青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

大林宣彦『青春デンデケデケデケ』

この作品は狂った大林のフィルモグラフィーの中ではかなり真っ当な青春映画の傑作に仕上がっていて、大好きな作品だ。もちろん映画の文法がめちゃくちゃな演出は健在なのですが、直木賞を受賞した原作小説の爽やかさが、それに汚される事なく貫かれている。いや、むしろ大林の「慌ただしい画面転換」「妄想の具現化」「観客への語りかけ」といった独特な文法が、青春マインドをより増幅させていて、とてもよいのだなぁ。主人公ちっくん(林泰文)と白井(浅野忠信@ピチピチでかわいい)の部室での出会いのシーン。

「なあ、わしとロックバンド作ろ!」
「作ろ、作ろ。あんたの顔見たときから、わしゃそう言お思っとった」

これを目まぐるしい程のスピートでの切替しで撮る事で、思春期時代の運命の相手との出会いのあの興奮を、見事に浮かび上がらせていて泣ける。もうほんと画面は無茶苦茶なんですけどね。




デンデケデケデケというのは、The Venturesの「PIPELINE」におけるあのギター奏法の音のオノマトペの事。「青春」が音に託されている、もうそれだけで最高じゃないか。ラジオでかかった「パイプライン」を聞いてエレクトリック・リベレーション(電気的啓示)を受けた!と勃起(エレクト)して立ち上がった四国の高校生がロックに目覚め、友人達とのバンド生活に明け暮れるという学生生活の3年間を描く、というまぁ所謂普通のお話なのですが、何故かこれがいい。恋に友情に家族に、初めて触れる死の感触やボンヤリとした将来への不安。葛藤なんてものはほとんど描かれていないにも関わらず、「青春の全てがここにある」と言い切ってしまいたくなる。

バイトに海水浴に合宿に文化祭。こんな学生生活を送りたかった、というオジサン達の欲望が垣間見られるからだろうか。果たせなかった者が描いている感覚がある。要は『けいおん!』の男の子版(それも1960年代の田舎の)なのだろう。青春時代の有限性をはっきりと描きながらも、デンデケデケデケという音が青春を永遠として確かに刻んでいく。

これから先の人生で、どんなことがあるのか知らないけれど、いとしい歌の数々よ、どうぞぼくを守りたまえ

泣けるぜ!