青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと(9.29~)

最近のこと。9月になってからの急激な涼しくなり方に比べると、だいぶスピードを緩めた秋めき方。まだ上着を着ると日中は暑い。今週は月末、月初でちょっと忙しかった。月曜日は残業の後、久しぶりに本屋へ。面白そうな漫画がたくさん出ていた。とりあえず、高野文子『ドミトリーともきんす』、吾妻ひでお『カオスノート』、田島列島『子供はわかってあげない』を買う。家でノンアルコールビールセブンイレブンのサラダチキンを食べながら、読んだ。浴槽を掃除して湯船を張り、そこでも読書。田島列島の単行本に感動。吾妻先生のイマジネーションにも唸る。

ドミトリーともきんす

ドミトリーともきんす

高野先生の新刊はありがたすぎるのと難しいのとで、少しずつ読む。ほとんどWebの連載で読んでしまっているのだけども。『スペース☆ダンディ』ラスト2話を観た。最終回の直前に及んでも磯野と中島のパロディで遊んでいたのに、最後だけ急にいまどきのアニメっぽい最終回だった。シーズン3もあるのかも。『孤独のグルメ』の最終回、本当にラーメンズ小林賢太郎が出ていた。小林賢太郎でしかない感じが、完全に異様だったけど、図太くて凄い!と思いました。



火曜日。9月最後の日。つまり上期の締め日なので残業。疲れたので、炒飯を食べました。炒飯はいい。本屋で石黒正数『それでも町は回っている』の最新刊である13巻を購入。

相変わらず最高。どうでもいい話ですが、紺先輩と鯨井先輩(『木曜日のフルット』)とルカ先輩(『ネムルバカ』)だったら、私は鯨井先輩派です。漫画ばかり読んでいて、チェーホフの短編が読み終わらない。早く、柴崎友香の『きょうのできごと、十年後』が読みたい。紆余曲折あり、はてなダイアリーを卒業した。はてなブログは確かに新機能がたくさんあり便利。これがシンプルでモダンなブログライフか。家で田島列島吾妻ひでおの本を読み返していたら、すぐに寝る時間がきてしまった。『ロンドンハーツ』のスペシャルつまらなかった。クワバタオハラの結婚と妊娠、いや、まぁめでたいけど、それを生放送にしてまで伝えなきゃ、と作り手が本気で思っている感じヤバ過ぎないか。後、演者とプロデューサー、ディレクターとの関係性の気持ち悪さがどんどん画面に出てきちゃっているような。



水曜日。退社後、TSUTAYAに寄って、DVDを借りる。どうせなら、CDも1枚借りようと思い、目についた花澤香菜とShiggy Jrで悩み、前者の25曲入りというボリュームに躊躇し、後者にした。さっそく聞いた1枚目のep『Shiggy Jr. is not a child』

Shiggy Jr. is not a child.

Shiggy Jr. is not a child.

ですが、1曲目とか確かにいい曲なのだけど、やっぱりあまり好きではないなー。どうしても音楽的語彙の乏しさというか、楽曲に奥行きがないように聞こえる。音楽の作り手が、たくさんの音楽を聴かないでいい事なんてやっぱりないのではという気がする。言葉とメロディーの乗り方が気になる。2曲目「サンキュー」の「明日からは日常だ」ってパートとか、凄い不格好に聞こえるのだけど、これが逆にフックになっているだろうか。ラスト男性ボーカルが入ってくる所が「カ、カラオケぇ」となっておぞましいのだけど、そこも癖になります。なんで、Shiggy Jrにはこんなに愛憎が入り混じるんだろう、と考えると、どうも世渡りが巧そうな子感が妬ましいだけかもしれません。私立恵比寿中学の新曲「ハイタテキ!」はTakuya(ex JUDY AND MARY)のペン。おはガールでの実績もありますし、信頼しかないわけですが、なんとも不思議なポップスが出来上がっている。8人になってからのエビ中は、初期のチャイルディッシュな全能感が戻ったようで、とても推せる。新メンバーのビタっとしたハマり方はほんと凄い人事。ceroの『WORLD RECORD』と『MY LOST CITY』アナログで聞き直す。最高過ぎる。CDで散々聞いたアルバムをアナログで買い直すケースで1番満足度高かったの、この2枚かもしれない。i-phoneでは聞こえない音がいっぱい鳴っているのだ、と改めて感じる。特に『WORLD RECORD』は滋味が格段に上がる。借りてきたDVDラバーガール『T/V』もその日の内に観た。演出に細川徹。面白かったけども、個人的には前公演の『GAME』の方が好きでした。タイムマシンに乗って過去の自分が訪ねてきて、その後、世界観を異にするSFが混じり合っていく、というネタが出色だった。



木曜日。残業を1時間で切り上げて阿佐ヶ谷LOFT Aで『三四郎と浜口浜村のトークライブ』を観る。この2組のトークライブ、グダグダにはなるだろうけど絶対楽しいに違いない!とずっと楽しみにしていたのですが、驚くほどにつまらなくて、途中で帰ってしまった。「浜村さんがかわいいと言われたくない」というのがこの日の軸としてあったのだけど、いやはやどうにも、これこそが、かわいいと言われたい人達がやるライブじゃないか、という感じだ。あの4人をとにかく大好きな人達じゃないと耐えられないライブだったと思う。お笑いの要素はほぼなく、基本的に思い出話。それでも話芸が伴っていればまだいいのだけど、基本的にお話が上手な人達ではないので、お金を出して聞く類のものではなかった。企画のコーナーで、小宮さんが中学受験経験者として当時の社会の問題を他の3人に出す、とか言って、「日本国憲法の三大原則は何でしょう?」とかやっているわけですが、いや、それでライブが盛り上がるという勝算あったとか眼鏡曇り過ぎですよ。後半戦の企画のコーナーで今度は数学の問題出し始めたあたりで、バカバカしくなって帰りました。小宮さん、まじで疲れているのでは。声もここの所ずっと枯れている。テレビも出て、ライブにも出ているのだから、そりゃ忙しいよなー。浜村さんは本当に「かわいい」って言われたくないなら、「かわいいって言わないで」って言わないほうがいい。でも、浜口さんはかわいかったなー。後、三四郎と浜口浜村の年表を出演しないのに本気で作ってきてくれるドリーマーズの坂本さんかわいい。1番かわいい。



チェルフィッチュの新作『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』は、インタビュー(http://l-tike.com/interview/play/vanillarich/)によれば、コミカル路線らしいので楽しみ過ぎる。バッハの平均律クラヴィーア曲集全48曲(しかもチープなピコピコアレンジらしい)使って48シーンって!上演中の藤田貴大の『小指の思い出』も観たい。チケット取ってないのだけど。松重豊大好きっ子としては、外せない気がしている。三浦直之の『ロミオとジュリエットのこどもたち』は一抹の不安を抱きつつも、週末に観ます。