読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

朝原雄三『釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』

f:id:hiko1985:20151027122837j:plain
釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』1話を観た。『男はつらいよ』と並ぶ松竹が誇る国民的プログラムピクチャーが、スピンオフドラマとして復活。映画と同様に松竹が制作を手掛け、監督も『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!』(2003)からファイナルまでメガフォンをとった朝原雄三が担当する。そして、最大のトピックは、映画版で西田敏行が演じたハマちゃんを濱田岳が、三國連太郎が演じたスーさんを西田敏行が演じるというウルトラCとしか言いようのないキャスティングだ。更に1話のゲストとして、西田敏行の親友であり、濱田岳の先生(『3年B組金八先生』第7シリーズ)である武田鉄矢が登板。このトライアングルには涙を禁じ得ないだろう。常々、思っていた。ズングリ体型の愛嬌顔が現在の邦画に不足している。どこを見渡してもメシ喰うな!と言わんばかりのナルシズムに溢れたスラリとしたガリマッチョばかり。勿論かっこいいのだ、美しいのだが、やっぱり私はコンプレックスをものともせずに駆け回るヒーローに会いたい。池中玄太(西田敏行主演『池中玄太80キロ』)に、片山元(武田鉄矢主演『刑事物語』)に会いたいのです。

池中玄太80キロ Vol.1 [DVD]

池中玄太80キロ Vol.1 [DVD]

刑事物語 [DVD]

刑事物語 [DVD]

渥美清から西田敏行武田鉄矢と受け継がれていた、国民的ズングリ喜劇俳優の系譜は長い空白の後についに濱田岳というピースを発見したのだ。ちなみに渥美清は173cm、西田と武田が165cm、濱田岳は160cmです。どんどん低くなってきているわけですが、西田と武田が本当に165もあるのかは疑わしい所だ。さて、どちらかと言えば翻弄される巻き込まれ型の役柄が光っていた印象の濱田岳だが、台風の目として物語を翻弄する浜崎伝助という役柄もまたバシっとはまっている。西田敏行演じるハマちゃんを引き継いだ上で独自の色を出す、というのを1話目にして見事に体現している。


脚本が面白いわけではないのだ。「こうなるんだろうな」という想像通りの事しか起きない。しかし、それでいい。ハマちゃんが行列に並んで手に入れた羊羹の引換券なんてものは、絶対に風に飛ばされて失くしてしまうのだから、ならば思いきって屋上にロケーションしてやろう、という感じがいいのです。そして、「こうなるんだろう」と予想させておきながらも、いざそれが画として実行されると期待をはるかに上回る面白さを提供してくれる。それが西田敏行であり、武田鉄矢であり、濱田岳なのだ。「それじゃあなにかい?あたしが、○○の△△だってのかい?」といった西田敏行独特の節も随所に聞かれ、おそらく今作でもアドリブを決めまくっているのだろう。吹越満伊武雅刀、きたろう、とそれに応えるだけの役者が脇を固めている。この中だと広瀬アリスの演技があまりに平均点過ぎて見劣りするのが難か。


ハマちゃんは仕事なんてしなくていいのだけども、予告を観る限り、連ドラ版はビジネス物の要素も多いのか。どこか織田裕二主演の『お金がない!』(1994)の雰囲気もあって楽しめそうだ。そうそう、信田かずおが担当する劇伴の古臭い感じも最高なのだ。絶対に観る必要はないけども、何となくテレビをつけたら流れていて欲しい。そんなテレビドラマシリーズの誕生です。