青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと(6/27〜)

最近のこと。連日の雨降りですが(頭痛い)、止んで欲しい時には止んでくれ、どうにか梅雨ライフを楽しめています。週末に紫陽花を観に鎌倉へ行ってきました。紫陽花シーズンという事もあり、大変混雑していて、長谷寺は入場制限の1時間半待ち。長谷寺は確かに眺望も良くて気持ちのいい寺だけども、そんなに待って入るのもアホらしいので、待ち時間のない明月院で紫陽花の色合いを堪能いたしました。生しらす丼と刺身を食べて、大好きな豊島屋の鳩サブレーをお土産に。鳩サブレーほどマスターピースと呼ぶにふさわしい銘菓があろうか。あのバターで攻めきった素朴な味わいは珈琲、紅茶、日本茶、牛乳etc・・・どんな飲み物とでもケミストリーを発してくれそうだ。5枚入りの手提げ袋もかわいい。あの鳩の形も他の数多の偽サブレーでは出せない良さがある。豊島屋は偉大だ。どんな会社なのか、ググってみたら、こんな記事が出てきた。昨年、運営費枯渇の為、由比ヶ浜などを含む鎌倉の3つの海岸の命名権が売りだされた。最低投資額100万の所を、豊島屋は1億2千万円で落札し、更には3つの海岸全ての名称をそのまま変えないという処置を取ったのです!「サブレー浜」にする権利があったのに行使せず、慣れ親しまれた名前を残したのです。何と言う鎌倉愛!素晴らしい。これからも豊島屋を贔屓にしていきたい。さて、鎌倉と言いますと、『海街Diary』の舞台であります。『海街Diary』は『最後から二番目の恋』でもお馴染みの極楽寺駅がメインロケ地になっています。駅周辺500m内のいたる所に映画の記憶を散見できます。駅の改札やホームは勿論、劇中において何度も印象的に渡られる赤い橋、広瀬すずが雨宿りする軒先、綾瀬はるかが花火の音を見下ろす坂、綾瀬はるか大竹しのぶが墓参りする寺、などなど。また、極楽寺駅から長谷駅までを散策致しますと、原作では覆面饅頭でお馴染みの和菓子屋「力餅屋」を見つける事ができます。今回は覆面饅頭ではなく名物の力餅を買って歩きながら食べたのですが、これが実に美味しい。甘過ぎない餡個が餅の美味さを引き立てます。
f:id:hiko1985:20150627132814j:plain
f:id:hiko1985:20150627190655j:plain
お昼ご飯に生しらす丼、夜ご飯にはカレーを食べる、『海街Diary』かぶれを決めさせて頂きました。一緒に行った友人達は全員『海街Diary』を観ていたので、散策しながらひたすらあの作品における加瀬亮の良さを熱弁したのですが、伝わりませんでした。「神様が考えてくれないなら、こっちで考えるしかないでしょ」と言って立ち上がった加瀬亮のシャツがズボンから余り出まくっている所が好きです。



6/28(土)に神宮球場にヤクルト対巨人戦を観にいってきました。度重なる怪我に泣かされたヤクルトのエース館山が2年ぶりにマウンドに戻ってくる日だったのです。1番好きな投手の復活登板、相手は憎きジャイアンツ、そして菅野投手。これは燃えないわけにはいきません。上半期1番の興奮だったと言っていいでしょう。攻防の度に、立ち上がって声を上げてしまうほど取り乱しました。館山は制球が定まらず、本来のピッチングではなかったものの、ランナーを背負いながらも要所を締め、試合を壊さなかった。それだけでもう涙だ。勝利投手の権利獲得目前で、同点に追いつかれ、降板となった時は胸が張り裂けそうでしたが、神宮球場全体が万感の拍手で館山を見送る。本当に復活おめでとうございます。その回に逆転を許すも、そのすぐ裏で館山の負け星をかき消す山田哲人の気迫の逆転の2ラン。こんなにうれしいホームランがあるでしょうか。ヤクルトの勝利の方程式を崩し、6回からオンドルセクを投入、更に8回途中から守護神バーネット投入、と良くも悪くもハングリーさに欠ける球団であるスワローズが館山復活の試合を本気で獲りにいっている。それに応えるようなバーネットのバット2本折りの気迫のピッチング。今年度のヤクルトベストゲームに数えられる事間違いなしだと思います。ちなみにセ界最強守護神のトニー・バーネット様はまじでハリウッドスターレベルにかっこいいのですよ。顔ファン大歓迎なので、ヤクルトを応援しませんか!?「カープ女子」に対抗して、当初「ヤクルトレディー」という呼称を用意していたそうですが、ちゃんと没になり、「つばめ女子」に落ち着いたそうです。



