青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

月曜日。9月はじまり。相変わらず涼しい。去年のこの時期は36℃とか記録していた気がする。まだクールビズ期間だけども、寒いくらいだったのでカーディガンを着た。通勤時間はLampの『ゆめ』をずっと聞いている。関連盤として購入したToninho Hortaの2ndも良過ぎてびっくりしている。ふとした空き時間にも2曲くらい聞いては感動している。

脳みそが目覚める感じがあります。退社後、ココナッツディスク池袋店に寄り、ロンリーの7インチ『楽しいVoid』とスカート『COMITIA109』(278円!)を購入。帰宅して、おでんを食べて、浴槽を掃除してお風呂に入った。身体が温まった所で、ロンリー『楽しいVoid』に針を落としてひたすら聞く。ゲットバックサマータイム!本当に素晴らしいので、去年リリースされた自主制作ファーストアルバムをネット上で血眼になって探す。ほとんどソールドアウトでしたが、1枚だけ残っている店があったので即効で注文した。早く届きますように。シャムキャッツの10月のイベント『EASY』にロンリーも出て欲しいものです。平賀さち枝とHomecomingsの「白い光の朝に」のMVを延々と観てしまう。眩しい。女の子達の大学の文科系サークルにいたような気がする感が絶妙過ぎて眩しい。しかし、名曲過ぎる。巷で話題のFKA Twigs聞いてみよう!と思うけど、YouTubeで試聴していつも挫折する。今年は例年以上に現行の海外の音楽を聞けていない。北園みなみのアルバム10月発売。楽しみだ。この間、ザ・なつやすみバンドのワンマンライブでカバーされているのを聞いて以来、無性に「(They Long To Be)Close To You」聞きたい病にかかってしまい、CarpentersとかBurt Bacharach の4枚目

バート・バカラック+1(紙ジャケット仕様)

バート・バカラック+1(紙ジャケット仕様)

とかを引っ張り出している。テレビの話。『噺家が闇夜にコソコソ』面白いし、評判もいいようなので、1時間番組にして、今の形態+落語を一席、という形で放送して欲しいものだ。ここ数カ月MXか何かで再放送している『機動戦士ガンダム』を観ている。昨今のアニメのスピード感に慣れていると、物語も演出も動きも遅々として進まないのだけど、ランバラルやマ・クベが登場あたりから急に面白くなってきて、毎週待ち遠しい。10年前くらいに1度一気に観たのだけど、あまり覚えていないので新鮮に楽しめます。『アメトーーク』の「格闘技やってる芸人」は今田耕司が出ているわりにはいまいちだったけども、今週の東野幸治持ち込みの「帰ろか千鳥」が楽しみ過ぎてやばい。



火曜日。おでんの残りを朝に食べる。出汁を吸った大根と卵の旨さが加速していく。退社して、ディスクユニオンへ。うつくしきひかりと惣田紗希による7インチシングル『木漏れ日のうた』を購入。中古で、Lampの染谷氏やキリンジがレコメンドしていたMichael Franks『The Art of Tea』

Art of Tea

Art of Tea

を500円くらいで購入。雨は毛布のように。ジャケットが良過ぎるので、いつかアナログでも欲しい。タワレコに移動して、「ブラジル1000」から、これまたLamp染谷氏の推薦盤を数枚購入。最近の1000円再発シリーズがありがたすぎるのも、現行の海外音楽聞かなくなっている要因な気がする。ホクホク顔で家に帰り、レコードに針を落としたり、CDをインポートしたりにいそしむ。「カシスウーロンなら何杯でも飲める」説が本当なのか検証する為に、カシスリキュールとウーロン茶を買ってきて、音楽を聞きながら割って飲んだ。1杯で頭を痛み出し、途方もない眠気に襲われた。ふと「そういえば、最近とんかつ食ってないな」という考えが頭に浮かび、私はそのまま眠りについた。



