青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ『ベイマックス』

f:id:hiko1985:20141224232757j:plain
抜群に面白い。ベイマックスというキャラクターが実にいい。人工知能でありながら、予測のつかないチャームな言動や動きで目を奪う。大きくて柔らかくて白い。そのはっきりとした異物感。そして、動きが遅い。カメラを待たせる、というか引きつける。実に映画的な存在なのだ。そんな彼の為す運動はどれも固有で生々しい。


舞台となる「フランソワトウキョウ」なる架空の都市は、従米の果ての未来などではなく、日本のカルチャーに対する関心と敬意の結晶だ。外国から観た“ニッポン”のあの独特なエキゾチズムが入り混じった背景、美術が目に楽しい。それでいて、道路の幅だとか電光看板、電線、高架線路といったリアルな日本景観を再現しており、本当にこんな街ができるかもしれない、と思わせてくれるのもポイントだ。また、鉄人28号マジンガーZスーパー戦隊シリーズといった日本のポップカルチャーへの強い愛が随所に散りばめられた作品であある。ベイマックの造詣にはスタジオジブリのトトロ(『となりのトトロ』)やロボット兵(『天空の白ラピュタ』)を想わせなくもない。最大の敬意を注いでいるのは藤子F不二雄の『ドラえもん』だろう。

傷ついた少年の元に丸っこい未知の物体が現れる

というプロットがまず藤子Fテーゼとしか呼びようのないものであるし、何でもベイマックスの頭部は”鈴”をイメージして描かれたものなのだそうだ。ヒロの”痛み”を感知して起動したベイマックスの登場シーンにしても、ベッドの隅からヌッと現れるあの感じは、机(タイムマシン)から飛び出してきたドラえもんのアクションを巧みにトレースしている。同居している叔母が太った丸い”猫”を飼っているあたりもにくい。ベイマックが活動モードを停止する時の条件は「ベイマックス、もう大丈夫だよ」と伝える事であった。要は、この作品はのび太ドラえもんに「もう大丈夫だよ」と言えるまでの物語なのだ。中盤以降に関しては原作がマーベルコミックという事もあり、ヒーロー物然とした展開を見せていくわけだけども、その中においても、ベイマックスとのフライトシーンにおける幸福感と万能感は、タケコプターでのそれを匂わせてくれるし、ワサビ、フレッド、ハニーレモン、ゴーゴーといったヒロの仲間達の構成や造詣もどことなくFメソッドなのである。ときに来年春公開の本家ドラえもんの映画は『ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』というまさかのヒーロー物かぶりのオリジナル作品らしいのだけど、勝ち目があるのか心配である。


序盤で、ヒロと兄タダシの間で頻繁に交わされる、拳と拳を突き合わせる「Fist Bump(フィスト・バンプ)」という挨拶の運動性がこの作品のエモーションと画面構成を決定づける。
f:id:hiko1985:20141224084514j:plain
つまり、”くっ付いて離れる”だ。それは、序盤に登場するヒロのバトルロボット、ベイマックの抱擁、ロケットパンチ、データカードの出し入れ、もしくは(思わず抱きしめたくなる)ボディに触れた時の質感(沈んで戻る)、
f:id:hiko1985:20141224084505j:plain
更にはマクガフィン的存在の集合体”マイクロボット”など細部にまで浸透している。クライマックスにおいても、それまで「Ba La La La」というユニークな疑問で笑いを起こしていたフィスト・バンプがキーとなり、ポータルでのヒロとベイマックスの別れのシーンに作用する。どこまでも行き届いた脚本のウェルメイドさ。ギャグ、アクションシーン、カメラの動きも文句なしの素晴らしさ。このソツのなさが、評価の別れどころでしょうか。しかし、絶対的にオススメの1本でございます。