青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

最近のこと。水曜日。お盆期間で東京から人がどんどん少なくなってワクワクする。お正月とお盆の東京が好きという人は多いでしょう。オフィスにも出勤者が減り、かかってくる電話も減る。早めに退社して意味もなく、数駅歩いて帰った。途中TSUTAYAきゃりーぱみゅぱみゅピカピカふぁんたじん』とSEKAI NO OWARI『ENTERTAINMENT』を「まぁ、そうだね」とセットで借りてみた。

ENTERTAINMENT (通常盤)

ENTERTAINMENT (通常盤)

「レンタルは1週間でよろしいでしょうか?」「2年だね」という感じになってしまって恥ずかしかったのだけど、本当に聞きたくて借りたので、会計の時まで気づかなかった。きゃりーぱみゅぱみゅピカピカふぁんたじん』はシングルの「もったいないランド」「ゆめのはじまりんりん」がとても好きだったので期待していたのだけど、そのシングル以外は特に印象に残らなかった。ジャケットは通常盤より初回限定盤のがかわいい。SEKAI NO OWARI『ENTERTAIMENT』は偏見を捨てて聞いてみようと、プレーンな気持ちで挑む。いくつかいいメロディーがあったけど、どうしてもアレンジ、リズムの希薄さ、歌詞が受け入れ難かった。あそこまでメロディーと歌詞が分離している音楽も今日では珍しいのではないだろうか。歌詞がメロディーを壊して、うるさく鳴っている。言いたい事がたくさんあるのはいい事なのかもしれないけども。中でも「天使と悪魔」という曲には腰が砕けた。

正義が支配する最悪な世界ではマジョリティーこそが
「正しい」とみんな「間違える」!?
「正義」を生み出した 神様 聞こえていますか
あんなものを生み出したから みんな争うんだよ

このうるささ。深瀬慧という作詞家は尾崎豊を飛び越えて武田鉄矢の系譜なのでは、と思った。最近のシングルの「スノーマジックファンタジー」とかこのアルバムで「いいな」と思う曲も全てNakajinというメンバーが作曲したものだった。彼が1番才能あるのでは。

ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』5巻(最終巻)を読んでブチ上がった。FNS歌謡際、ラスト1時間だけ観る。最近、NBAのれもんちゃんが好きで困る。生駒ちゃん、ぱるる、れもんちゃんでマイランキングを鬩ぎ合ってます



木曜日。更に人は減る。暇すぎて、ネットの記事を読み漁っていた。CINRAで連載されていたPaperBagLunchbox解散騒動の記事おもしろかった。PaperBagLunchboxがいるのに、People In The Boxというバンドまで出てきちゃったのが、彼らの運のツキな気がしてならない。PaperBagLunchboxの1stフルアルバム『ベッドフォンタウン』の話。

ベッドフォンタウン

ベッドフォンタウン

リリース当時、タワレコで試聴した私は「最高に踊れて、明るい気持ちになれる。それにこのソングライティングで1枚目とは驚異的だぞ」とブツブツつぶやきながら、購入いたしました。「凄いバンドを見つけてしまったぞ」とホクホク顔で家に帰って聞いてみると、どうも違う。明るいというよりは暗い。フィッシュマンズスーパーカーみたいな音で、これは「試聴機だとよく聞こえるよね」現象のレベルじゃないぞ、と翌日、再びタワレコへ。再び試聴してみるとやはり明るい。店員に尋ねてみると、試聴機のCDは別のものが入っていたようだ。とりあえず、PaperBagLunchboxは返品。店員さんが「お聞きになって気にいられたCDはこちらですが、いかがしますか?」と渡してきたのが、ノーナ・リーヴスの『3×3』という彼らの通産7枚目のアルバムだった。確かに同じ発売日だ。
3×3

3×3

正直いらなかった。7枚目でこれならいらないのだ。この感覚が伝わるかどうか不安だったが、勇気を出して「いや、デビューアルバムでこの音なのか!と思って買ったんで、それなら結構です」と言ってみたら、店員さんは「あーなんとなくわかります」と返してくれました。うれしかったです。しかし、それ以来PaperBagLunchboxには何となく負い目がある。mixiにこの顛末をふざけた感じ書いたら、メンバーから足跡(なつかしい)がついていて、申し訳なくなった事もありました。解散してたのかぁ。



