読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

どついたるねん『緊張の糸/本気で好きな人』

f:id:hiko1985:20160722115841j:plain
はぁ、お揃いの野茂のトルネードトレーナーかっこいい。なんか『おそ松さん』みたい、つまり売れる!そんな”どついたるねん”がこの度自主レーベルTrain Train Recordsからリリースするタワーレコード&ライブ会場限定両A面ンシングル『緊張の糸/本気で好きな人』がもう最高なのです。誰が何と言おうとも、今年度No.1ポップソングの誕生です。ゴリゴリのスカムバンドだった”どついたるねん”ですが、いつの間にか音楽の神さまに愛されてしまったのかなんなのか、「such a sweet lady」「生きてれば」「大嫌い feat. 柴田聡子」といった具合に、「今、まさにこれ!」というラブリーなポップソングを絶妙なタイミングで打ち放ってきますしかもバンドは「アメリカ」やうーちゃんが云う所の「上を向いて歩こう」みたいないい曲「風立ちぬ」というとびきりのナンバーをまだ温存している。やりたい事やってるんだけど、決める時は決める。この感じで活動できているロックバンドって、くるりシャムキャッツくらいしか思いつかなくて、まさかその並びに”どついたるねん”が収まってしまうとは。
youtu.be
さて、「本気で好きな人」のこの圧倒的な素晴らしさは何だ。メロディーの強度はもうまるで童謡。それでいて、プリンス追悼だし、ノスタルジックJ-POPだし、テクノポップだし(ドラムマシンと鍵盤の音色が完璧)。パーフェクトヒューマンや湘南の風(先輩風)、最後にはGOING STEADYも挨拶してくるし、ようはこの国のポップカルチャーが生んだとびきりのソウルミュージックなのだ。何回聞いても泣ける。「大好きです。今度は嘘じゃないっす」という感じ。クマのプーさんとガットギターが好きな人とか絶対嫌だけども、本気で好きなんだから仕方がないよなぁ。今回メインをはる山ちゃんのボーカルがあまりにも良くって「何なんだこれは…」とウンウン考えていたら、星野源がブレイクの過程が失っていった良さが、この歌声には詰まっているのだ、という危険な結論に至りました。星野源もサチモスも格好良すぎるんだよバカ野郎、という特異な人のハートに突き刺されー。



youtu.be
もう1曲の「緊張の糸」は前シングルの「精神」に続くナゴムロックナンバー。ヘッドフォンしたまま歩くとこけるぞ。8人編成になった”どついたるねん”の演奏はとてもいい。特にファック松本のギターが好きだ。全盛期のとんねるずかよ、という感じのMVも凄い。エグいまでのぶっといユーモアがポップネスに昇華されたとびきりのシングル。豪華ボックス仕様で特典のおまけ(ゴミ)もたくさん。なのにお値段500円。この夏のお中元にもピッタリではないでしょうか。オススメです。




*こちらのシングルが先行販売という事で、7月21日に開催されたどついたるねんのワンマンライブへ参加してきました。2億年ぶりくらいの渋谷o-nest(しかも平日)のフロアは熱帯夜かくやの湿気と熱気。なんでもこの日はo-nestの動員記録を更新したそうです。すっげー。OP映像もグッとくる感じで(「Train Train」っていい曲だな)、幕が開いて野茂トレーナー着用のメンバーの登場だけで気持ちが高ぶってしまいました。物販のアロハシャツもピザTシャツもクールだなぁ。ツアーを重ねたどついたるねんのライブは、以前までの「俺の友達おもしろいっしょ?」という悪ノリの無敵感だけではなく、構成から動線までプロフェッショナルさが存分に感じられるステージングで、素直に感動しました。成長するってかっこいいよ。お客さんのノリもすさまじく、「生きてれば」での

うーちゃん「無邪気に笑ってくれよ」
観客「まるで河合我聞みたいに!」

という掛け合いには泣いた。「生きてればいいことある」って思えた。何よりどついたるねんってこんなにいい曲たくさんあるバンドなんだ、という驚き。シンプルにその一点だけでも、現行バンドで最高峰だな!ちなみにシングルの特典のプロマイドはうーちゃんでした。だいたいいっつもうーちゃんだよ!




関連エントリー
hiko1985.hatenablog.com
hiko1985.hatenablog.com