青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと(10/6~)

月曜日。月初めの週初めだったので、忙しくてなかなか帰れず。急に右手の痺れが止まらなくなったので、獣に寄生されたのかと思いました。渋谷DUOでのライブイベント『月曜日、田園都市線に乗って』に行きたかったのだけど、断念。ayU tokiO、トリプルファイヤー、昆虫キッズ、ホライズン山下宅配便という素晴らしい4組でのライブだったのだ。音も勿論ですが、言葉の面白い4組ですね。ayU tokiOが広い会場でどんな音鳴らすのか聞きたかったなー。退社して、本屋に寄ったら、増田こうすけ『ギャグ漫画日和』15巻が発売されていた。

年に1冊の刊行ペースで15周年だそうだ。さっそく読んでみたのだけど、メモリアルにふさわしい傑作巻で感動してしまった。冒頭のタイ旅行記からして新しい。エッセイ風なのだけども、4人の人物を書き分けるのが面倒なので1人のキャラクターにまとめていってしまうという。ドラゴンボールのセルみたいでした。今巻は好きな話いっぱいあったなー。15年やってもまだまだ斬新な手法を思いつく増田こうすけおそるべし。今時分、読みながら声を出して笑ってしまう漫画ってなかなかない。スーパーでヨーグルトとコーヒーを買ってトボトボと帰宅。『ネリさまぁ~ず』がもう終了。早い!またすぐ復活すると思うのだけど、できれば『ゴッドタン』とかぶらない時間帯でお願いしたいものです。『ロミオとジュリエットのこどもたち』の事ばかり考えてしまう日だった。もう一度観たかったな。シェイクスピアとの距離を埋める為に、シェイクスピアにヴィジュアルから寄せてなり切っていた三浦君。
f:id:hiko1985:20141009091111j:plain
今更ながらじわじわと面白くなってきている。これでズラとかだったらあれだけど、ちゃんと頭髪そり落としているのがいいなー。ロロの亀島一徳、篠崎大吾と島田桃子先生がローソンのCMで嵐の大野君と共演している!事件だー。島田さんの声の強度。ロロメンバーにはどんどんテレビにも出て欲しい。とりあえず『ゴッドタン』の「キス我慢選手権」か「気をそらせ隊」に出る所むちゃ観たいです。演劇の秋という事で藤田貴大の『小指の思い出』も観たくなって、チケット購入の画面観てみたら、会場広過ぎて、舞台から遠い席しか残っていないので躊躇してしまった。あれでS席って言われても。とりあえず、夢の遊眠社の作品、DVDで観てみたいな。作品を観た事ないので演劇界のリビングレジェンド野田秀樹に『学校の怪談3』で怖い塾講師役を演じていた人という印象しか持ってないのだ。この日、ヤクルト山田哲人が4安打を放ち、シーズン192安打で日本人の右打者記録を更新。しかも192本目は逆転満塁ホームラン。29本目のホームラン。怪物だ。しかし、これだけ打って、チーム最下位というのは気の毒過ぎるな。



