青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

NOT WONK『FUCK IT DOG, LIFE IS TOO SUGARLESS.』

f:id:hiko1985:20141024173005j:plain
北海道・苫小牧の誇るバンドNOT WONKの5曲入りカセットテープ『FUCK IT DOG, LIFE IS TOO SUGARLESS.』が本当に素晴らしい。I HATE SMOKE TAPESからのリリース。自主デモCD-Rを除けば、初の単独公式音源だそうです。メンバーは今の所全員十代が奏でるメロディックおパンク。正真正銘のティーンエイジシンフォニーだ。出会いは「Guess What I'm Thinking」という楽曲のライブ動画。

いやはや、久し振りにドキドキしてしまった。”僕の中の少年”ってやつに久し振りに再会した気分。歌い出しをお客さんと分け合っているではないか。アンセムとはこういう事を言うのだろう。とにもかくにも北の大地でヤバい事が起きている!というワクワク感に溢れた映像だ。撮影はフジロッ久(仮)のライブDVDを手がけた"はまいばひろや"だ。Twitterのフォローワーの中に「北海道は苫小牧でNOT WONKをやっています。 主にギターと歌。」というプロフィールの男の子がいるのを見かけて、「NOT WONKってなんか見覚えのある名前だなぁ」とYouTubeで検索してヒットしたのが先ほどの動画だ。そして、この”NOT WONK”という名前、どこかで見覚えがあると思ったら、もはやお馴染み、宅イチロー先生の『Anorak citylights』でインタビューが組まれていたバンドではありませんか。

これはもう間違いないぞ、という事ですぐさまカセットテープ音源を注文した次第でございます。私はメロディックパンク等の教養がほぼなく、彼らが最も影響を受けているというMega City Fourすらまともに聞いた事のない門外漢なのですが、NOT WONKの音楽を心の底からかっこいいと思えます。歪んだギター、バタついたドラムの奥から聞こえてくる抜群のポップセンスを備えた歌心はシーンの枠を超えて、多くのリスナーを獲得していくに違いありません。メロコアという言葉で簡単に片付けたくはない、レコード屋さんに埋もれた過去の遺産と彼らの想い出で磨かれたピカピカののメロディー。宅先生も書かれていますが、現代的な感性でハイブリットされたその豊かなメロディーとサウンドは特にインディーポップファンには強く訴えかける事でしょう。まず、名前が挙がるのがCloud Nothingsですが、カセットテープの1曲目を飾る「Die Young For The Earth」(すげぇタイトル)などはつんのめって疾走するビートとギターとユニゾンする鉄琴のような音色にLos Campesinos!を想ったりもしました。コーラスアレンジも完璧。5曲全てが名曲と呼んで差し支えないが、3曲目に収められた前述の「Guess What I'm Thinking」の素晴らしさに言葉を尽くしたい。鼻歌のようなギターフレーズと軽やかなステップのようなリズム隊の演奏でガッ楽曲は始まる。それらは少しずつ、熱を帯ながら感情を炸裂させるかのように音色をバーストさせていく。感情は歌になって風に吹かれていく。すると、まるですっかり気が済んでしまったかのように、再び口笛を吹きながら手を叩いて歩いていくのだ。「勝手にしやがれ」って感じ。青春の全てが詰まってるみたいな曲なのだ。このバンド、何と言っても、ヴォーカル加藤君の歌声がいい。これは、”世代”とかそれに伴う”感情”とか”記憶”を託せてしまう特別なヴォイスだ。

適当な事ばかり言ってる年上とかがわりと嫌いで、そいつらはすっこんでろっていう歌です

まさにこの記事がそれにあたってしまうわけですが、それでも「わかるぜ!」って僕の中のかつての少年が叫んでおります。