退社して渋谷へ行き、「とりかつ」でチキンかつ食べて、映画を観る事に。しかし、イメージフォーラムユーロスペースと勘違いしてしまい(多分一生覚えられない)、渋谷を大移動(大きな坂を2つ超える)するはめに。更に「とりかつ」もお盆休み。辛い。イメージフォーラムの近くに「キッチンジロー」があったので、諦めきれないチキンカツを求め、入店したら、むちゃくそまずかった。チキン南蛮を頼んだのだけど、冷えたチキンナゲットみたいなものに明太子ソースのようなものがかかった、謎の代物が。本当にまずかった。なんで結構待たせたのに冷えているのかも謎。客は私の他に1組だけで、静まりかえった店内に、キッチンのオヤジが「あぁ」「くそぉ」とかブツブツ言う声だけが響く、実にイルな雰囲気。青学の学生はあんなものを食っているのか。映画はそれなりに面白かったのですが、遅れて入ってきて隣に座ってきたおじさんが、飯食うわ、酒を飲むわ、終盤にはずっと大きな音であくびを連発していて、本当についていない1日でございました。また数駅歩いて帰る。槇原敬之『SELF PORTRAIT』 とayU tokO『恋する団地』を聞きながら歩いた。ayU tokiO本当に素晴らしい。マッキーの大名盤の後に聞いても、遜色なし。TSUTAYAに昨日借りたCDを返し、松田聖子の80年代ヒットべスト(ayU tokiOの推薦盤)を借りた。

SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~

SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~

やっぱり80年代が最高。溜息が出るほどにゴージャス。名曲しか入っていないけど、「小麦色のマーメイド」(ユーミン作)が1番好きかもしれない。隙間のあるメロディー(それでいて美味しい)とアレンジがかっこいい。むちゃDJ使いされてそうだけど、どうなんだろう。吉田秋生海街Diary』6巻をやっと読む。むちゃよかった。吉田秋生の筆致、静かなんだけど細部で蠢いていて、達人っぽさがどんどん増していく。



金曜日。大人しく帰って、家でDVDを観る花の金曜日。ロビン・ウィリアムズ祭りを開始した。1本目は『グッドモーニング・ベトナム』、2本目に『アラジン』を観る。

グッドモーニング,ベトナム [DVD]

グッドモーニング,ベトナム [DVD]

アラジン スペシャル・エディション [DVD]

アラジン スペシャル・エディション [DVD]

ロビン・ウィリアムズの話芸を堪能できる2本だ。しかし、『アラジン』のジーニーというキャラクターは本当に凄いな。

どうやったらあんなの思いつくんだ。パワフルに自由でサイケデリック。なんか作った人、精神疲弊しちゃいそう。ロビン・ウィリアムズのアドリブがジーニーのキャラクターを拡張していったって話もあるようだけど。小学生の頃の『アラジン』のヒットって今の『アナと雪の女王』くらいの感じあった気がする。



土曜日。お昼前に起きて、洗濯して干す。お昼に近所のパスタ屋に向かったら先月閉店していたらしい。全く気付かなかった。もうあのカルボナーラが食べられないのだと思うと切ない。仕方ないので、新しく出来たインドカレー屋に入ってみる。いまいちだった。駅前に贔屓にしているインドカレー屋があるんだけども、そこが凄く美味しくて接客レベルが高い(ナンのおかわりを聞いてくるタイミングだとか)のだ、という事を改めて知れた。もう裏切りません!そして、自転車で中野へ。シソンヌの単独公演を観る。むちゃ面白い。感動してしまった。しかし、シソンヌの単独の事務所関係なく芸人が鑑賞している率は凄い。後、驚く事に、シソンヌのネタでインドカレーが舞台のコントがあった。ライブが終わると雨が降っていて、洗濯物を干してきてしまった事を悔やむ事に。喫茶店で雨宿りして、ブロードウェイをグルっと見て回った。混んでいたけど、やっぱり楽しい。漫☆画太郎改め「まん○画太郎」の原画展も開催されていた。