水曜日。朝から身体がだるい。ほどほどに残業して帰宅。まっすぐ家に帰る。おでんがまだ少し残っていたので、食べきる。夏場の3日目だが、涼しかったし、こまめに火を入れていたので平気でしょう。10月からオードリー、南海キャンディース山里、ナイツ、流れ星、ウーマンラッシュアワーという同世代でのフジテレビバラエティ番組が始まるらしい。楽しみ過ぎる。2000年結成コンビらなので『ミレニアムズ』という番組名はなかなかフックがないような気もするけども。そう考えると、『めちゃ×2イケてる』とか『はねるのトびら』とか『ピカルの定理』とか片岡飛鳥組のネーミングの掴み方って秀逸だ。『ミレニアムズ』のリーダーを決めようというくだりで、ウーマン村本が『M-1』『THE MANZAI』の各コンビの経歴を早口でまくしたて、自分達が唯一のチャンピオン経験者である事を主張する一連があまりにありありと目に浮かぶので、どうか想像を越えてきて欲しい。そういえば全組漫才師か。先週の『若者たち2014』を観ていたら、荷物が届く。何とですね、Twitterのフォローワーの方が入手困難になっているLampの2ndアルバム『恋人へ』

恋人へ

恋人へ

を譲ってくれたのです。ありがたやー。何かお礼をせねば。『若者たち2014』はとりあえず瑛太満島ひかりが同じ画面に収まっているありがたさを噛みしめようと思っている。5人兄弟の下2人がいまいち好きになれないのが悩みです。この間の「リサ・ローブ」というアイテムの使い方には腰を抜かす。このご時世にリサ・ローブを聞いている若者があの狭い範囲にたくさんいるなんて!最新話の急に「学校の怪談」を始める所とか、家の前で土下座、雨、という展開のチープさも凄い。『おやじの背中』の6話と7話を観る。6話「父の再婚、娘の離婚」は橋部敦子脚本回。尾野真千子の発話が良くて、なかなかだった。父の短所を挙げていくシーンでの愛情の漏れ方とか。父と母のあったかもしれない旅行を語るシーンもむちゃよかった。後、実家に戻って父の為に焼きそば作ってる所よかったな。山田太一先生脚本の7話「よろしくな。息子」は圧倒的な掴み、異様な空気感で文句なしのベスト1。山田太一脚本のドラマ全部観たい。『ふぞろいの林檎たち』ですらパート1〜2までしかまともに観られない環境なの辛い。しかし、80歳とかまじか。ご存命の内に坂元裕二と対談して欲しい。山田太一×小沢健二の対談すらまだ読んでないや。載っているのはカドカワでしたっけ?


YouTubeで色々観て聞いてみた。ブラマックマヨネーズの漫才が思っていた以上にあがっていてうれしい。ファーのついた謎のコート(FF8のスコールなのか?)着て漫才している吉田がまじで信じられないほどダサくて胸が熱くなる。気になっていたMVも観た。Syrup16g「生きているよりマシさ」はあれどうなんだろう。言葉がいまいちなような気がしないでもない。いい声なんだけど。しかし、Syrup16gがこんなに人気のバンドだったなんて。自分が夢中になって聞いていた時はSNS的なものはほとんどなかったからなぁ。大人気のShiggy Jr.はMVとダイジェストしか聞いてないんだけど、どうも音がキンキンしていて馴染めない。これならmihimaru GTとかではダメなのだろうか、という気がしてしまって。ちゃんと聞いてみるといいのかしら。ゲスの極み乙女。の「猟奇的なキスを私にして」はかっこよかった!言葉とメロディーの乗せ方が新世代という感じだ。何歳くらいの人が作っているんだろう。アレンジもほどよい抜け感があって好き。MVも気が効いてる。Ykiki Beat 「Forever」もかっこよかった。



木曜日。昨日の夜に覚えたての肩のストレッチ運動をしてみたら、ビックリするほど目覚めがいい。ここ最近、朝起きた時に感じていた鈍い重みが消えているのだ。こんなに清々しい事がありましょうか。素晴らしい朝だ。ヨーグルトを買いそびれていたので、賞味期限の切れたベーコンと卵2つでベーコンエッグを作って食べた。野菜ジュースを飲み、家を出て、駅に着いてみると、いつもより早い時間で、とことん気持ちのいい朝である。Lampの『恋人へ』を聞きながら通勤。今よりだいぶシンプルだが、普遍的ないい曲のオンパレードに涎。通勤電車に学生が戻ってきたけれども、電車にいる中高生って男の子より女の子の方が圧倒的に多い気がするのだけど、そんな事はないのだろうか。私が単純に女の子にばかり目がいっているだけなのか。そういえば、最近、友人に生まれる子どもがことごとく女の子ばかりで、「大奥」の世界誕生の予兆を感じている。調子がよかったので、残業して仕事をモリモリして、帰宅した。先週の『スペース☆ダンディ』がなかなか狂ってた。エンディングがDORIAN作曲のZEN-LA-ROCK feat.嫁入りランド!!嫁入りランドのサクセスぶり。