青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

古沢良太『デート~恋とはどんなものかしら~』3話

f:id:hiko1985:20150206122613p:plain
3話は比較的オーソドックスな展開に。演出も素晴らしき武内英樹から石川淳一(『リーガル・ハイ』の演出家)に交代。とは言え、おもしろい。何気なく発した言葉が本当の事として実現されていく。例えば、”SEX”PISTOLSを話題に盛り上がった2人はベッドで情事にふける事となる(余談だが、あのサディスティックな女性が『ふたりっ子』でお馴染みのマナカナのカナだと信じられようか!?)。鷲尾(中島裕翔)が好きな女性のタイプを尋ねられ、「真面目で芯の通った人」と答えると、その想いは明確なものになり、アクションを引き起こす。一方で

君にストーカーするのなんて、あの何でもいちいち首を突っ込んでくる熱血バカぐらいのもんだろ!今日もその辺にいるんじゃないのか?

という鷲尾に対する谷口の皮肉もまた現実のものとなるのだ。これまた余談になるが、鷲尾の想い人は依子なのか、はたまたその父か!?中島裕翔と松重豊が己の刀を突き合わす”剣道”というメタファー。裸で汗をふく無駄なサービスショットも気になる所である。そして、忘れてはならないのが、羽海野チカの話題で盛り上がった2人がフレームアウトしながら発した『海の近くの遊園地』という作品名である。同人時代の羽海野チカの代表作であり、『SLAM DUNK』の藤真と花形を主人公に据えたBL漫画だ。ここまでネタが張られているとなると決まりな気もしてきました。そうなってくると、好きでもない女の為にあそこまでするか?という疑問も起こるが、鷲尾にしてみれば「お世話になっている(想い人の)薮下さんのお嬢さんが不幸な目にあって欲しくない」という言葉通りかもしれないのだ。最も重要な言葉の実現は

帰って『カリオストロの城』を観るんだ

という谷口の台詞で、今話における「救出劇」のモードを決定づける。谷口の愛する映画や小説や漫画の世界が、彼の肉体に落とし込まれ始める。”現実世界”というのは実は彼が思っているよりも面白い場所なのかもしれない。さて、「発される言葉が本当の事になる」というルールに従うのであれば、冒頭で係の者が発した「連絡先カードを交換したらカップル成立となります」もまた有効なのであろう。「交際終了に関する通達」はめでたく破棄である。このドラマにおいては、記された言葉よりも発される言葉が強い。


依子の眼帯を谷口に譲り渡すくだりはお見事の一言だ。2人は痛みと視線を共有する。また、眼帯を外した依子は、ニートの現象を学び、視野と考え方が広がる事で再び谷口をパートナー候補に昇格させる。一方、眼帯を付けた谷口は、その視界が狭まる事で闇雲だったパートナー探しの対象を再び依子に絞る事となる。こういった構造も、眼帯の受け渡しに含められているのだ。実にテクニカルである。


対抗馬『問題のあるレストラン』に比べると、主役2人とその父母(松重豊風吹ジュン)以外がさほど魅力的でないのが難ですが、今後の展開が楽しみであります。