青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ランジャタイという漫才師について

f:id:hiko1985:20141117165800j:plain
ランジャタイという漫才師のネタを観て、ひどく興奮してしまった。凄い人達がいたものである。まだ1本しか漫才を観ていないのに、このような記事を書きたくなるほどに、彼らの笑いは、特異かつ強度のあるものだった。ランジャタイ、おそらく「蘭奢待」に由来すると思われる。東大寺正倉院に収蔵されている香木で、それを嗅ぐ事のできるのは天下人の証と言われていた名宝である。なんというものをコンビ名に冠しているのだろう。彼らはお笑い界の天下を獲るつもりなのだ!!ネットで調べてみると、”ランジャタイ”という競走馬もいるようなので、そちらからの引用の可能性もなくはありません。


彼らの漫才のどこに痺れてしまったかというと、その圧倒的なイマジネーションの連なりである。ザリガニの”ザリちゃん”の話から始まり突如、授業参観や野球の試合と場面が転換されていく。脈絡もなく意味不明なのだけど、ボケの国崎の「授業参観来て」「野球しよう」という一言でイメージをポーンと跳躍させながらも、かけ離れた世界が確かに繋がっていく。そこにはまるで創造主が手のひらでもて遊ぶかのような強度がある。何より凄いのが、荒削りが故に不条理な世界が形成されているのでなく、「あらゆるお笑いに精通し、その上で、この道を選びとったのだ」と確信できる豊かさがネタの細部に散りばめられている点だろう。センスと努力の漫才。そして、これは「イリュージョン漫才」と呼んでいいものではないだろうか。故・立川談志の提唱した”イリュージョン”という概念。立川談志著作『最後の落語論』によれば、

談志 最後の落語論

談志 最後の落語論

現実には〝かけ離れている〟もの同士をイリュージョンでつないでいく。そのつなぎ方におもしろさを感じる了見が、第三者とぴったり合ったときの嬉しさ。〝何が可笑しいのか〟と聞かれても、具体的には説明ができない。でも可笑しい。

とある。よくわからない、その不完全さ、不条理さこそが"人間"そのものであり、それを肯定するのが談志の考える落語であり、現代的な”笑い”である、と説いている。かけ離れているものを繋ぎ合わせる、これに現代が抱える”孤独”の救済というイメージを託してしまうのはセンチメンタルが過ぎるか。



”イリュージョン”という概念の適用は落語にのみ留まっておらず、例えばその最たるのが宮崎駿大林宣彦らの後期の映画作品。もしくは、さくらももこを代表としたギャグ漫画、サンプルやロロといった小劇場劇団、柴田聡子といったシンガーソングライターの詩世界などなど、あらゆる表現の世界で圧倒的にマイノリティながらも大いに花乱れていると言える。勿論、漫才の世界においても同様で、POISON GIRL BAND浜口浜村の漫才にその息吹を感じ興奮していた所に、なりふりかまわずそれを体現するランジャタイという漫才師の出会いに打ちのめされた次第なのであります。しかし、彼ら、現状においては情報があまりにない。NSCを辞めて、SMA、浅井企画、マセキと事務所を転々としているという情報も見かけたが定かではない。現在はオフィス北野預かりという説も。一体どういう人達なのだろう。あーとても気になる。たった1本の漫才でどこまでも虜にされてしまったようなのです。



関連エントリー
hiko1985.hatenablog.com
hiko1985.hatenablog.com