグにエッジが効いていないので、パロディがお面白いという前時代的な業界人感性だけが浮き彫りに。これがあの傑作『神のちから』や『ほのぼの劇場』を書いた作者と同一人物なのか、と哀しくなってしまった。私は『神のちから』という作品を本当に崇拝しているのだ。
hiko1985.hatenablog.com
帰宅後、いつものサウナへ。テレビではウエンツ瑛二と片岡愛之助が大宮駅で美味い店を探しまわっていた。最近サウナのテレビで片岡愛之助もよく観かけるものです。ときに、歌舞伎役者の女遊びの派手さが「芸の肥やし」と許されてるの、江戸の人遊び人が苦し紛れに漏らした言い訳がずーっと通用し続けてる、という感じで凄いと思う。サウナ+水風呂+外気浴を4セットほどこなす。ここのサウナは近所では断トツにととのうスポットだ。何が優れているというわけではないのだけども。疲れが取れて、ぐっすり眠れた。



水曜日。橋本奈々未さんが来年2月をもって卒業の報。そして、芸能界も引退。なんて潔くてかっこいいことだろう。1番最初に好きになった乃木坂メンバー。ありがとう、ななみん。でも、すごくさびしくなるんだろうな。ということで、最後に橋本さんでくるりの「東京」のイメージビデオでも作って欲しい(橋本さんはくるりの大ファンらしいのだ)。とりえあず、フジファブリックの「Girl! Girl! Girl!」でも観て、失われたものの大きさを想いましょう。
youtu.be
卒業発表ラジオの収録メンバーにキャップといくちゃんを指名したのに凄くグッときたな。橋本・桜井・生田という3人の並び、魂の美しさを感じる。橋本さんが2人に投げかける言葉に思わずもらい泣き。


昨夜のサウナ効果で体調良く、バリバリ働けた。残業終わりに突如、中高の友人から誘いが。1人は高校卒業以来の再会だった。ゲームやテレビ番組の音楽などを手掛ける売れっ子クリエイタ―になったらしく、タワーマンションで暮らしているそうな。むかつくので、彼から借りた小沢健二の「夢が夢なら」の短冊CDをまだ返せていない事は内緒にしておこう。もう1人の友人は今でもたまに連絡をとっているのだけど、巷で話題のヒットメイカ―編集者で、最近では藤井健太郎(『水曜日のダウンタウン』)の本を手掛けている。

悪意とこだわりの演出術

悪意とこだわりの演出術

まさに我が母校の成功者2人だ。それに比べ俺ときたら・・・とはならず、ほんと凄いな!と素直に賞賛できた。これもきっとサウナ効果だ。



木曜日。頭の中はドラフト一色である。『週刊ベースボール』のドラフト特集号

に色ペンでチェックを入れまくって備えていました。何て楽しい作業でしょう。注目の1位指名は田中正義か佐々木千隼か、はたまた高校生BIG4か。結果として我らがスワローズは、1位で履生社の寺島成輝を単独指名。今年の投壊からすると、開幕から使える即戦力にいくかと思いきや、高校生を指名。意外だったが、本当に楽しみな素材なので、大切に育てて欲しい。2位で明治大学の星、3位で九産高の梅野と150キロ超えのパワーピッチャーを獲得。ヤクルトの投手陣に不足している部分なのでこれも楽しみ。個人的には堀、高良、山本、水野、平井あたりが獲れないものかと思っていたのだけども、全て他所のチームへ行ってしまった。しかし、小川SD(大好き!)がドラフトの主導権を握ったことで、昨年に続き、いいドラフトだったように思う。野手に関しては、明徳義塾のキャッチャー古賀の指名のみ(育成指名でもう1人キャッチャー)。西武が4位で指名した静岡高の鈴木将平と中日が4位で指名した酒田南高の石垣雅海は正直欲しかった。、しかし、昨年加入の廣岡、山崎、渡邊が本当に楽しみな成長を遂げているので、そちらに期待。本秀康の『ワイルドマウンテン』を一気に読み直して涙。
hiko1985.hatenablog.com
10代の頃、サイン会に通うほど心酔していたのだ。また漫画書いて欲しいなぁ。



金曜日。帰宅してMステを眺める。弘中綾香アナウンサーはいい。歴代のMステアナで1番好きだ。慶応卒の才色兼備だが、いつまでも垢抜けないというか、赤ちゃんみたいでかわいいのです。ペンギンにも似ているし、カリスマ性を全て失った平手友梨奈欅坂46)という感じもある。返答とかもいちいちかわいい。この日のMステはTHE YELLOW MONKEY出演。というのに、GLAYラルクがチャート制覇していた時代のVTRを流し続けていて、どうかしているな、と思った。イエモンの偉業をまとめたVTRじゃダメだったのか。GLAYラルクがチャート制覇していた頃、ちょうど私は中学1年生で、部活の先輩が「最近になってやっとHoneyの良さを理解してきたわ」と誇らしげに語っていたシーンを、何故だか今でも本当に信じられないくらい鮮明に覚えている。「その感じで言うなら、理解すべきは浸食と火葬だろ」とツッコミたかったからかもしれない。先輩に無礼なことを言わなくて、今では本当によかったと思っている。Sexy Zoneの新曲「よびすて」はとてもいい曲だと思った。Netflixで『結婚できない男』最終話まで観る。

