青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

宮藤官九郎『ごめんね青春!』4話

f:id:hiko1985:20141105171925j:plain
なんだか異様に懐かしい気持ちになったのは、演出が金子文紀だからか。クドカン脚本の会話が「これしかない」というテンポではまっていく。元々今作はクドカン脚本作、更に「宮藤官九郎×磯山昌」ワークスの中でも『木更津キャッツアイ

木更津キャッツアイ 第1巻 [DVD]

木更津キャッツアイ 第1巻 [DVD]

の系譜だよな、と思っていたのだけど、金子文紀が登板となると、いよいよ”ガールズバー”は”野球狂の詩”になるし、”いずっぱこのハートのつり革”も”赤い橋の伝説”だ。


いやはや、4話が素晴らしいのはそれだけにあらず。『マンハッタンラブストーリー』(こちらも宮藤官九郎×磯山昌)

を彷彿とさせる乱れていく恋愛相関図の矢印は、あらゆる枠組みを外していく。男子校育ち、女子校育ちという環境の違い、仏教キリスト教という信仰の違い(平助と蜂矢先生、住職とシスター)、教師と生徒といった身分(平助と生徒会長、蜂矢先生と半田)性差(コスメと半田)ルックスの格差(豊とビルケン、クイズとクイズ)、夫婦制度(一平とドンマイ先生)などなど。そもそも、平助は死んだ母と当たり前のように会話している。そうすると、境界はなくなり、何やら透明性を帯びてくる。枠組みに寄りかからない”好き→”という運動は唯一無二の固有のもので、純粋で美しい。

わたし、原先生と結婚するの

付き合ってもいない、好きかどうかもまだわからない平助と結婚すると宣言する蜂矢先生。”永久に結ばれる”という都市伝説を遂行してしまった平助と蜂矢先生は結婚する宿命。結婚する為には付き合わないといけない、だから”好き”になる。「好き→付き合う→結婚する」という一般常識的な枠組みと真逆の矢印を進んでいく、蜂矢先生の”好き”には理由がない。枠組みとか理由とかそういうモノに寄りかからない、寄り道をしない。だからこそ、泣けてくるほどに真っすぐで美しいのだ。



ラストの蜂矢先生の授業がいい。

蜂矢「例えば、阿部さんは半田くんのムキムキなところが好きだとしますよね。その場合、ムキムキだから好きなの?それとも、好きだからムキムキなの?ごめん、なんか変だね。”ムキムキ”が先か、”好き”が先かで言ったら?」


阿部「”好き”が先です」


蜂矢「だよね。まず好きって気持ちが芽生えて相手のことをよく見るからムキムキに気づくわけです。」

f:id:hiko1985:20141105172004j:plain

You must love him,
before to you he will seem worthy of your love.


“愛するに値するか考える前に愛せよ”=“好きにならなきゃ、好きな理由はわからない”

完璧。純粋な愛の体験者。”愛のむきだし満島ひかりがもう本当に最高!4話が最高傑作じゃないなら、このドラマおそるべし。