青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ナイロン100℃『社長吸血記』

f:id:hiko1985:20141007091229j:plain
素晴らしかった。今作が初ナイロン観劇だったのだけど、まず、舞台美術のセットの豪華さ、プロジェクションマッピングや照明の技術力の高さに度肝を抜かれた。いつも観ている小劇場の劇団のもそれとはレベルが違い過ぎる。勿論、チケット料金も倍以上になるわけだけども、そういった事を差し引き、芸術として群を抜いている。かもめんたる岩崎う大が佇む屋上に飛行機の影が射したと思うと、音楽が流れ、舞台上の建物にプロジェクションマッピングが投影されていく、あのOPタイトルクレジット演出のゾクっとするような不気味さを従えた格好よさよ。役者陣の力量にも舌を巻いた。特に犬山イヌコみのすけ峯村リエ三宅弘城大倉孝二といったナイロン100℃所属の主要役者の巧さ。声色や声量、身体性、どれもが圧倒的。彼らがいなければ、不条理かつ難解なケラの脚本をエンターテイメントとしては成立させられないだろう。とりわけ、感動したのが、みのすけの人間の持つ根源的な狂気性を日常の所作に自然に落とし込んだ演技だ。痺れまくった。かもめんたるの2人の客演も見事にはまっていた。狂気が”うすら笑い”として漏れる岩崎う大の存在感もさすがだが、槇尾ユウスケの「根っこから腐っている人」としてそのまま舞台上に在る姿が凄まじかった。鈴木杏山内圭哉の2人に関しては、完全に劇団所属の俳優と思うほどであった。


何よりケラリーノ・サンドロヴィッチの脚本凄い。山内圭哉扮する探偵がノートにメモする不明瞭な言葉の数々(例えば、”イカの刺身はある”“1992年に確かに秋は在った”だとか)に顕著だが、その不意味性と跳躍、まさに立川談志のイリュージョン的な言葉遊びで進んでいく会話劇が刺激的。同時進行していく2つの空間、繋がりが徐々に曖昧になりながら、ヌメっと接続する快感。それでいて、筋はしっかりと存在する。社長の不在が、終始”不安”や”不穏”を影に潜ませ、『ゴドーを待ちながら』(ベケット)に北野武アウトレイジ』の凶悪性、暴力性を掛け合わせて、更にサラリーマン喜劇として成立させてしまうしまったかのような、その筆致。完全にかもめんたる目当てで、古臭い劇団だろう、とほとんど作品に期待していなかったのだけど、ナイロン100℃という劇団を、ケラリーノ・サンドロヴィッチという作家を完全に誤解していた。謝罪したい思いでございます。