先週の土日は完全に雨模様だったので、家でのんびりテレビやDVDを観て過ごした。録画してあった『ロンドンハーツ』のニッチェ江上のプロポーズ企画が素晴らしくて2回観る。女芸人への真っすぐな肯定の言葉に思わず涙。ニッチェの2人の友情にも本当に胸が熱くなってしまった。ニッチェは個人的に生でネタを観た回数が1番多い女性芸人なので、思い入れも強い。見守るのが辺見えみりとかmisonoではなく、阿佐ヶ谷姉妹、たんぽぽ白鳥という布陣もとてもいい。欲を言えば、梶Pの番組なのだし、マセキユースで共に一時代を築いた三四郎はいて欲しかったです。『いろはに千鳥』も相変わらず楽しい。シーズン4は間もなく終わりますが、シーズン5の撮影にもう入っているようなので安心です。何週か前に出てきた大宮のモノマネパブに出演していた山下達郎のモノマネさん「やまかつ」に注目していく必要がありそうです。
f:id:hiko1985:20150628224201j:plain
『響け!ユーフォニアム』の最終回は演出・絵コンテが山田尚子様。主要メンバーのみならず、モブキャラクター達に平等に光が当たる感じがよかった。シーズン2も多分決定しているはずなので期待しています。『長門優希ちゃんの消失』も後半の展開凄く良かった。『星を継ぐ者』を読み終えて消えていく長門の所とか、これがスピンオフのクオリティかよ!という感じでした。試しに『デスノート』の1話観ましたが、普通にウンコみたいだな、と思いました。あれを楽しめるリテラシーは身についてないなー。役者から美術から、テロップのフォントまでとことんルックがチープなのは意図的なのか。別にどうでもいいのだけど、1個だけ。ライトがデスノートに書いて殺した高校時代のクラスメイトの遺留品の中に月の(奪われた)携帯があって、警察がそれを家まで届けに来るというシーンがあるのですが、

ライト「昨日偶然会った時、僕が落としたのを彼が拾ってくれたんだと思います(にっこり)」
警察「そうでしたか。では、御苦労様です(にっこり)」

ひっくり返った。人が(ましてやクラスメイトが)死んでいるのに、警察の対応まで頭いかれているではないか。窪田正孝は熱演しているのですが、窪田君っていつの間にあんなに痩せて皺だらけに。髪質も栄養行き届いていない感じでおじいちゃんみたいでした。あんなにかわいかったのに。


ドラゴンボール超』1話も観ました。孫一家がお金に困っている話で切なくなりましたが(完全にビーデルのヒモであるご飯が特にやばい)、悟天と魔人ブウかわいかったし、楽しめた。しかし、完全に闇歴史として葬られる事が決定した『ドラゴンボールGT』の方が気合い入っていたような。初期のスペースアドベンチャーな感じ、今思うと結構よかったような気がするのだけど。『うしおととら』の1話もよかった。今月号の『りぼん』には『姫ちゃんのリボン』の新作読み切りが掲載されているらしい。今は何年なのだ。エンタメ界の弾切れなのか、80年代生まれが幸福な子ども時代を過ごしていたのか。2015夏はドラマも何を観ればいいのかさっぱりわからなくて困っている。確定しているのは『ど根性ガエル』くらいだ。誰か「これは観ておけ」というのがありましたら教えて下さい。今は木皿泉の『Q10』を観直しているのですが、台詞の密度が凄まじくて、改めて震えまくっています。魂を削っている感じがする。木皿泉ドラマの長い感想って書いていない事に気づいて、書きたい気持ち高まっている。『ど根性ガエル』も河野英裕(プロデューサー)×狩野俊輔(演出)のコンビなので、キャスティング的にも木皿泉の登板を期待してしまう。『泣くな、はらちゃん』とかよかったんですけど、岡田恵和はいくらなんでも働き過ぎで当たり外れが大きい。それはさておき、『Q10』での前田敦子高畑充希のかわいさ、佐藤健池松壮亮のいい声ハーモニーやばいす。池松君のキャリアを眺めていたら、14歳くらいの時に細田守の『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(2005)で声優務めていてビックリした。



観たDVD。コメディを中心に適当に乱れ観た。『ミート・ザ・ペアレンツ』の1と2が楽しかった。

ミート・ザ・ペアレンツ [DVD]

ミート・ザ・ペアレンツ [DVD]