TENGAが「まん○画太郎の愛人」として1番いい場所に展示されていました。まん○画太郎というペンネームになぞらえると共に、TENGAとGNEGAとTENJIをなぞっているのだろうか。ブロードウェイのおもちゃ屋で2個購入。『モンスターズ・インク』のマイク・ワゾウスキーの日本製のおもちゃは1500円ながら大きさや質感、更には腕の稼働など文句なし。帽子の生地が剥げている所まで再現されているのいもにくいぜ。そして、『PEANUTS』のシュロダーとピアノ。こちらは1,000円。本当はハンガーフォード社のものが欲しいのだが、50年代の商品なのでピアノとセットで現存は稀で、あったとしても80,000円とかいう値段が平気でつきます。ハンガーフォード社のデザインをメディコトイが縮小化して復刻し1,000円で販売しているのだけど、いまいち表情とかの出来がよくなくて、触手が伸びない。今回買ったやつはどのメーカーのか知らないけども、かわいいので満足だ。レコードプレイヤーの横に置きます。メディコムトイドラえもんはやっぱりいつ見てもウットリするほど完成度が高いので、もうちょっとで買いそうになってしまった。しかし、5,000円するからなぁ。いつか買おうと思うのだけど、ポケットに手を入れるドラえもんか、初期のドラえもんか悩む。

この所作には夢が詰まっている。ブロードウェイで疲れたら、瓶のコーラの自販機が置いてある所で休むの常としているのですが、そこでホットコーラなるものが売っていた。なんか味の想像つくけど、甘ったるくて飲めなそう。帰宅して、濡れてしまった洗濯物を片づけ、『猿の惑星:創世記』をDVDで観た。

いやー改めて、これ超面白い。画でゾワゾワさせられる。虐げられた者達の革命の物語として、これ1本で面白い。これで106分とか。間もなく公開の続編が監督変わってしまったのが残念でなりません。ライジングサンで山下達郎が演奏している時間は、想いを北海道に飛ばした。セットリストをチェックしてみると、マニアックツアーをかなり引きずっている感じだった。ラブシャワー楽しみだ!




日曜日。朝起きて、再度洗濯機を回す。天気がよくないけども、一応干してから出掛ける。太陽が出ていないので涼しい。自転車で大泉の後輩の宅へ行った。カレーを作って食べる、というパーティーを開催したのだ。すぐにやる事がなくなったので、かりんとうを食べながら、ももいろクローバーのライブDVDを観た。

2011年の中野サンプラザでのあかりん脱退ライブ。生で観に行ったライブだけども、2階席だったので、メンバーが初めからあんなにも泣いているのに驚いた。そして、この頃のメンバーのルックスの充実度よ。みんな本当にかわいい。かつ振り付けも楽しく激しく、楽曲も抜群にいい。それは夢中になるわ、と思った。やはり私は「ミライボウル」が好き過ぎる。カップリングが「chai maxx」「全力少女」なのもやばい。『のび太の恐竜』のDVDも少し観たのだけど、ドラえもんのび太の所作の演出が超コミカル(ダンスしたり)で実に楽しい。そういえば、リニューアルされてから、のび太の部屋の間取りが変わってしまったのが少し寂しいです。グッと狭くなったし。解散後、自転車に乗っていたら湿気でバテバテになってしまい、急きょ帰宅。口内炎もいつくか出来て、身体が不調を訴えているようです。まずい。山下達郎の『JOY』をたくさん聞いて、心を休める。そして、家に帰って『パッチ・アダムス』を観た。
パッチ・アダムス [DVD]

パッチ・アダムス [DVD]

いい話だ。ロビン・ウィリアムズの追悼の想いで観てるから、なんかもう無条件で全部いいと思えてしまう。彼が出ている作品に流れるヴァイブスが好き過ぎる。次は何を観ようかしら。『スペース☆ダンディ』2期になってから、トバしまくって最高。今週の「ロックンロール★ダンディじゃんよ」素晴らし過ぎる!と思ったら、やっぱり脚本はうえのきみこだった。しかも、楽曲制作が向井秀徳、キャラデザインが上條淳士(『TO-Y』)って!早目に寝た。