おもしろかった。主演2人のキャラクターへの肉付けが秀逸なので、たいした話じゃないのだけども、ずっと観ていられる。阿部寛流れでそのまま『ゴーイング マイ ホーム』を観ようか悩んでいる。とりあえず、い・ろ・は・すを飲むことでアベ欲をコントロールした。



土曜日。少しだけ晴れ間が覗いていたので、洗濯。Benny Singsの1枚目とKaytranada『99.9%』を聞く。

Champagne People

Champagne People

99.9%

99.9%

  • アーティスト: ケイトラナダ,リトル・ドラゴン,ゴールドリンク
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
散歩をして、お昼ご飯にお弁当屋でのり弁を買った。明太コロッケ弁当にすればよかったな、と思った。『ハウス・オブ・カード』を数話分、Netflixで鑑賞。スペアリブが食べたくて仕方なくなるな。新作に備えて、映画『デスノート』の前編を観たのだけども、何をどう観ても、あまりに出来が悪いので途中で断念。なんで出てくる人が全員変な服を着ているのがまず気になる。藤原竜也の演技メソッドは他と違い過ぎて、いつも笑ってしまうのだけど、あの人は自然な演技ってのもできるのだろうか。満島ひかりは殺人者の妹役がよく似合う。


練馬に自転車で出かけて、「ケララバワン」でシーフードビリヤニとチキンカレー。美味しい。ブックオフで乃木坂のドキュメンタリー映画のDVDの初回盤を発見したので購入。

何回観ても飽きない。初回盤には本編に未収録のインタビューや映像も入っているようなので、楽しみだ。薬局で目薬とシャンプーと洗剤と「亀田の柿の種」の期間限定復活ぶどう山椒を購入。ぶどう山椒は本当にドラッギ―なまでに美味い。Homecomingsの福富くんがこのぶどう山椒の大ファンであるらしい。



日曜日。頭の中で麺類を啜るイメージをすると必ず吐き出してしまう。特にうどんは顕著で、見事なまでに口や鼻から出ていく。私は妄想の中で永遠に麺類を堪能することができない。この日は友人のお墓参りだった。毎年お墓参りの日はインディアンサマーな気がする。陽気なやつだったからかな。嘘なんだけど。思い出話と近況報告に花を咲かせていたら、未来への漠然とした不安でドッと疲れてしまった。はぁ、カステラ工場営みたい。頭痛に悩まされながら帰宅。ソファーで横になりながら、小説を読んで過ごして、早めに寝た。



月曜日。仕事後、身体がだるいので「さやの湯処」へ。サウナと温泉で回復を図る。塩よもぎのスチームサウナで肌がスベスベになってしまった。夏の名残りで、サンダルつっかけで自転車に乗っていたら、素足がピリっとするほどにもう冷え込んでいた。もう冬か。帰りにコンビニで買った冷凍のシュウマイを食べながら、Enjoy Music Clubと三浦直之(ロロ)のコラボ楽曲を聞いて、涙。なんていい曲なんだろうか。シュウマイも美味しいし。愛には愛で感じ合わねば、と啓示が走ったので急いでブログを書いた。元ネタの「用語解説」みたいなものをずっとやってみたかったので楽しかった。愛が迸っていると思うので、ぜひともお読みください。ポップカルチャーにまじ感謝。
hiko1985.hatenablog.com




火曜日。映画を観るか、大喜利ライブに行こうか、と悩んでいたけども、雨が降ってきたので帰宅した。お風呂を掃除して、お湯をはって、本読みながらじっくり入る。阿部和重シンセミア』がおもしろくてページをめくる手が止まりません。

シンセミア〈2〉 (朝日文庫)

シンセミア〈2〉 (朝日文庫)

文庫全4冊の内やっと半分読み終えた。話がどうなっていくのかほとんど覚えていないのも幸いしている。しかし、10年以上前とは言え、読んだはずの本をほとんど覚えていないのはかなり問題がある気がしていて、若い時分に読んだつもりになっている本を全て読み直す必要性すら感じている。むろんそんな時間はない。『M-1グランプリ』の3回戦が繰り広げられていて、東京では謎の新星、”まんじゅう大帝国”が話題だ。アルコ&ピースがラジオで言及して一気に注目を浴びているアマチュア漫才師。早く観てみたい。なんてたってコンビ名が最高に好きだ。まんじゅうという響き、ほんと好き。Huluでダイアンが出演した回の『内村てらす』を観た。芸歴16年目なので、もう『M-1グランプリ』には出られないのか。面白いのになぁ、ダイアンの漫才。東京進出したら、千鳥と一緒に番組やって欲しい。



水曜日。暖かい日。10月のノリがよくわからない。仕事が早く終わったので、シネマカリテで黒沢清『ダゲレオタイプの女』を観る。
f:id:hiko1985:20161027161053j:plain
もっといい設備の映画館で観たかったけども、サービスデ―で1000円だったのでよしとしよう。映画もとても面白かった。興味がない人が観れば、即効で眠るような代物だけども、ここにはチェーホフと小津の父と娘と溝口健二の幽霊ものが並列している。階段落ちはサービスし過ぎのような気がしないでもなかったけども。
hiko1985.hatenablog.com
ギヨーム・ブラックの『女っ気なし』ですっかりファンになったコンスタンス・ルソーという女優さんは、黒沢映画で観ると、どこまでも前田敦子的だった。そっくり。あっちゃんはフランスにもいたんだなー。映画を観終えて、「NEWoMAN」の駅ナカでトロたく巻と蟹きゅうり巻を買って帰宅。「NEWoMAN」のアクセスの良さは異常。