ベン・スティラーオーウェン・ウィルソンのコンビは最高だ。『ナイト・ミュージアム』も観なくては。最近やっとDVD化したハワード・ジーフの『殺したいほど愛されて』も楽しく観た。若きナスターシャ・キンスキーのかわいい事!チンチクリン男(けど才能と名声のある音楽家)の若く美しい妻への嫉妬が生むこの喜劇サスペンス、ぜひ武田鉄矢主演でリメイクして欲しい。音楽好きに愛される『ハイ・フィデリティ』も久しぶりに観直したけど、これはむちゃタルかった。ジャック・ブラックの歌う「レッツ・ゲット・イット・オン」は捨てがたいが、これから触れるのであれば、ニック・ホーンビィの原作を読んだほうがいいと思う。西谷弘のマスターピース真夏の方程式』と『任侠ヘルパー』も観直しました。西谷弘は今や北野武よりも新作が待ち遠しい映画作家だ。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』観ました。これまでの3作とは比べものにならぬほど、おもしろかったなー。イモータン・ジョーがルックスから何からとにかく良くて、マックスがずっと輸血袋のままでも最高だった気がする。



その他、最近印象的だった事。立川吉笑の落語と山田稔明の新譜。こちらは別エントリーに書いていますので、ご参照ください。

the loved one

the loved one

山田さんのミニアルバム良いですよー。とりあえず、1曲目の「my favorite things」だけでも試聴してみて欲しい。イギー・ポップ「Lust For Life」、斎藤和義「歩いて帰ろう」、山田稔明「my favorite things」を三大モータウンビートギターポップに認定して下さい。
ならずものがやってくる (ハヤカワepi文庫)

ならずものがやってくる (ハヤカワepi文庫)

ジェニファー・イーガンの『ならずものがやってくる』を文庫で読み終えた。読後感が凄まじい。すっかり感動してしまったので、「時間」もの小説をもっと読みたくなって、本棚にあった北村薫の『スキップ』をパラパラと読み直し始めた。
スキップ (新潮文庫)

スキップ (新潮文庫)

原恵一あたりが監督で、実写でもアニメでもどっちでもいいので、もう1回映像化して新たに若い読者を獲得して欲しい作品だ。


関ジャ二の番組に私立恵比寿中学が出ていた。エビ中はずーっとかわいいと思える稀有な存在です。本当になんかあの子達って存在がかわいくないですか?
youtu.be

新曲「夏だぜジョニー」も佳曲ですが、エビ中が歌っているので好きです。安本さんの好調がうかがえるなー。乃木坂46のニューシングルは待望の生駒ちゃんセンター曲ですが、A面よりカップリング曲(しかもセブンイレブン限定盤にしか入っていない!!)の「羽の記憶」が5倍くらい良い。MVも完璧。乃木坂はCDで聞くと音質の悪さに耐えられないので、YouTubeで観ながら聞くのが1番。AKBグループ関連は全部そうですが。セブンイレブンと乃木坂のコラボ企画にまんまとのせられて、1400円も買い物して2回くじ引いたのですが、両方応募券でした。嫌でした。Apple MusicとかLINE MUSICとか、多分リスナー人生において革命的な出来事なのだろうけど、全く手を出せていません。配信すら乗り気でないので、ついていけそうにない。物質にこだわりたいおじさん。だいたい「ストリーミング」って響きが、昔のエッチな動画サイトで、とにかく時間のかかる面倒なもの、というイメージで印象悪いですわ。最近はX VIDEOSとかで簡単にストレスフリーで動画が観られてしまうようですが、「右クリックでファイルに保存」とかって今の若い子もするのでしょうか。「”キレる14歳”世代」→「堤さやかを右クリックでファイルに保存してた世代」→「ゆとり世代」→「しらけ世代」→「戦争が怖くて震える世代」という世代認識。



最近聞いている音楽。家にいる時はだいたいKamasi Washington『The Epic』を聞いている。

The Epic [帯解説 / 国内仕様輸入盤 / 3CD] (BRFD050)

The Epic [帯解説 / 国内仕様輸入盤 / 3CD] (BRFD050)

ソウルの文脈で聞けるので、『Bitches Brew』とかコルトレーンより聞きやすくて馴染む。シレっとドビュッシーをカバーしちゃうとかもいい。後はカーネーション『A Beautiful Day』と図書館『図書館の新世界』をヘヴィーローテーションしている。図書館は間もなくニューアルバムがリリースされるので楽しみ。リードの「最終電車」名曲だ!

youtu.be