火曜日。退社後、新宿へ。映画のチケットを購入。上演時間までかなりあったので、タワレコを上から下まで覗く。

本日休演

本日休演

You're Dead! [輸入盤CD] (WARPCD256)_005

You're Dead! [輸入盤CD] (WARPCD256)_005

京都のバンド”本日休演”とFlying Lotusの新譜を購入した。Caribouの新しいやつもちょっと欲しかった。まだ時間があったので、路上で缶コーヒーを飲みながらボーっとした。武蔵野館の小さなスクリーンはいつ来ても観づらいものだが、『アバウト・タイム』は本当に素晴らしい映画だった。やっぱり、SFロマンティックコメディみたいな、そういう映画が1番観ていて楽しい。観終わった後、トイレに行ったらニューバランスを履いたかわいい男の子が鼻をグスグスさせていたので、キュンとしました。ヤクルト今シーズンを最下位で終了。小川監督のラストゲームを勝利で飾れなかったのは残念だ。ライアン小川の10勝目もエラーで消える。小川監督の人柄、改めて好きだったなぁ。2年連続最下位とは言え、地味ながら名将だったと思う。さりげなく、ヤクルトスワローズの監督歴代勝利数3位らしい。この記事(http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/npb/2014/columndtl/201410090001-spnavi)読んで思わず涙ぐんでしまった。やっぱり2軍時代から今のレギュラーを面倒見ていた人だからなぁ。畠山との関係性とか泣けるんだよな。石川の「どうすれば恩返しできるか分からないですけど、1年でも長くプレーしたり(小川監督と一緒にやった)今のメンバーで優勝できたら、ちょっとは恩返しになるのかなと思います」とかさ!バレンティンすら「これまでいろんな監督の下でプレーしてきたけど、間違いなく最高の監督の1人だ。辞めてほしくないね」って言っているのだ。小川チルドレン達で優勝目指して欲しい。



水曜日。仕事中、緑クロレッツ(オリジナル)と青クロレッツ(クリアミント)ってどちらが美味しいのかなーという事を考えていた。特にこだわりはないのだけど、6:4の割合で緑を買ってしまう。オリジナル崇拝主義みたいな所があるのかもしれない。リッチー・コッツェンも渋くて最高だけど、やっぱりMr.Bigのギタリストはポール・ギルバートだよな、ってタイプのそういう人間だ(全然知らなかったけど、2009年からオリジナルメンバーで復活しているんですね)。話がそれた。「キシリトール、キシリッシュよりクロレッツってのがシティボーイのやり口」って早く『POPEYE』が書くべきだ。理由は美味しくて味長持ちの度合いが段違いだからです。退社後、月が欠ける。道行く人々がこぞって空を見上げて、携帯をかざしていた。女子高生が「わっ、まじで欠けてるじゃん!」「ほんとだ、欠けてる、欠けてる!」って静かなトーンで騒いでいたのが、凄いよかった。若い人達のただいるだけで、生命が肯定されている感じはやばいな。確かに月はぐいぐい欠けていっていて、見事なものでした。月ってわりと頻繁に食われているイメージあって、その度に100年に1度みたいな文句を見るけど気のせいなのだろうか。友人と池袋の焼きとん屋で飲む。ウーロン茶2杯とカシスウーロン1杯で身体中真っ赤になってしまった。カシスウーロン飲める説、ここにきて揺らいでいる。この店のレバーとハムカツが本当に美味しくて、これまでの人生で培ってきたレバー観、ハムカツ観を更新させられた。この世の全てのレバーがミディアムレアだったらいいのに、なんて思った。焼きとん屋を後にし、人が加わったり、減ったりを繰り返し、結局終電近くまでミスドで喋っていた。帰りの電車の中で読んだ乃木坂初のスキャンダル。「マジか、と思ったよ」と言う生駒ちゃんがかわいいな、と思いました。



木曜日。寝不足。フラフラで仕事して、退社。久しぶりに高円寺へ。ペンギンハウス30周年記念ライブへ。4組出演中、片想いとフジロッ久(仮)の2組しか観られなかったのだけど、いやー本当に素晴らしくて、涙出た。シラフさんがフジ久は顔がいい、フジ久よかった、と褒めていたのが、なんかよかった。

ペンギンハウスの音、最高過ぎる。お腹が空いてしまったので、マクドナルドであんこパイという新商品と珈琲。チェーホフの中編「曠野」が読み終わりそう。これは”映画”だな。ただただ馬車から流れいく風景、情景を綴っているのだけど、誰が語り部なのか不明瞭になっていくあたりが実にスリリング。突然、”完璧な幸せ”について語られたりして、度肝を抜かされる。金曜日。残業して、帰宅。TSUTAYAでDVD借りる。

バイきんぐ『Jack』を観た。面白い。ほんと全部オーソドックスな設定なんだけど、小峠さんが発話するだけで、どれも抜群に笑える。