青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『6人のライブ(仮)』vo.l3 モグライダーという漫才師

モグライダー(マセキ芸能社)、ザンゼンジ人力舎)、ドドん(浅井企画)による『6人のライブ(仮)』の3回目を新宿ハイジアV-1で観てきました。

いやー素晴らしかった!ここ最近観たお笑いライブでは間違いなく1番笑わされて、幸福な会場を後にしました。正直、この3組でレギュラーイベントが始まるって聞いた時は、「ちょっとパンチ力に欠けるなぁ」とか思ってしまっていて(浜口浜村、三四郎、ドリーマーズによる『3組のライブ(仮)』という濃いのが先発であっただけに)、過去2回の公演はスルーしていたのですが、謝罪したい。このライブでの6人のバランス、まとまりがもたらす“観やすさ”““。何でもない事のようだけど、「観ていて疲れない」というのは実はとても重要な事だ。トークも企画のコーナーも抜群に面白い。チームワークもお見事の一言だ。ザンゼンジ武田さんの名バイプレイヤーぷりとか凄いよかったな。また「次世代MC候補芸人」を謳っているだけはあると言いますか、モグライダー、ザンゼンジ、ドドん、この3組からは「いつかブラウン管でその活躍を拝めるんじゃなかろうか」という未来と希望の匂いがするのがいいのだなぁ。


ネタは3組共に面白かったが、何と言ってもモグライダーだ。彼らの漫才が今1番、私の身体を熱くさせてくれる。ここ最近のモグライダーはいつ観ても、抜群に面白い。芝さんとトモシゲさんの器用さと不器用さの対比みたいな構造から、芝さんがトモシゲさんのどんな間違いも絶対に拾って笑いにする、という2人のガチンコ勝負の様相に変化してから、俄然芸が色っぽくなったように思います。


と言うか、こんな漫才は観た事がないぞ。ハイリスクハイリターン漫才。漫才が始まる際の、虚空を見つめる芝さんの表情。戦いを始める前の男という感じで格好良すぎる。あんな白いジャケットが普通に似合う人いるだろうか。トモシゲさんの芸人としてしか生き方を肯定されないであろう雰囲気もたまらなくいい。相方に漫才でひたすら存在を肯定してもらっている感じがグッとくるな。会場での受け方も尋常じゃなくて、お客さんが文字通り「ヒーヒー」言っています。今年の『THE MAZNZAI』本気で狙って欲しい。決勝にさえ残れば『M-1グランプリ2008』オードリー以来の衝撃を与える事必至。『6人のライブ(仮)』を最優先ライブと認識改めました。