青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

キングオブコント2013

キングオブコント2013』が終わってしまった。楽しみにし過ぎるほどに楽しみにしていたので、ポッカリと穴が開いたような気持ちだ。この日に合わせてライブに駆け付け、ライブDVDを観直して、当日は寿司まで注文して万全の態勢を期していたわけですが、なんだか残念な気持ちで大会観賞を終える結果となってしまった。

勿論、かもめんたるの優勝に異論があるわけではございません。断トツで1番面白かった。しかし、かもめんたる、鬼ヶ島、天竺鼠の異様な高得点とそれに反してうしろシティジグザグジギーアルコ&ピースの得点の伸びなさ、というのは「狂気=勇気→高得点」という図式が成立してしまっているように思う。キングオブコントの存在でコントシーンが活性化したのは間違いないが、この大会の為に正統派コントはどんどん淘汰されていってしまう危険性も孕んできた。『M-1グランプリ』の登場で漫才がボケの手数に偏重していったのを思い出さずにはいられない。勿論、2700の「キリンスマッシュ」や天竺鼠の「寿司」の素晴らしさの前には何も言えないわけだが、あんなんばかりの大会は嫌でしょうに。そんな中、かもめんたるの日常と地続きの狂気が蔓延している絶妙なハイブリットコントは完璧だったし、希望だ。2本共に鬼ヶ島のネタの後に披露というのも効いていたと思う。鬼ヶ島がひたすらに叫んで生み出した狂気を、緻密な会話劇で、また思いもよらぬような発想でもって作り上げてみせる、かもめんたるの技術は、鬼ヶ島の悪夢から「ハッ」と目が覚めるような体験だった。まぁ、目が覚めても悪夢のような現実なわけですが。サイコー。


しかし、である。お笑いファンの間でワースト3組をうしろシティジグザグジギーアルコ&ピースが飾るという結果を予想できた人がいただろうか。好みの違いは勿論あれども、この3組が東京のコントシーンを人気実力ともに引っ張っている事に異論を唱えるのは難しいのではないかしら。とは言え、確かに今回の決勝戦においてこの3組は冴えなかった。2011、2012とトップリードのファンが抱いていた感覚ってきっとこんな感じだったのだろうな。もっと面白いのですよ!この3組は!あー悔しいな。


最下位のうしろシティ。1本目は単独ライブDVD『アメリカンショートヘア』にも収録されているが、その中でも1番弱い、というか賞レース向けのネタではなかったように思う。準決勝でも披露していたそうだけども、であるなら、あのネタで決勝にあげた審査員が悪い。でも800点いかないネタでは決してない。2本目は初めて観るネタだったけども、うしろシティらしさに乏しいネタだった。あれはバイキング小峠がやれば900点出せるネタだったろうけども金子シティじゃ難しい。向き不向きというものがある。今回は2本共に阿諏訪の魅力があまり出ていないネタだった。個人的には彼の受けの時の間や表情がうしろシティの本領だと思う。


7位のアルコ&ピース。1本目「受精」はもっと面白くてグッとくるいいネタなのだけども4分じゃ厳しかったようだ。日常の業務的やり取りあるあるを、生命の神秘として演じてしまう力量はもうちょっと点が伸びてもよかったのでは、と思うのだけど。2本目「携帯」は素直に面白くなかった。しかし、2人の(平子さんだけでなく酒井さんも凄い)高い演技力だけはブラウン管に刻めたと思うので、ドラマのオファーとかあるといいですよね。


そして6位のジグザグジギー。あぁ、なんでこの2本なのだ。「満月」は悪いネタではないが彼らのベストでは決してないはず。とは言え825点というのは低いな。880点くらいはついていいと思うのだけど。2本目の「なにこの握力」は論外だ。まさかの途中からリズムで歌い出すという2700の劣化コピーのような全くらしくないネタ。これは700点くらいでもよかったくらい。本当に大好きなコンビなので残念。「超高性能家政婦ロボット」と「ダイイングメッセージ」じゃダメだったのかしら。来年何としてもリベンジして欲しい。しかし、ジグザグジギーが1ラウンド目はブービーで折り返した時の失望というか、絶望っぷりには自分でも驚いた。本当に彼らの躍進を願っていたのですね。とりあえず『NHK新人演芸大賞』に期待です。


その他雑感。さらば青春の光の劇場でバカ受けの2本がそこそこの笑いで終わってしまっていたのには驚いた。これも4分に縮める技術の問題か。とりあえず「オカリナ」のようなオーソドックスなネタはキングオブコントではダメなのだろう。鬼ヶ島は大好きトリオだが、なんだか今回のネタは随分と勢いまかせな2本だったように感じました。勿論細かい技も効いているのだけども、やっぱり印象はアイアム野田一本押し。個人的には2011年のKOCで披露していた「操り人形」などDVD『恐怖学園』に収録されていたネタ群の緻密な計算された狂気コントのほうが好きだ。面白かったけども、導入の段階で匂わせた期待からすると一本調子という印象に終わった1本目「音楽」で900点を越えてしまった時点で今年のキングオブコントは採点軸が狂い出したように見えました。さすが、鬼ヶ島、賞レースも破壊したのだ。天竺鼠は文句なしに面白かった。個人的には高得点だった2本目より1本目のお寿司のネタのほうが倍くらい好き。フィジカルとバカバカしさとクレバーさのせめぎ合いにめちゃくちゃ興奮した。TKOの1本目は面白かった。でも、無理して今どきはやりのメタ視線を導入したり、ドラマネタを挿入したりしていたのはちょっと。面白い大会だった、とは思う。でもやっぱり、件の3組の事もあって放送終了後はとにかく落ち込みましたね。だって事前の面子からしてさ、もっと圧倒的に全組がおもしろい!ってなる大会を想像していたのだもの。賞レースって難しい!