青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

the chef cooks me『回転体』

回転体

回転体

the chef cooks meのアルバム『回転体』は素晴らしいアルバムだ。知らない間にバンドは管弦のサポートを加えて9人編成で活動をしているようで、ギターロックに留まらずチェンバーサウンドも取り入り込んだポップアルバムになっている。ビートの多様性、展開の複雑さ持ち合わせながら、ハイレベルなメロディーの良さが敷居を見事に下げている。ポップミュージックとしての強度を下げる事なく放出される「パスカル&エレクトス」「ゴールデン・ターゲット」の素晴らしき祝祭感よ。おそらくプロデュースを担当したASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文の狙い通りだと思うのですが、東京のインディーズシーンとJ-ROCKのミッシングリンクになりえるバンドだろう。個人的には星野源の位置にかなり近いものを感じた。実際、「流転する世界」「適当な闇」

といった楽曲の感触は星野源の『Stranger』周辺の楽曲に近い。しかし、ポップスとしての完成度の高さではthe chef cooks meに軍配が上がるのではないでしょうか。